Pocket

 

後妻業

後妻業のドラマ版がついに終わる時が来ました。

ここまで楽しませてくれた後妻業も終わってしまいましたね。

でも、こういいたい。

木村佳乃さんも高橋克典さんもありがとう!

すっごく楽しませてもらいました。

後妻業という世間では許されないことだけど、そこにあるもろくもはかないドラマに心を動かされました。

いや~よかった・・・という言葉しか出てこないです。

来週から見れないと思うのはさみしいですね。

そこで、最終話ではどんなことが起きたのか、視聴者はどんな思いでドラマを見ていたのかについてを、評価や感想、あらすじ、視聴率を含めてご紹介していきたいと思います。

私の思いを込めて書きましたので、楽しんでいってください。






最終回までの評価は面白い?

最終回が放送されることになりましたが、ドラマ「後妻業」の評判や評価ってどうなんでしょうね。

木村佳乃の関西弁が変、コメディみたいで見てられないという人もいれば、コントみたいで面白いという意見も聞きます。

 

 

でも、実際のところどうなのかな・・・

そこで、最終回の放送前までにどんな評価になっているのかってことをYahooテレビの評価で確認してみることにしました。

そのページではこんな評価になっていました。

 

後妻業の評価は3以下

 

yahooでの評価は2.82になっていました。

あまり評価は良くないってことですね。

評価をしている人の44%が★1しかつけてない。

でも、★5の人も31%いて、好みがすっぱり分かれている感じです。

 

 

そこで実際の感想をよく見てみると、良い感想と悪い感想の内容がこんな感じに分かれます。

 

 

良い口コミ

  • 切なすぎる
  • 冬の花が流れるとぞくぞく
  • こんな面白いドラマないわ
  • 木村佳乃のやり取りが面白い
  • 高橋克典がかっこいい

 

悪い口コミ

  • 関西弁が気持ち悪い
  • 大袈裟な演技がはなにつく

 

 

こんな感じですね。

悪い口コミの人はドラマを見てないと言いながら、つい最近までコメントされていたので、それは何故?って気はしましたが・・・

 

 

でも今ドラマを見ている人は面白いと思ってみている人ばかりの印象ですね!

そして、主題歌の冬の花が選曲が良すぎてハマってるって人が多いです。

あの、しゃがれ声なのに味のある歌がドラマの盛り上がってる一番いいところで流れるからヤバいですよね。

あれは心が動かされてしまうのはしょうがない。

 

 

今見ている人は楽しみにしているようなので、放送日の期待感もこちらでご紹介しますね。

 

 

放送前の評判はこちら

後妻業、今日で最終回か〜!木村佳乃&多江ペアの息の合った罵り合いが楽しかったのに、もう見られないのか〜(>_<)

今日は午後から気の重い研修があるけど、「帰ったら後妻業」と唱えながらやり過ごすつもりです。 結末が気になる……違うのよね?原作と違うのよね?ねぇ?そわそわ…

おはようございます😃 今日はドラマ後妻業最終回! ダブル木村氏のかけあいが最後に見れるのか!? 小夜子は本当に予告通りになるのか!? いつ宮本浩次さんの冬の花がかかるのか!? 柏木氏はどうなるの!!? 気になりすぎ📺! とりあえず通勤中に冬の花をリピート🎶

おはようございます。昨日のトレース最終回は鬱エンドだったな😳。あーー今日で後妻業とはじこいが終わるー!今クールはドラマ結構当たりだった。3年A組、後妻業、はじこい。ロスに怯える👍

 

今日で放送が最後ってことで、後妻業に気持ちが入っていますね。

ドラマを見るために早く帰らなきゃって思うくらいですから、最終回の期待感はヤバいです。

もう後妻業ロスは確定になるでしょうね。

 

ということで、最終話のあらすじをどうぞ。

ここからご紹介していきます!

