Pocket

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんが一人二役で主演する事でファンの間ではすでに今とっても話題になっているドラマ『ミラーツインズ』を何度でも見たい!と今から思っているファンの方も多いのではないでしょうか?

 

私も藤ヶ谷太輔さんのファンなのでもちろん何度も見たいと思っているうちの1人です。

 

でも、何故何度も見る必要があるの?1回で十分じゃない?と思われる人もいるかと思いますので、23度見る事で面白くなるドラマの見方や、藤ヶ谷太輔さんの魅力についても今回は書いていきたいと思います。

 

TVerをチェック⇒クリック

FODをチェック⇒クリック

 






放送前の見所をチェック

キャラ

キスマイの藤ヶ谷太輔さんが一人二役を演じるということで、藤ヶ谷さんは明るい内容のドラマに出演しているイメージが強く、ミステリードラマに出ているのをあまり見たことがないのでそれだけで楽しみです。また、生き別れた双子が、犯罪者と刑事という相対する存在として再会するというストーリーで、対極に二人をどう演じ分けるのかが楽しみです。善と悪は表裏一体という側面もあり、どう展開していくのかが想像できません。正義の弟が悪の兄を救い出すことができるのか、誘拐の意味など想像できない分期待が膨らみます。お互いがどう傾いていくのか、善は悪を越えられるのか、その心の揺らぎをどう描いているのか、見どころはたくさんあります。今から視聴が楽しみなドラマです。

キャラ

主演の藤ヶ谷さんが、一人二役を演じること、また、その演じる双子の兄と弟とキャラクターが、全く違っているというところが、大きな見所だと思います。
幼くして、誘拐という残酷な理由で引き裂かれた双子の兄弟ですが、その誘拐で行方不明になった兄が、時を経て弟の前に犯罪者として現れるというショッキングな内容、そして弟は、兄の誘拐が自分のせいだと何年も責め続けているという設定、それを、ほとんど全て藤ヶ谷さんが表現していく難しさは、とても大きいと思います。
藤ヶ谷さんが、そのあたりをどのように演じていくのかは注目すべき点です。
脇を固める俳優も、石黒賢さんや高橋克典さん等のベテラン俳優さんがそろっていて、そのあたりの俳優さんが、どれほどシリアスな内容により深みを与えてくれるのか、そこも見所だと考えます。

キャラ

子供の頃に誘拐された双子の兄。事件未解決のまま時は過ぎ、家族や当時の捜査担当者たちは重い十字架を背負い続ける。残された双子の弟は自責の念を抱き続けるが、いまだ行方不明のままの兄を探し出すため、刑事になった。そんなとき、自分の目の前で殺人未遂事件が起こる。そこに残されたDNAが誘拐されたはずの兄のものと一致したのだった。

主人公は双子で、藤ケ谷太輔が一人二役を演じるそうです。ネットでググれば「見どころは俳優さんが、この一人二役をどう演じこなすか」が見どころだ、という意見が大半ですが、正直俳優が誰かとか興味ありません。
それよりもこの作品が“原作を持たないオリジナルもの”だというところに興味を惹かれました。CMでたまたま見かけたのですが、それを見る限りでは緊迫感のある展開で、「大人の濃厚なストーリー」を期待させてくれました。普段ドラマは見ないのですが、これは見てみたい。
サスペンスやミステリーはやっぱりストーリーの展開やトリックが命でしょ。すっかり騙されて悔しい思いをするか、あるいは見事に見抜いて周りに自慢を始めるか(笑)。
先が読めない展開こそが、サスペンスの醍醐味であり、この作品はその期待を……少なくとも現段階では期待させてくれると、感じました。
自分の推理は外れても、期待だけは外さないで欲しいな(笑)。

藤ヶ谷太輔さんの演技を動画で見直すべき理由は?

 

藤ヶ谷太輔さんの演技って本人になりきるというより、自然な感じで藤ヶ谷太輔さんって普段もこんな感じなのかな?思わせるようなナチュラルな演技をされている印象がありませんか?

 

何より声のトーンが心地よく聞いていても耳にすーっと入ってくる不思議な感覚ですよね。

 

藤ヶ谷太輔さんの声がカッコよすぎるというファンの方が多いのも納得です。

 

そんな藤ヶ谷太輔さんのカッコいい演技を何度でも見てみたいと思う気持ちもファンなら当然ありますが、今回のドラマ『ミラーツインズ』では、一人二役という難しい役どころを演じられるので、葛城 圭吾を演じる藤ヶ谷太輔さんと葛城 勇吾を演じる藤ヶ谷太輔さんを分けて見てみたいって思いますよね。

 

初見では、ストーリー全体が知りたいので、全体的に見て2回目は、勇吾の気持ちでドラマを見て、3回目は、圭吾の気持ちで見た方が3倍楽しめるという事です。

 

なので最低3回は見ないといけませんね!

 

今回の役は、一卵性の双子なのに、一方は誘拐されて行方不明のまま20年を過ごした兄と、両親の元で兄が誘拐されたと心に傷をおった弟と真逆の性格の2人を藤ヶ谷太輔さんは、どのように演じ分けていくのかもドラマを見直して見た方がより分かりやすいですよね。

 

他にもドラマの撮影場所や撮影に使われている小物、服装などはどの物だろうとチェックしながら見たりするのも楽しみの一つです。

 

1度だけでなく何度も見直してみる事で何倍もドラマを楽しむ事が出来るのです。

 

スポンサードリンク

藤ヶ谷太輔の演技やセリフに震える

 

藤ヶ谷太輔さんは、過去にも出演されているドラマでファンの心を虜にさせてきた、ジャニーズの中でも演技派で知られていますよね。

過去最も反響があった演技やセリフは、どのようなものだったのでしょうか?

