Pocket

 

 

ついに月9ドラマラジエーションハウス が始まりましたね!

 

放射線科医の話って今まで見たことがなかったので、どんな仕事なのかわからなかったのですが、このドラマを通して知れたらと思います。

 

演技派俳優の窪田正孝さんの演技にも注目です!

 

見逃し配信はFODプレミアム⇒登録方法

 






あらすじ

幼い頃、初恋の相手と交わした約束を果たし、放射線科医となった主人公の五十嵐唯織

22年ぶりに初恋相手の家族が経営する『甘春総合病院』で働く事になり、再会出来る事を喜んでいました。

 

ラジエーションハウス1話

 

五十嵐は仕事初日、勤務先の病院へ向かう為にバスに乗っていると、運転手の様子が少し変な事に気付きます。

運転席へ行くと意識はあるのですが体調が悪そうな運転手を見て、昨日も同じような異変があったと聞き、救急車を呼ぶように指示をします。

 

 

同乗していた広瀬アリスさん演じる広瀬裕乃が救急車を呼び病院へ向かう事になりました。

五十嵐は、救急隊員に 『脳梗塞に移行する可能性がある為、血管造影が出来る病院へ搬送してください』 と指示し、甘春総合病院へ運ばれます。

 

 

同乗していた広瀬は、医者ではないのですが、甘夏総合病院で今日から働く事になっていた新人の放射線技師でした。

 

 

ラジエーションハウス1話

 

一方、五十嵐はバスにも乗れず、救急車を見送り初日から遅刻していました。

足早に病院へ向かい、病院に入ると初恋の本田翼さん演じる甘春杏が歩いてきたのです。

 

 

感動の再会になると思いきや、甘春は五十嵐の事を覚えておらず、声をかけても 『どなたですか?』 と言われ変人扱いを受けます。

 

 

そして何もかも忘れている甘春にショックを受けている中、1人のカメラマンが救急搬送されてきました。

そのカメラマンは、五十嵐と昨晩偶然に会っていた世界的に有名カメラマン菊島亨だったのです。

 

 

さっそく検査する事になるのですが、脳の一部が真っ黒に写っており見えなくなっていました。

菊島は、以前脳動脈の手術により金属を頭に入れている事から、脳が一部撮影されないようでした。

 

 

五十嵐は、その一部に何か異変があると推測しますが、菊島には造影剤アレルギーがある為、詳しい検査はこれ以上する事は出来きません。

そこへ菊島の娘が入院手続きへやって来ました。

 

 

ラジエーションハウス1話

 

 

娘とは仲が悪く星ばかり追いかけていたカメラマンの父は、母が亡くなった時も連絡のつかない場所に居たと、広瀬は娘から聞くことになります。

母の葬儀にも出れず、全て終わった頃に帰ってきた事で、それ以降、父親とはろくに口も聞いていないそうで、父に会わずに帰ってしまったのです。

 

 

同じ話を菊島と病室で聞いた五十嵐。

菊島が妻の命日に写真集を出す予定にしていたのですが、それももう叶わない、写真集は完成しないと諦めていました。

 

 

ボリビアのウユニ塩湖で毎年写真を撮りに行っていて、昔その風景に合わせて妻との結婚写真を撮っていたのです。

いずれ自分たちの娘が大切な誰かと結婚する時は、同じ場所で写真を撮りたいと思っていました。

 

 

しかし今では、自分は取り返しのつかない事をしてしまい、娘に合わせる顔がないと後悔していました。

それを聞いた五十嵐は、再度、菊島の頭の写真を撮りたいと甘春に頼みますが、断られてしまいます。

 

 

ラジエーションハウス1話

 

 

五十嵐は、 菊島の頭痛の原因がわからない病院側は、もし菊島に何かあったら有名カメラマンだけにマスコミが注目し、病院がかなりの損失になると恐れます。

そして、1時間30分離れた病院へ転院させる話が進んでいました。

 

 

そんな時、菊島は痙攣をおこしてしまいます。

脳動脈瘤が破裂する可能性があるのでは?と思ってた甘春だったが、造影剤アレルギーがある菊島に検査が出来ない。

 

 

病院側は、大学病院へ転院させようとする中、甘春は搬送中に脳動脈瘤が破裂したら死んでしまう、そうなるのであれば、すべての責任を負い造影剤検査を行う事を決意します。

 

 

菊島を助けたいという思いが強い五十嵐は、ラジエーションハウス のメンバーたちと菊島のCT検査を行っていた。

 

 

