Pocket

仮面ライダージオウ27話のあらすじや感想をご紹介していきます。

  • ゲイツリバイブがめっちゃ強くて誰も勝てませんが、なんとなくゲイツはソウゴと戦うことに迷ってる?
  • しかも、ツクヨミが死んだと思ってるのかな?
  • ソウゴはおじちゃんに怒られるし、これからのストーリーが気になっていくところですね。

そんなジオウ27話を見た人の感想をまとめていきます。






読みたいところをクリックすると読めます

27話のあらすじ

 ジオウⅡとゲイツリバイブの激しい戦いに割って入った黒ウォズ(渡邊圭祐)。変身を解除し、鼻血を流すゲイツ(押田岳)にゲイツリバイブが体に大きなダメージを与えるという危険性を指摘する。それでもジオウを倒す、と言い放つゲイツは再びゲイツリバイブに変身し、黒ウォズを圧倒。身をもってゲイツリバイブのパワーを知った黒ウォズは危機感を募らせる。

ソウゴ(奥野壮)を倒すのは俺だ!とゲイツの前に現れた飛流(佐久間悠)はアナザージオウに変形。しかし、ゲイツリバイブに簡単にあしらわれ、変身を解除した飛流は苛立ちを爆発させる。そこへ現れたウール(板垣李光人)は、飛流にもう一人の未来ライダーの力を奪うよう進言して…。

ソウゴのもとにゲイツから「決着をつけよう」というメールが舞い込んだ。出かけようとするソウゴを呼び止めた順一郎(生瀬勝久)は、ゲイツとツクヨミ(大幡しえり)が去って行った寂しさを正直に口にしないソウゴを初めて叱責する。
「寂しい時ぐらい、大丈夫なんて言わないで、ちゃんと寂しいって言いなさい!」
順一郎の優しさに触れたソウゴは、ある思いを胸に決戦の場へと向かう。

2009年のバス事故で何があったのか? 幼いソウゴと飛流とともにバスに乗ったツクヨミは、バスに強引に乗り込んできたスウォルツ(兼崎健太郎)と出会う。スウォルツはバスに乗った子供たちの中から将来の王となる人材を探していた。父と母の動きを止められ、必死にスウォルツに抗議するソウゴ。ツクヨミはそんなソウゴを守ろうと発砲するが、弾は跳ね返され、流れ弾がかすった飛流は気絶してしまう。そして、ソウゴら子供たちはダイマジーンが街を破壊する悲惨な場面を目の当たりにして…。

アナザーライダーを使い、飛流が白ウォズ(渡邊圭祐=二役)からライダーウォズの力を奪い取った。白ウォズは力を取り返そうとノートに「仮面ライダーウォズの力、ウォズのもとに戻った」と書く。が、その文の通りライダーウォズの力は黒ウォズの手に渡る。全ては黒ウォズがウールを抱き込み、仕掛けた罠だった。

黒ウォズはソウゴを待つゲイツの前に現れると、ソウゴと戦わせるわけにはいかないと仮面ライダーウォズに変身。ゲイツリバイブに戦いを挑む!
そのころソウゴは決意の表情でバイクを走らせていた。
「行くぞ…ゲイツ…!」

公式から引用

27話の見どころ

キャラ

何やらたくらみがあるのかもしれなくて、門矢士の計画はある程度進んでいたのでしょうか

キャラ

ツクヨミがバスでソウゴに向けた銃の意味と黒ウォズは本当に変身できるのかです。

キャラ

一騎打ちで圧倒ペースでゲイツが追い詰めていくのですが、体力を消耗かなり激しいこともわかる

キャラ

ツクヨミはソウゴ恐れていてもオウマジオウとして憎んでるのではないことがわかってきました

キャラ

圧倒的力によりジオウ2倒してもノーリスクでは済まされなかったことを知った

キャラ

バスの車内にいた2人が問題に発展することがわかってきたのできになる

キャラ

変身を期待していたがそのままの姿でちょっと残念でかなりの強さでもあった

キャラ

黒ウオズ返信する展開が予想できて、物語に波乱が巻き起こりそう

キャラ

ゲイツリバイブや黒ウォズが変身する事が起きる中、ソウゴのおじさんが初めてソウゴを叱った事

キャラ

二人のウォズに新展開があり、さらに物語の謎が深まった点です。

スポンサードリンク

27話の感想

キャラ

ゲイツリバイブや黒ウォズが仮面ライダーウィズに変身した事が起きる中、ソウゴの親代りのおじさんの順一郎は今まで本当の親では無い理由でソウゴを叱らなかった事を後悔していて、初めてソウゴの事を叱ったシーンが印象的でいいシーンだと思えました。「寂しい時ぐらい大丈夫なんて言わないで。ちゃんと寂しいって言いなさい!寂しい時に寂しいと言えない人間なんて人の痛みが解らない王様になっちゃうぞ!」今のゲイツやツクヨミがいないソウゴの気持ちを察して叱った時は本当の優しい父親っぽく見えて生瀬さんの演技力が凄かったと思えました。本当の父親で無くても大切な子を思って正面から叱るのはいい親ですね。ゲイツのソウゴを倒す覚悟と自分の本当の気持ちに気付いたソウゴ、そして全ての事件に関係しているスウォルツなど物語が更に加速して気になります。ゲイツも命が助かって別れてしまったツクヨミとももう一度再会出来るといいですね。