胸キュンなセリフも合わせていくつか紹介してみますね。

 

このドラマを見て藤ヶ谷太輔さんのファンになった人も多いのではないでしょうか?

 

2009年に放送された『美男ですね』

 

韓国ドラマのリメイク版として日本でドラマ化されたのですが、韓国ではチャン・グンソクさんが演じた事もあり、韓流ファンの方からも注目されていたドラマです。

 

その中で藤ヶ谷太輔さんは、藤城柊を演じていました。

 

ファンがカッコよくて震えたセリフ、藤ヶ谷さんの演技をご紹介します。

 

『気付いてもらえる愛だけが、愛じゃないと思う。

 

その人を好きになった気持ちは大事にしたい。』

 

『俺はお前だけを見てるのに、

 

お前は誰を見てるんだ・・・?』

 

『お前に何かあったら俺は・・・。

 

いつでも助けにくるからな。』

 

『俺の、彼女です

 

でも公表するつもりはありません!』

 

このドラマの藤ヶ谷太輔さんは、片思いで好きな人を見守る切ない役でしたよね。

この切ない恋に胸キュンした女子も多かったのではないでしょうか。

このドラマには、同じグループの玉森裕太さんも出演していました。

 

 

2012年に放送され切ないラブストーリーで、見ていた人を感動させた『シニカレ』も素敵でした。

 

 

『嘘から始まる恋なんか長続きしませんよ。』

 

『一歩もひいたりしないよ。むしろ、愛おしいと思った。』

 

『君が隣にいるとぐっすり眠れた。』

 

『情けないけど怖いんです。

 

すぐに誰からも忘れ去られることが。』

 

別れさせ屋として現れた藤ヶ谷太輔さんが演じる雅喜は、別れさせようと近づいた桐谷美玲さん演じるルリ子を好きになってしまうという話で一見ハッピーエンドなんですが、雅喜は病気で死んでしまうという切ないラブストーリーでした。

 

死を前にして恋をしてしまい忘れられるのが怖いというセリフは、切なくて胸が締め付けられました。

 

藤ヶ谷太輔さんの演技にも見入ってしまうくらいこのドラマは素晴らしかったです!

 

2013年に藤ヶ谷太輔さんが先生役として出演していた『仮面ティーチャー』は、今までのラブストーリーとは違い胸キュンとかではなく、先生としての名言が心に響く演技でした。

こんな先生いたら最高!と思って見ていました。

 

『俺が守る。何があっても。誰に何と言われても。

 

それが俺の使命だからだ。』

 

『自分のことが好きだろうが

嫌いだろうが、

 

自分の人生は自分のもの。

 

楽しもうが退屈しようが、

全ては自分次第。』

 

など、人生の教訓のような前向きな名言が多々ありましたよね。

 

先生にこんな事言われたら絶対慕って付いて行くって思います。

 

このドラマのセリフは、深く考えられるものも多く、なるほどって思えたり、自分の悩みとリンクしたりして励まされるドラマだったと思います。

 

動画があるから1週間を幸せに感じられる

 

毎週ドラマを見ていると、どうしても1週間が長く始まる前はドキドキ放送を待っているのですが、終わった瞬間に、また1週間待つのかと脱力感さえ感じる時がありますよね。

 

その時は、やっぱり何回も録画したドラマを見直して1週間を待ってしまいます。

 

終わった後は、その週に放送された内容を2回見たり、好きなところだけを見たりするのですが、それでは飽き足らずまた1話から見直してみたりと次の放送までに何回も見てしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな事をしていると1週間も早く感じられるし、より深くドラマを見られて楽しみも倍増しますよね。

 

繰り返し見られる動画があるからこそ、1週間も我慢出来ますし、新たな発見をして幸せに感じられる事もあります。

 

スポンサードリンク

無料の見逃し配信やパンドラは使いたくない

 

どうやって、動画を楽しむかと言うと最近は無料の見逃し配信などもあるのですが、1週間の限定だったり、パンドラなどはすぐに削除されたり違法なものなので使いたくないというのが本心ですよね。

 

自宅で録画していても、外で友達や学校でこの藤ヶ谷太輔さんの格好良さを共有したい!って思ってる人が多いのではないでしょうか?

『私はこのセリフがカッコいいと思う!』

とか、『この顔がカッコイイ!』とか動画を見てみんなで一緒に共有したいですよね。

女子トークでカッコいい人の動画は何より盛り上がりますからね!

 

かといって家で録画したものを携帯で撮影しても、やっぱり画質が悪くて藤ヶ谷太輔さんの格好良さがイマイチ伝わりにくいですよね。

 

ドラマの日はみんなでお泊まり会するとか、後日自宅で女子会などを開いて録画したドラマを見て盛り上がるなんて事もありですね!

 

 

まとめ

 

藤ヶ谷太輔さんの主演ドラマ『ミラーツインズ』やはりあのカッコよさを何度も見たいと言うファンの皆さんや、何度も見る事によってドラマを深読みしたい人もいますよね。

 

サイコサスペンスという内容なだけに一度見ただけでは理解出来ない事もあると思います。

 

やはり、ミラーツインズのドラマは何度も見直すべきだと思います。

 

ドラマの内容をさらに理解するというのもありますが、カッコイイ藤ヶ谷太輔さんの演技も何回でも見たくなると思います。

 

何より女性は、カッコイイ人を見ていると女性ホルモンが分泌され美肌効果も期待出来ますよ(笑)