 

最終話のあらすじ

朋美は離婚することになったことを、本田に報告する。

そこで、柏木と朋美がホテルにいたことを本田が見たことをいう。

しかし、朋美はただ送ってくれただけという。そして、イヤリングを落としたので、柏木は持ち帰る。

そのイヤリングを見て、小夜子は怒っていた。

 

博司はシャブの取引現場を写真を撮り、柏木から50万円をもらう。

柏木からは博司が小夜子の子供ということを知っているという。

 

本田は手に入れた手帳を持って、柏木から金を巻き上げること考える。

朋美は本田から小夜子と縁を切るように言われる。

 

本田は柏木のオフィスに訪れる。

そして、この手帳買うてもらえませんか?と、そして、これまでの事件で起きたときの証拠が全てここに入っている。

それを知った柏木は動揺した顔をする。

 

そして、この手帳をマスコミにぶち込むという。

そうすれば、柏木と小夜子を徹底的に追い回すぞというと、ええやろと柏木は3000万円で手帳を買うことにした。

 

小夜子は朋美に電話する。

あんたに話したいことがあんねんけど

あんたのバカコイバナに付き合うほど暇じゃないんですけど。

そして小夜子は真剣な顔で、今度こそ本当のことを話すという

 

柏木は舟山に電話する。

おたくシャブ扱ってますね

写真とあんたの会社がしっかり

 

わしゅう組の系列でしたな。りゅうづかいと仲良くやっているようで。

親分裏切ってる証拠ですわ。

オタク親分にひきづり殺されるんやないですか。

証拠の写真は1億と引き換えや

わかった。金は用意する。一週間待ってくれ

おおきにと電話を切る。

 

そして、柏木は本田に電話する。

金は用意できた。

ぬかりないな。

それはこっちのセリフや

 

朋美は小夜子の家に訪れる。

見せたいもんがあるんやと銀行通帳を持ってくる。

中を見るとこれまで巻き上げたお金は、すべて子供関係に寄付していることを知る。

なぜなのか理由を話す。

小夜子は天涯孤独で子供のためにお金を使っていて、じいさんたちの金を巻き上げて、困っている子供たちにあげたほうがいいという。

小夜子は以前から言っているように、私は殺していないという。

 

入院中に注射器で小夜子が腕に打とうとするが、もうええ、自分でやるといって小夜子を病室から出ていかせる。

小夜子は泣きながらさいならといって出ていき、死んだ男は自分で空気を体内に打っていた。

 

そのことを朋美に話す。

朋美の爺さんも他の爺さんも小夜子が殺したわけじゃなく、自分で知っていたことを告白する。

私は連続殺人犯やないという。

さ、これでほんまのことすべて打ち上げたで。

 

一方、本田は中央倉庫に来る。

そこに舟山が現れる。

おまえはなんやと本田と言い合いになる。

証拠の写真と引き換えや

俺は手帳と引き換えや

ふ、なんや、柏木に2人ともいっぱい食わされたようだな。

といったところに、警察が来る。

そして、警察が舟山を逮捕しているところに本田は金を奪って逃げる。

 

 

博司が小夜子に会いきて、用がないのに母親に会いきたらあかんのかという。

博司は小学生の頃に母子手帳を見たという。

なんでと博司は言う。

じゃあ、産まなきゃよかったろという。

そうや、お前なんか産まなきゃよかった!と小夜子はいうと博司は逆上して、小夜子の首を絞める。

すると、小夜子は意識を失う。

博司はえ、え、と動揺してヴああああと叫びながら、マンションを出る。

 

博司から連絡を受けた柏木がすぐに来る。

まだ倒れたままの小夜子がいる。

自分の母親やろ!なんで殺したんや

殺すつもりはなかったんや。小夜子に産むんやなかったといわれたら、カーッとなってまったんや。という。

始末するぞ。

そして、キャリーケースをもってきて、小夜子を車に入れる。

そこに警察が来る。

 

博司を逃がすと、警察が銃を向けながらゆっくりこっちを向けという。

この人警察なのか・・・

 

私たちの勝利に完敗。と本田と朋美がシャンパンを飲みながらクルージングしながら酒を飲む。

しかし、これは本田たちの計画だった。

 

そして、そこに柏木が登場する。

なんと柏木もグルだった。

 

船の奥からシャンパンを持ちながら、小夜子が出てくる。

実は小夜子は生きていた。

 

警察に銃を突き付けられたところを振り返ると・・・

その警察官は仲間だった。

そこに小夜子がはよだせ!とバックをバンバン叩き、キャリーバックから脱出成功。

 