五十嵐は、特殊な解析方法で黒く写っていたCT画像を少しずつ解析していました。

造影剤検査をなるべく引き延ばそうと働くラジエーションハウスのメンバーたちも 特殊な解析方法を食い入るように見ていました。

 

 

そして造影剤投与寸前に、脳内のCTの解析が終わり、菊島の脳の中に寄生虫がいる事がわかりました。

脳動脈瘤の破裂は関係なく、菊島は薬の投与だけで治る事がわかったのです。

 

 

かけつけた娘に、菊島の母や娘への想いを伝える五十嵐。 菊島が退院の日、娘が迎えに来ていて菊島親子は何年ぶりかに微笑み合っていました。

 

 

ラジエーションハウス 森矢カンナ

 

 

そんな時、広瀬が病院内で勤務初日、救急車で運ばれバスの運転手が居るのを見つけました。

この運転手は、血管造影の結果、脳梗塞になりかけていた事が分かったのです。

 

 

的確な判断がなければ危ないところだったとバスの運転手は、医者に感謝していました。

広瀬は気づきます、五十嵐の的確な判断がなければ今頃・・・

 

ラジエーションハウス1話

 

 

実は、五十嵐は天才放射線科技師だったのです。

そして、甘春と同じように放射線医師の免許を持つことが分かります。

 

 

放射線科医の権威であるアメリカのピレス教授が片腕として欲しいくらいの存在ですが、実際にピレス教授と五十嵐の関係を見た、院長しかその事実を知りません。

 

 

甘春にいたっては、そんな日本人がいることもうわさ話としか信用していないのです。

その人物がすぐ隣にいるにもかかわらず・・・

 

 

そのような背景を持つ五十嵐。

タブレットには毎日のように読映の依頼が来ています。

それでも、甘春との約束を守るため、ここで働くと決めていたのです。

 

 

 

ラジエーションハウス 1話の感想

放射線技師ってどんな仕事か知らずにドラマを見たのですが、こんな職業もあるのかと新たな発見でした。

放射線科医とは違う放射線技師という人たちがいるんですね。

 

 

 

 

医者とは違うので患者さんと直接関わり合いもなく、感謝される事も少ないかもしれませんが縁の下の力持ち的な存在でカッコいいです。

唯織は、小さい頃に杏と約束していた事を覚えていたのに、肝心の杏は全く覚えていないという感じで、挙動不審な唯織を変質者扱いするという始末でしたね。

 

 

キャラ

22年もの間、杏と事を想いながら勉強していた唯織はショックだよね

 

 

でも、あるシーンで杏の携帯の待ち受け画面が見えたのですが、そこには、小さい男の子が写っていました。

もしかして唯織?って思ったのですが、どうなんでしょうか?

 

 

覚えているのにも関わらず知らないフリをしてるなんてこともあるかもしれません。

 

 

キャラ

予告を見ると整形外科医と仲良しそうなので、この子の小さいころの写真という可能性も捨てきれないな

 

 

とりあえず一瞬しか写っていなかったのですが、あの待ち受けが気になります!

 

 

そして、演技派と言われてるだけあって、窪田正孝さんの演技はやはり光るものがありましたよね。

放射線技師として働いている唯織と普段の唯織の演技を使い分けていて、そのギャップがまた素敵でした。

 

 

普段はドジな唯織ですが、画像解析をしている唯織は、真剣で言葉もハキハキとして別人のようにも見えます。

 

 

キャラ

来週も唯織の天才的画像解析が楽しみだね!

 

 

面白かったところ

天才技師の唯織が、病気を見つけ出していくところが、ハラハラドキドキして面白かったですね。

今回は、造影剤を注入するか、唯織の解析が早いか手に汗握る思いでした。

 

 

でも病院系のドラマは、ドキドキがないと面白くないですよね!

 

 

 

 

あとは、ズンズンとムチを叩くようなサウンドはドキドキ感を煽るような効果があると思いました。

主題歌は、マンウィズの書き下ろし新曲「リメンバー」なんですね。

 

 

実は彼ら、原作にも登場するので、今回の主題歌になったという関係もあるようですよ。

 

 

ラジハ主題歌

 

 

主題歌のRemember Meについては、こちらでも紹介しています。

これからYouTubeでチェックしてみたいですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

演出にHERO感があってくどい

ラジエーションハウスは若者向けに作りすぎてて、深みがなくインパクトが弱いかなという意見もありますね。

原作のマンガがおっちょこちょいな主人公の感じのギャグマンガ的な雰囲気があるので、それにあわせて実写化するとシーン展開や演出は地味な感じになっていますね。

 

 

キャラ

医療ドラマらしい劇的な雰囲気が感じられなくて残念!

