Pocket

 

連続テレビ小説記念すべき100作品めとなる「夏空」記念が故にNHK力が入っています。

今をときめく広瀬すずを主人公に北海道を舞台とした戦争孤児がアニメーターを目指す話が描かれます。

広瀬すずの代表作品となれるのか、脇を固める俳優陣もとても豪華でイケメン尽くし。

ナレーターは内村光良、脚本は大森寿美男とNHKならではの顔ぶれとなっています。

 

そこで第1話の放送を見逃したときに動画が視聴できるサイトがないのか見ていきます。

無料で見るための再放送なら、Eテレ総合で午後0時45分~1時から予定されています。

 

でも、これまでの放送分を見たいならこちらが便利!

 

U-NEXTならNHKオンデマンド(有料)が見られます

今すぐ見るならこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

こちらから登録で31日間無料で動画が見られます!
無料期間の解約で0円で楽しめますよ

NHKオンデマンドは972円で見放題!

 

U-NEXT

※登録はこちらから⇒U-NEXT公式サイト

NHKオンデマンドの配信予定は4月1日からです。

 






なつぞら1話の見どころ

「なつぞら」第1話は、9歳の主人公なつが、北海道にやってくるところからスタートします。

9歳と言えばまだまだ子どもではありますが、自分の置かれた状況や周りの環境が分かり、周囲の大人たちの表情から自分への感情を感じ取れるようになる年頃でもあります。

 

また、個人差もありますが、初対面の人への警戒心も強くなり始める頃でもあります。

そのような年頃のなつが、どのように周りの人と接し、自分を変え、周囲を変えていくか、というところが見どころといえるのではないでしょうか。

 

北海道の雄大な景色と、その景色を前に自分のこれからの人生に対して、不安と期待を胸いっぱいにしているなつ、そしてなつを引き取ることになった父の戦友(藤木直人)とその妻(松嶋菜々子)の心境と、頑固者の泰樹(草刈正雄)とのやりとりが初めの山場になるのかな、と思います。

>>>ユーネクストの解約方法も紹介

広瀬すずの演技が期待!

連続テレビ小説は、やはり初々しい感じの要素が大事だと思うので、若手注目の期待の女優である広瀬すずさんが、このドラマの主役というのは嬉しいことです。

そして、北海道の素晴らしい大自然の中で、繰り広げられる人間ドラマが、この作品の大きな見所だと思います。

また、少し頑固なおじいさんと一緒に女の子が頑張るという設定が「アルプスの少女ハイジ」を連想させるような世界観だと思います。

しばらくの間は、幼少期の描写になると思うので、子役の女の子が演じる感じとなると思いますが、草刈正雄さんとの絡みに注目したいと思います。

また、牧場での動物たちとのふれあいも楽しみです。

 

そんな「なつぞら」の1話は4月1日の8時から15分です。

 

 

でも、見逃してしまうってことがありますよね。

1回分の放送は15分なので。

気づいたときには終わっているかも。

 

でも、これなら何度も見れるってやり方があります。

それはユーネクストのNHKオンデマンドを利用する方法です。

 

他の雑誌も見放題でいい感じです。

>>>ユーネクストはポイントがもらえる?

スポンサードリンク

あらすじ

どこまでも続く草原の丘で、北海道・十勝の風景を描く奥原なつ(広瀬すず)。昭和21年初夏、なつ(粟野咲莉)は9歳の時、亡き父の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られて十勝にやってきた。妻・富士子(松嶋菜々子)は我が子としてなつを受け入れようする一方、富士子の父でガンコ者の泰樹(草刈正雄)は働き手にもならないとなつに冷たくあたる。しかし、子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていく。

広瀬すずがかわいくて楽しみ!

いよいよ新朝ドラのなつぞらスタートで、とっても楽しみです。

広瀬すずちゃんの愛らしい笑顔が、毎朝見れると思うととってもワクワクしています。

 

しかも、第1話は私の大好きな北海道の大自然を舞台に、ドラマがスタートするみたいなので、嬉しいです。

戦争で両親を亡くしてしまったなつという少女が、父の戦友の夫婦に引き取られ、優しく育っていくようなので、悲しみの中でも北海道という大自然の中で、ステキな大人に囲まれてステキな女性に成長をしていくなつの姿を、微笑ましく楽しく見たいものです。

その夫婦役が藤木直人さんと松嶋菜々子さんとあって、ちょと最初は驚いたけど、どんなステキな夫婦なのか期待をしながら見ていきたいと思っています。
そんな「なつぞら」の1話は4月1日の8時から15分です。

 

 

でも、見逃してしまうってことがありますよね。

1回分の放送は15分なので。

気づいたときには終わっているかも。

 

でも、これなら何度も見れるってやり方があります。

それはユーネクストのNHKオンデマンドを利用する方法です。

 

他の雑誌も見放題でいい感じです。

スポンサードリンク

1話の感想・評価

実際になつぞら1話を見た人にアンケートをとって感想を聞いてみました。

その感想の内容と評価を紹介します。

キャラ

5.0

なつが剛夫に連れられて北海道にやって来ました。
戦争の大変な時に両親は亡くなり、兄妹と暮らしていたなつを思うと、自然と涙が出てきました。
悲惨な状況はアニメで描かれており、朝から暗い気持ちになることはありませんでしたが、兄と妹と離れて暮らすなつを思うと、これからも涙するシーンが多そうです。
北海道の雄大なシーンがあり、みていて清々しくなりました。
しかし他人を連れて帰った来たことにより、婿養子の剛夫はもっと肩身が狭くなりそうです。
義理の父の泰樹がこれからなつにどのように接するのか、楽しみです。
雄大な自然の中で、なつがこれからどのように育っていくのか、そして最初に会った18歳のなつが信哉と再会したシーンにどのようにつながるのか、目が離せません。