ここで、本田と柏木が話したところまで戻る。

本田が手帳を売るときに別の計画があった。

本田はマル暴時代の天敵・舟山を知っていた。

そこで、舟山から1億円を奪い、舟山組を逮捕する計画と立てる。

元々、手帳を3000万円で売る予定だったが、1人あたま2000万円の山分けになると知ると、本田が乗ってくる。

 

柏木から朋美を仲間に引き入れろという。

その流れが、小夜子が今までの爺さんは殺していないといったシーンに戻る。

そこで、舟山の話に戻り、小夜子は結婚してもいいと考えているという。

あいつは詐欺師でとんでもない悪やったというと、朋美は傷ついたのといって小夜子はうなずく。

 

そしてここで、朋美と小夜子は一緒に舟山の金を奪おうと誘う。

小夜子は、そんなうじうじ悩んでいるより、パーっと金を使おうという。

すると、私の子と心配してるわけと朋美がびっくりする。

 

信じているわけじゃないというと、信じてもらわなくてもかまいませーん。

そこから、朋美と小夜子はいいあう。

最後はヒートアップしてうるさい!と本田と柏木に止められる。

 

小夜子が死んだと思われたときに、死んでなかったことが分かり、柏木がびびる。

博司はキャリーケースを取りに行ったときに、柏木と小夜子が相談する。

 

最後に柏木と本田が話す。

小夜子が寄付していることは本当らしいなという。

 

小夜子は朋美と話していたが、小夜子は実は嘘をついていた。

あの銀行通帳も注射器の話もウソだった。

 

2人はバディや!!

といって終わりを迎える。

 

スポンサードリンク

最終回の感想

えーーーー寄付とか違うわーーーー小夜子は根っからの悪女じゃなきゃーーー😱映画版と違いすぎ!

まさか、小夜子が貧しい子供のいる施設に寄付してるなんて・・・

 

映画では大竹しのぶが鼻歌うたいながら空気いれてたよ

 

小夜子さんいい人すぎる。 ますます死なないでほしい。

 

なんでサイレンサー付いてるの?

 

寄付がやっぱり嘘なら注射器もきちんと回収してたwww

 

 

 

最後の結末はハッピーエンドのシーン

原作の通り、柏木は警察に捕まり、小夜子はなくなってしまうのか。

そう思っていましたが、ドラマ後妻業はコメディチックなところが面白いのでやっぱり最後はハッピーエンディングを迎えてくれましたね。

主演を務めた木村佳乃さんも最後の結末は「こう来たか!」と思ったくらいだったということでしたが、まさか本田たちと協力して舟山からお金を奪うなんて予想しなかったですよね。

いや~これは面白かった。

 

これで私たちの勝利ねと本田と朋美がシャンパンを乾杯してた時、

「え!柏木と小夜子はいなくなっちゃったの~」

って不安になってましたよ。

 

でも、奥からのっそり出てくる感じがドキッとしちゃいましたよ。

いや~うれしい!

主演どころのキャストがみんな仲良くハッピーになれたとはよかったですね。

 

もしかすると、柏木と小夜子の関係も元のまんまでした。

おまえは最高のバディや!

報酬はセッパンやで!

この軽い感じが全てを表していました!

 

最終回で暴力された小夜子が帰ってきて話すセリフの、

小夜子「次の獲物を探して」

柏木「それより先に、片付けなあかんことがある」

といったシーンに意味が出てくると思ってたけど、やっぱり意味がありましたね。

 

柏木と小夜子は結婚するって結末になるかと思ったら、実はあの電話は最後の計画をやりとげるための朋美を説得するための大事な電話だったんですね。

 

後妻業もそうですが、パーフェクトクライムやスキャンダル専門弁護士も話がいったり戻ったりして、話しがわかりにくいってとこはありましたね。

今回の最後の大仕事もするーっと最後まで進んで、最後の最後に種あかしで巻き戻しになるって展開はありきたりな感じでしたね。

 

でも、みんながハッピーエンドで本当に良かった!