 

 

それに初回が30分拡大がダメ!

クライマックスを盛り上げようとし過ぎて、五十嵐がMRIの画像解析にかけている時間が長ったらしくなりすぎてしまってます。

 

 

原作マンガの画像解析のシーンはスパッと終わってるから気持ちよく結末が迎えられてるのに、ドラマではここを演出であえて長くしてしまってますね。

盛り上がりに欠けるのか、残念ながらあまり残らない印象になるのは残念です。

 

 

キャラ

ドクターXで見たことあるような伏線や病気で、見たことある感があって少し飽きられてるのかもしれないね。

 

 

あとは、全体的な演出が過去のドラマ「HERO」に近づけすぎて違和感もあります。

 

 

前クールのトレースが演出はかっこよかったですよね。

あのオリジナルな演出方法が素敵だったから、今回の真似してる感じが余計に安っぽく感じてしまうところです。

 

 

医療ドラマなのに、明らかにCGとわかるようなものはリアリティを無くて見ている方からしても、ドラマに入っていけない気がします。

五十嵐が画像解析しているシーンで、目に数字を映すシーンも一瞬にしておかないとね。

 

 

ラジエーションハウス1話CG

 

 

キャラ

演出側から、「この魅せ方いいでしょ?」ってごり押しされてる感じもするね

 

 

本田翼の演技はヘタ?

今回、ラジエーションハウス 1話を見て多かった感想の中で、本田翼の演技がヘタ、棒読みすぎるという意見や、ツンとした演技が合わないと思った人が多いようですね。

 

 

本田翼さんは、絶対零度の時に演技上手くなって来たなと思ったのですが、やはり医者には見えなかったです。昔に比べてだいぶ上手にはなったものの、ふとしたところでうーんと感じてしまいます。現実に戻されるという感じです。

 

 

ニコニコしている役のイメージが強く、今回のような上から目線の偉そうな役は、馴染みがないだけに違和感があったのかもしれません。

 

 

また、ラジエーションハウスのメンバーに対しての上から目線な演技は、もっと嫌味ったらしく、ねちっこい感じがないとあまりイライラしない気がしますね。

 

 

キャラ

見てる方をイライラさせるくらいの上から目線な女医を演じてほしいな

 

 

出演している俳優さんたちは有名どこばかりなのに、「いい芝居してるね」と思えないのが残念。

 

 

演技に定評がある遠藤憲一さんもキャラ設定に迷走中?

テキトウな感じの演技はいいんですが、あまりハマり切っていないかも。

 

 

原作ではどちらかというと強面で怖いイメージのキャラなのですが、そこが原作のイメージと違ってキャラ設定が微妙になっているかもしれないですね

 

 

1話を見る限り、遠藤さんのキャラは初めから無茶苦茶な行動をする五十嵐に好意的に動いているから、優しいおじさんみたいなキャラですよね。

 

 

ラジエーションハウス1話

 

キャラ

原作とキャラがあっていないから、丁寧に脚本や演出でカバーしないといけないけど、1話で無理やり調整しようとしている感が出過ぎてる気がするよ

 

 

 

山口紗弥加さんが演じるたまきの方がその点、偉そうで嫌味をいう役が合ってましたよね。

この本田翼さん演じる杏は、たまきよりも偉そうで憎たらしいくらい演技した方が自然だったかなと思います。

 

ラジエーションハウス1話

 

こちらは原作に近い感じだから、キャラがはっきりしていて作りやすかったのかな。

 

 

実際の見た人の感想も

視聴者にアンケートをとって、どんな感想だったのかを聞いてみました。

私の感想とも結構違うので、おもしろいですよ。

 

キャラ

2.0

見終わった正直な感想は10代や20代の若者向けな感じが強く、アラフォーからすると微妙な感じだと思いました。
正に、窪田正孝さんファンに向けただけの作品だと思いました。
期待していた本田翼さんも演技の幅がなく、「絶対零度」の時と同じ感じがしました。
また病院のメンバーが正直、やる気がなかったりなど問題がありすぎて、病院が信じられなくなると思いました。
確かに最近の病院もクオリティが低いところが多いですが、月9であからさまに描かないで欲しいと思いました。

キャラ

5.0

放射線科の事などちんぷんかんぷんで、難しい単語が飛び交っていましたがストーリーとしては患者さんの気持ちに寄り添って、有名写真家の未完成の写真集が娘と分かり合えた事で完成した事も、感動的でした。
アメリカ修行で立派な放射線技師となった五十嵐は権威有るピレス博士に引き止められるのを断ってでも杏との約束を果たそうと日本に帰ってきたのに、肝心の杏の方は、約束等すっかり忘れていて、名前すら覚えていないようでした。残念です。早く思い出してあげてください。