ゲイツリバイブはジオウⅡや黒ウォズを倒す強力な戦士だけど、使う度に命を縮ませる危険があってゲイツから血が出て来た時はかなり危険だと思えました。ソウゴを狙う飛流は邪魔をするゲイツに挑みましたが、ゲイツリバイブにやられてしまいました。又しても血が出て来て、本当にゲイツの命を心配です。その後に飛流は黒ウォズの作戦でウールと協力して、過去のアナザーゴースト、アナザー鎧武になった契約者を再びアナザーライダーにして白ウォズを襲ってまさか黒ウォズが仮面ライダーウォズに変身しました。更にソウゴと飛流が巻き込まれた2009年のバスの事件はタイムジャッカーのスウォルツが関係していたそうです。ソウゴが乗っていたバスに乗り込み、時間を止めて危険な目に合いました。ツクヨミは子供の頃のソウゴの名前を呼びながら銃を発砲しましたが、それはソウゴで無くてソウゴの近くにいたスウォルツに撃ったのですね。先週は解らなかったですけど、これで2009年のバスの事故の謎が少し解りました。後は何故スウォルツとその事件にした仮面ライダーディケイドの士の目的が謎ですけど、解る日が近そうですね。

キャラ

ゲイツリバイブの力覚醒して、ソウゴと決別する道強い覚悟で選ぶゲイツですが、決着つけるため対決申し込まれた相互に温厚な純一郎がしかる一面を見せます。友人居ないソウゴに絡んできた同世代の男女で、ソウゴにとてもと特別な存在の2人への想いをソウゴはしっかり伝えられるのか?そして、ゲイツはソウゴとの戦いで何思うのか気になってきます。そして、黒ウォズ変身する展開になること予告され動画で明らかに。そして、白ウォズが襲われてビヨンドライバーを黒ウォズ手にする展開が物語波乱起こしそうです。そしてこの件ウールも絡むというので驚きです。スウォルツ警戒したウールは予測できない過去、未来の真相知りたいといったことで黒ウォズ加担する模様です。

キャラ

ソウゴと加古川巻き込んだバス事故ですが一体誰の仕業でしょうか・26話終了時点でツクヨミが相互の名前呼びながらファイズフォンxの引き金ひいたシーンからツクヨミ原因であるみたいな印象を受けるのですが乗員している名簿の中に門矢士の名前あることで、その線怪しくなってきます。次回予告中士がバス運転手、スウォルツが謎多い黒い服でバス車内にいて、この2人が絡む問題発展すること予想されます。そして元からタイムジャッカーにより召喚された士がスウォルツのため行動するのは合点行きます。そしてスウォルツが新たな王として加古川をアナザージオウにすべく2009年に来て無理に契約させに来たなら、バス車内に突如出てきたスウォルツがソウゴを襲おうとするのも自然でしょう。

キャラ

黒ウォズに変身するといった前回予告を見て、期待してましたが、仮面ライダーウオズそのままかと思いました。そしてかなりの強さですが、そのままの状況で超パワーアップしたゲイツリバイブ倒せるのか?倒せなくてもちょっと食い止められるのか?そして、ジオウ2をゲイツリバイブに倒させなければいいので、黒ウオズがゲイツリバイブ倒す必要ありません。なのでノーマル仮面ライダーウオズでも大丈夫でしょう。そしてそれでなる意味あるとしても白ウォズからライダーの力を奪ったことにより白ウォズが仮面ライダーになり介入することできなくなり、それだけでもしっかりフォローなってるかもしれません。そして、それはいいとして私が勝手に期待してたのは黒ウオズのライダーがどういうデザインかです