 

スポンサードリンク

ドラマ「後妻業」最終話を観た感想

今回は最終回という事で、大いに盛り上がりましたね!
出てくる登場人物やエピソードも、暴力団や麻薬密売、恐喝に対抗する脅迫などなど・・・。
出てくる金額も1500万円やら3000万円、とうとう最後には1億円の金額まで出てきました!
では、ドラマ「後妻業」の最終話を感想とともに、振りかえってみます。
まず最初に詐欺師・舟山の息子である暴力団組員が、柏木を脅してきました。
小夜子が舟山に、公正証書のサインを求めた件で、「お前ら後妻業やろ」と、3000万円を柏木に請求してきたんです。
この金額に驚いた柏木。
その後も、朋美の彼氏である探偵の本多にも柏木は脅されます。
「お前の悪事を調べあげてこの手帳に書いてあるんや」
と、黒革の手帳(昔人気になったドラマのタイトル)ばりの手帳を見せて、本多は意気揚々と柏木をゆすります。
「この手帳買わへんか?」
本多のその言葉に悩む柏木。
とうとう柏木は根をあげて、2人の要求を呑むのでした。
その頃、小夜子は朋美を自宅のマンションに呼び出して、ある告白を決意。
「あんたに本当のことを言う」
と、前回のラストで電話で朋美に言っていましたよね。
一体何なのか、この1週間気になっていたんですよ!
蓋を開けてみると、なんと小夜子の告白は
【老人からもらったお金は、恵まれない子供たちに寄付していた】
と、意外な事実だったんです!
そして亡くなった老人たちは、みんな自分で望んで死んでいった・・・と。
寄付の施設名なども記帳された通帳を見て、納得する朋美。
「あなたもつらかったのね・・・」
なんて、小夜子を信じた様子でした。
一方、柏木は小夜子の息子・博司を使って、自分をゆすってきた暴力団の弱みを握ります。
その弱みを武器に、今度は暴力団をおどす柏木。
その額は、驚きの1億円です!
しかしその受け渡し場所には、何故か暴力団と本多の姿が。
「お互い柏木にいっぱい食わされた!」
と、言っていた矢先に警察のパトカーがやってきました。
その騒ぎのどさくさに紛れて、1億円が入ったトランクを持って本多は逃げます。
ここでそそくさと本田が逃げられることが、なんだか不自然だな~と思った方も多いはず。
その予感は見事的中!
本多と暴力団のところに来た警官は、本多の相棒の変装だったんです!
そして本多と朋美は大笑い。
そこに柏木と小夜子も合流したから驚きですよね。
そして1億円を分け合った5人。
実はいままでケンカをしながらも、今回の1億円強奪の計画を柏木は企てていたんです!

ドラマ「後妻業」最終話の考察

今回のドラマ版「後妻業」は、映画版「後妻業の女」のラストとは、全く違っていました。
つまり、映画版のほうが原作に忠実なので、ドラマ版はほとんど脚本家のオリジナル作品となっています。
映画版では、柏木と本多が血みどろの戦いをするんですが、今回のドラマ版ではまさかの「お仲間」になってしまいました。
しかも小夜子の息子・博司が小夜子を殺した、と勘違いするシーン。
このシーンも映画版にありますが、意味合いが全く違っているんです。
映画版では、もともと息子という設定でしたし、小夜子が生き返ってからも小夜子と博司の腐れ縁は続きます。
しかし今回のドラマ版では、小夜子が博司をこれ以上巻き込むまいと、殺されたふりをして逃がすんです。
小夜子が風俗嬢だったという過去のエピソードの時から、かなり人情をテーマにしている部分を多く感じたドラマ「後妻業」でしたが・・・。
後妻業をする小夜子と柏木に、そんな人情があるわけがありませんよね!
結局、寄付も嘘。
老人の自殺も嘘。
ラストにキスする柏木と小夜子の気持ち・・・きっとこれも嘘?
最高のバディとのたまう恐ろしいコンビが、今度は東京に進出する!という痛快詐欺師ドラマでした。

スポンサードリンク

最終話の視聴率や推移は?

各話 視聴率
1話 8.7%
2話 6.5%
3話 6.2%
4話 5.9%
5話 5.6%
6話 5.7%
7話 6.2%
8話 5.7%
最終話 5.1%

初回放送時から原作や映画の後妻業の方が好きだと言って離脱する人が多かったですね。

関西弁もなんか聞いていておかしいということもあったので、見ていて苦痛という人も

でも、見続けている人にとってはそれがコミカルで面白いって感じてきて、逆にそれを楽しみにする人が増えてきましたね。

そして、最終話はハッピーエンディングで終わって視聴率が気になるところです。

最終回の視聴率が出たらアップデートしていきます。