キャラ

3.0

面白かったですが、五十嵐さんのような勤務態度の新人ってあまりいないかなと。
人間関係より、礼儀作法の問題ではと思いました。
でも優しそうな職場に行けて何より、才能を買われているのかな
翼さんとは、あんまり仲良くなれそうにもない雰囲気で恋の行方もあまり期待はできないのかもと思わせる初回でしたね。
抱きついたり、お尻触ったりセクハラしてるし。コミックからの実写版ならではでしょうか。
あまり現実味が薄いような
写真と言うテーマに絡ませていたい感じがなんだか無理やりっぽいのかな

 

キャラ

2.0

平成最後の月9で、医療ドラマということで期待していました。1話を見た感じとしては、あれだけ放射線技師にスポットを当てたドラマは初めてと言っていた割に、伏線も寄生虫が関係するっていう病原もどことなく他で見たことあるような内容でした。放射線技師や放射線科医は忙しいって言う割に、そんなにいそがしそうにも見えないのも残念。広瀬アリスちゃんや山口紗弥加さんやベテラン俳優さんを使ってるのに、なんだかシリアスな感じにも、コメディな感じにもなりきれてなくて、次回以降も同じような展開が続いたら、少し見てる方も辛いなと感じました。

キャラ

5.0

ドラマが始まって数分で笑ってしまいました。なぜなら、主人公の五十嵐唯織(窪田正孝)がとにかく変だからです。変ですが純粋で可愛いとも思いました。片思いの相手、甘春杏(本田翼)とどう話すか練習しているシーンをみて心が温まりました。今時こんな純粋な男性貴重であると思います。普段の変人っぷりが返って仕事で見せる天才ぶりを際立たせていると感じました。集中力や思考力の高さは圧巻でした。主人公が写真で人を救っていく姿に感動しました。

 

キャラ

2.0

初回1時間半は長かったなという気がします。長く感じるドラマでした。主人公が実はすごい人というのはよくある設定ですが、こちらも例に漏れず、ありきたりな感じです。恋愛に発展する展開があればまたおもしろくなってきそうです。2話はたぶん、時間が合えば見ると思いますが、録画してまで見ようとか、続きが気になるとか、そういった気持ちは特にありません。1話完結で見やすくはありますので、同じ時間帯におもしろい番組がなければ見るも思います。隠された過去があるとか、特定の人物に闇があるように見せるとかのシーンは第1話には特になく、気になるところと言えば、本田翼さんが窪田さんのことを思い出すのか、それくらいです。

スポンサードリンク

視聴率は?

気になる視聴率はどうだったのでしょうか?ビデオサーチの調べによると12.7%と2桁発信で出だし好調でした。

1話はみんなが見るので、これからが本当の勝負という所ですね。

でも、これで4作連続2桁視聴率キープという事になりました。

 

甘春総合病院って本当にあるの?

 

ちょっと気になったのですが、甘春総合病院って本当にあるのでしょうか?気になったので調べてみたのですが、埼玉県さいたま市にある指扇病院が使われている事がわかりました。

 

 

 

外観などはドラマで見たのですが看板はドラマオリジナルで作られたか合成されたもののようですね。

甘春総合病院という病院はありませんでしたが、実際にある病院を使って撮影をしているので、今後また撮影でこの病院が使われるかもしれません。

 

スポンサードリンク

今後の展開予想

今後、放射線技師として天才的な仕事ぶりを見せてくれる唯織にも期待ですが、杏と唯織の関係もどうなるか気になる所ですよね!

何となく月9という事で、すんなりくっつく事はないと思うのですが三角関係なんて展開も想像できます。

 

春甘総合病院の前院長の娘ですし、親の勧められた人と結婚の話があるとかそんな事はないでしょうか。

その相手に鈴木伸之さん演じる辻村が出てきて三角関係になるかもしれないと予想します。

 

 

キャラ

それはそれで、月9らしいので期待したくなりますね

 

 

まとめ

いよいよラジエーションハウス始まりましたね!

窪田正孝さんの原作を裏切らない演技が流石だなと感じました。

 

 

22年ぶりに再会した甘春は、五十嵐の事を忘れているようでしたが、本当に忘れてしまったのでしょうか?

甘春の携帯の待ち受けが、小さい男の子だったように見えたのですがあれは、当時の五十嵐では?と憶測してしまいますね。

 

 

この2人の関係性がどう変わるのかも見所ですよね。