キャラ

タイムジャッカーは謎多い組織で、実際これ自体世を忍ぶ仮姿で、背後に真の組織の時空ショッカーが控えてるのかもしれません。すると夏映画で昭和仮面ライダーウオッチ出せます。そして、ツクヨミはソウゴ恐れてますが、オウマジオウとして憎んでるのではなくて、オウマジオウ化の原因になるような存在が幼いソウゴに近づこうとしてたら守りに動くのが当然です。そうしたことで、ツクヨミよりスウォルツのたくらみに意識がむくのが道理なのです。ですが、もう一人何しに来たか不明で、何しでかすか予想つかないバス運転手も。そして、バス名簿に名前出て、次回予測に登場しただけで、ゲイツリバイブかすんでしまいます。おのれディケイド。これだけ問題事項そろってたら、ツクヨミ容疑薄れます。

キャラ

白ウォズがゲイツをただ救世主としてゲイツリバイブとして覚醒させたわけでなく、裏がありそうなことをちょういちょい自分で言っていたからやっぱり謎が多い感じがしました。白ウォズが言う未来でゲイツがジオウを倒して救世主になった話も信ぴょう性が低そうな感じがしてきました。
また、ソウゴを魔王にしようとするウォズもゲイツリバイブに危機感を感じてタイムジャッカーたちと暗躍し始め、アナザージオウを生み出した原因のバス事件に謎が浮かび上がったのも新しい展開がありそうな感じがしました。さらに白ウォズの力を奪い、仮面ライダーウォズになりましたが、今後もソウゴ側につくのかそれも自分が魔王になろうとするのかも気になりました。

キャラ

今回も放送を3児(小学生女子2人と4歳男子)と一緒に見ていました。ツクヨミが幼いソウゴではなくスウォルツに向けて銃を撃ったのをみて、子供達とツクヨミはやっぱりソウゴを守ったんだねと、一緒に安心していました。門矢士のバス運転手姿は浮いていましたね。うちの子供達と一緒に仮面ライダーディケイドをDVDで見て様々な異世界に飛ぶたびにコスプレしていたのを思い出しました。でも、一緒にバスに乗っていたのでツクヨミ、ソウゴ、飛流を含む子供たちが無事でしたが、家族があの場にいなかったのが、見ていた子供達がとても心配していました。そして、門矢士は一体ソウゴ達を一体どの時代に連れて行ってしまったのか、上の長女と語り合いました。後、前回放送で黒オズが変身するような予告だったので、どうやって変身できるのか疑問でしたが、今回放送を見て納得しました。次回まだ、謎に包まれた部分が多いので日曜日を子供たちと楽しみに待ちたいと思います。

キャラ

どうあがいても気になるのは門矢士です。並行世界旅するのに、ジオウは旅先の1つ。2009年ディケイドの時期だからいるといったこと以前にジオウの世界です。そして、過去の時間も過去世界としてオーロラ移動してるチートは、ジオウ世界の時間ルール適用されません。そして、ディケイドの歴史自体既に改変を終えていて既にディケイドウオッチあるのはそのためです。そして、士の計画は初登場時既にある程度進んでる段階だったかもしれません。そして士が運転手して乗客ほぼ全滅した理由も気になります。士は乗客極力救助しようとするはずで計画のため意図的犠牲出したと考えにくいです。小ネタそしてスウォルツの服が鳴滝に似てるといった話もあるのです。

キャラ

前回圧倒的力によりジオウ2を倒したゲイツリバイブですが、ノーリスクではなくて、血がとても濃くて、疾風、豪烈の強さの正体は時間と圧縮引き延ばしといった設定がとても好きです。そして、時間軸に置いたジオウという世界でこれ以上はない設定ですが、ゲイツリバイブへ変身するときのゲイツは静かに変身と今までの切れたポーズしてくれないがちょっと残念でした。そして、ドライブで剛が元気よくレッツ変身を言わないときぐらいショックです。そしてジオウ2、ゲイツリバイブに続き黒ウオズも白ウオズからウオズのちから奪って変身で、みためウオッチだけ奪ったのかと思ったのですが、ドライバーと3つのミライドウオッチも奪ってました。仮面ライターウオズのちから奪って納得です。

キャラ

加古川まきこんだバス事故原因がソウゴにあり、その背景にツクヨミが絡む士たちの状況が複雑化しそうな展開。そしてゲイツリバイブに覚醒したゲイツの覚悟も相互圧倒するほどで、ソウゴ取り巻く環境激変するのは避けられません。そして、ゲイツの覚悟を組んだソウゴとの一騎打ちですが、ゲイツが終始ソウゴ圧倒ペースで追い詰めますが、ゲイツリバイブの力にゲイツ自信体力消耗しました。そしてお互い満身創痍となってる中、ゲイツはツクヨミの覚悟胸にその覚悟より強固にします。そして、ソウゴはゲイツに決着つけようと呼び出され、煮え切らない相互に純一郎はゲイツとツクヨミいなくて寂しいなら素直に言ってと叱るのでした。そして、叔父の純一郎の言葉胸にソウゴはゲイツの待つ場所に行くのです