キャラ

2.0
冒頭がアニメだったのが驚きました。空襲の場面だったのでしょうがないのでしょうか、その後実写に変わり少し違和感を感じました。
無知で分からないのですが、戦後すぐでも北海道はあんなにのどかだったんでしょうか。松嶋菜々子も綺麗すぎて、なんだか入り込めず違和感を感じてしまいました。見る前は藤木直人も合わないんじゃないかと思っていましたが、さすが俳優さんすっかり馴染んでいて安心しました。
前回のまんぷくが面白すぎたからかどうしても比べてしまい、なんだかがっかりです。すっかりまんぷくロスです(汗)
でもまだ今日から始まったばかり!第一印象が悪ければ良くなるばっかりですよね!これから面白くなると期待して、もう少し見続けようと思います!

キャラ

4.0

なつぞら第一話を見終わった感想は、「松嶋菜々子が優しいママっぽくてよかった…!」です。

東京大空襲で、母親とはぐれ、生き残った子どもたちだけでなんとか生活してきた主人公のなつ。
なつの戦争で亡くなったなつの父親と戦友だったという藤木直人さんに連れられて、北海道にやってきて、養母になる松嶋菜々子さんやその子どもたち、とっても怖そうな見た目の草刈正雄さんと出会うシーンでの、ぎこちない空気感がハラハラとさせられました。

きれいな赤い夕日を見ても、空襲を思い出して涙して、でもそれをこらえようとする健気な「なつ」をどうか、優しく受け入れてほしいと願っていたので、
ラストの松嶋菜々子さんがなつをギュッと抱きとめてくれるシーンでホッとしました。
これからの幸せを願いました。

キャラ

4.0
主人公なつ(広瀬すず)が、どのような理由で北海道に来たのかということがわかり、観る前は、本当の家族の物語だと思っていたので、少し驚きました。戦争で親を亡くし、兄弟とも離れ離れになったなつを受け入れてくれた剛男(藤木直人)はとても優しくおおらかそうでしたが、その妻富士子(松嶋菜々子)が、意地悪だったら嫌だなと不安でしたが、なつを受け入れ抱きしめて、思い切り泣けばいいと受け止めてくれるシーンは、よかったなあとホッとしましたが、剛男たちの実の子供たちが、なんだか複雑な表情を浮かべていたのが気になりました。また、内村光良さんによるナレーションは、とても落ち着いた声で聞きやすかったです。主題歌のスピッツの歌も、爽やかで朝の雰囲気にも合う感じで好感が持てました。

キャラ

5.0
泣きそうになりました。なつの明るさと健気さ、そして始めに明らかにされた恩人との再会。どれも今後の展開を期待させられました。そしてなにより驚いたのがアニメーションを多用している事。アニメーションの世界に飛び込む話という事で当然なのかもしれませんが、オープニングがアニメーションだった事には驚きを感じました。朝ドラには60代以上の方も多くおられますが、その年代の方たちからしたらアニメーションは子供が見るもの、くだらないものと思っている方もいるのではないなと思うからです。そんな方達の見ているものにあれだけのアニメーションを使った事に、アニメーションは日本の文化と胸を張って言おうという意気込みを感じました。今後、なつと同居先の家族はどうなっていくのか。子供たちにいじめられないかとか、色々な事を想像してしまいます。今後の展開が楽しみです。

キャラ

4.0
アニメーションを多く使用していて、今までのドラマと雰囲気が違うなと思いました。北海道の大自然がすごく綺麗でみているだけで清々しい気持ちになりました。

第1話は主人公が北海道に来るまでの経緯が描かれていました。戦争によって家族と引き離されて、その当時の大変さを実感しました。広瀬すずはあまり出てきませんでしたが、見たことない子役の子が活躍していて、しばらくはこの子がピックアップされていくのかと思います。

第1話の見所は主人公の生い立ちと草刈正雄さんの怖いおじいさんの演技が見所です。いつもは面白いおじさんのイメージの草刈正雄さんですが、今回のドラマでは眼光鋭い寡黙で強面のおじいさんの役をやっています。顔が整ってるので結構な威圧感がありました。

総合評価

1話の総合評価
4.0

まとめ

1話目はつかみが肝心、15分に半年分の思いが込められていきます。

歴代朝ドラ女優たちに負けない広瀬すずならではの明るさと爽やかさでインパクトを残しつつ、戦争孤児という暗くなりがちなテーマを一掃するようなかわいい笑顔が見たいものであります。

また、スピッツが歌う主題歌もとても気になるところですね。

 

今すぐ動画を見る?

時間を無駄にしたくないなら今すぐチェック

↓ ↓ ↓ ↓

こちらから登録で31日間無料で動画が見られます!
無料期間の解約で0円で楽しめますよ

NHKオンデマンドは972円で見逃し配信が見放題

 


U-NEXT

※登録はこちらから⇒U-NEXT公式サイト