Pocket

 

2019年5月31日に公開される、東野圭吾原作の映画「パラレルワールド・ラブストーリー」。
「ガリレオ」シリーズで有名な作家・東野圭吾が書いたミステリー仕立てのラブストーリーが映画化されました。
そのタイトル通り、「パラレルワールド」という「2つの異世界」をテーマにした作品です。
東野圭吾の原作といえば殺人事件や推理モノが多いですよね。
しかしこの映画は恋愛に重きを置いて展開していきます。
東野圭吾が描くラブストーリーとはいったいどんな物語なのでしょうか。
そしてこの映画の主人公に玉森裕太、相手役に吉岡里帆をキャスティング。
ライバル役には染谷将太という名役者が出演するのも、この映画の見どころですね!
今回は映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の原作について調べてみました。






原作ネタバレ

この物語の主な登場人物は、崇史(玉森裕太)と智彦(染谷将太)という親友2人。
そこにヒロイン・麻由子(吉岡里帆)が絡んでくる・・・というストーリーになっています。
崇史は昔から異性にもてていて、女性に不自由していません。
しかし反して親友の智彦は、足にある障害のせいか女性に奥手な人生を送っていました。
そんなある日智彦に彼女が出来た、と聞いた崇史は彼女を紹介されます。
しかし崇史はその彼女、麻由子を見て愕然とします。
実は崇史は麻由子に、惹かれていた時期があったのでした。
それは学生時代・・・。
電車で通学時に麻由子を見かけた崇史。
しかし麻由子に声をかけれぬまま、崇史の学生時代は終わりました。
卒業し、3人は偶然「バイテック」という研究企業が経営している学校「MAC」に入学します。
そこで麻由子と智彦が付き合っている、と知る崇史。
複雑な思いで崇史は毎日を過ごします。
しかしここで物語は、2つの道に分かれるのです。
1つ目は、智彦と麻由子が恋愛関係を続ける世界。
その世界では智彦と崇史がアメリカに出向することになるのですが、崇史は麻由子を奪いたいので日本に残ります。
一緒にアメリカに行きたい智彦は、崇史を問い詰めました。
そして崇史は麻由子に好意があることを、智彦に告白。
そし上、麻由子と一度だけ関係があったことも・・・。
その事を聞いた智彦は、心中穏やかではありません。

2つ目の世界では、崇史と麻由子が恋愛関係になります。
こちらの崇史には、世界が2つに分かれる以前の記憶がありません。
麻由子のことは好きですが、麻由子と過ごす毎日に何か違和感を感じるのです。
そしてこちらの世界には、親友の智彦の姿がありません。
違和感はますます大きくなり、とうとう協力者も得てこの世界の違和感について調べ始める崇史。
この世界の割れ目の原因は・・・?
調べるうちに、崇史は衝撃の事実に気づくのでした。

原因は智彦が研究していた「記憶の操作」でした。
智彦は親友である崇史の脳をつかって、研究を行っていたのです。
本当の世界は智彦と麻由子が付き合っている・・・という世界。
しかし問題は、電車で通学していた時に麻由子も崇史に好意があった、ということなのです。
その事実に智彦が焦っていく・・・というのが、この物語の発端になるようですね。
ラストは信頼していた2人の心に気づいた智彦が、命を絶ってしまいます。
智彦を失った事あと、崇史と麻由子は2つ目の世界で智彦の記憶をなくし2人で生活していくのです・・・。

原作を読んでの感想

今回、東野圭吾原作の「パラレルワールド・ラブストーリー」を読んでみて、思ったのは
「自分の良心は欲望よりも脆い」
と、いうことです。
長年親友であった智彦よりも、麻由子を選んだ崇史。
そこまで女性の魅力は強い・・・という事でしょうか。
ここまでくると、もう麻由子の魅力は【魔力】か?とまでも、思えてきます。
2人の親友の友情を引き裂き、運命までも変えてしまったのです。
しかし2人がそこまで麻由子に固執する理由も、よくわかりません。
研究オタクの2人が、悪女に騙されたような展開に受けとれますが・・・。
ラストまで終始、受け身である麻由子の決断力のなさが引っかかるところですね。

スポンサードリンク

ネタバレを読んだ方が良い理由は?

ネタバレを知らずに映画を見てしまうと、どうしても染谷将太演じる智彦が「パラノイア」のイメージが大きく残ります。
しかし智彦のしていることは、結果崇史と麻由子をくっつけて、自分はこの世を去る・・・という展開。
一見、パラノイアのような研究をしながら、友達の恋愛を後押しする心の広い人間ということを表現しています。
ですが、このネタバレを知ってよくよく考えてみると、智彦が何をしたかったのか・・・という事がよくわかるのです。
それは自分の犠牲によって、崇史と麻由子は暮らしている・・・と言う事実です。
この事実に崇史と麻由子が気づいてしまった時のことを考えてみましょう。
その時に2人は、どう感じるでしょうか?
そのことに気づいたあとが、本当の「パラレルワールド・ラブストーリー」の始まりなのではないでしょうか。

まとめ

今回の映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の監督は、森義隆監督。
映画「宇宙兄弟」や「聖の青春」を手掛けた才能あふれる監督です。
今回のミステリー作家が手掛けた不思議な恋愛映画「パラレルワールド・ラブストーリー」を、どんな風にわれわれに届けてくれるのでしょうか。
そしてラストのさまざまな伏線の回収の魅せ方も気になるところです。