Pocket

劇場版最新作『ONE PIECE STAMPEDE』(スタンピード)が2019年8月9日(金)より全国公開となります。

尾田栄一郎による「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載の大ヒット漫画を原作に、1999年にスタートしたアニメ「ONE PIECE ワンピース」。

ONE PIECE FILM GOLD』(2016)以来となる新作映画は、来年迎える20周年を記念する1本。

タイトルの「STAMPEDE」とは“熱狂的行動”“暴走”“殺到”などを意味する言葉でその詳細はまだ謎に包まれていますが、公開されたビジュアルには、砂塵に舞う麦わら帽子と、瓦礫の山から現れる謎の巨大モンスターが描かれており、麦わらの一味の激しい戦いを予感させる今までとは違うカッコいいものになっています。

シリーズ13作品で累計興収は300億円(配給調べ)を突破しており、本作も2019年を代表するヒット作になりそうだと話題です。

今回はそんな話題性抜群の今作の劇場特典とセブンネット限定の特典について調べてみました。






劇場前売り特典は子供向き?それとも大人向き?

 

期間:3月1日〜劇場窓口にて(一部劇場を除く)

内容:ムビチケカード、麦わらの一味万博スタイルバッジ

価格:一般1,400円 小人900円

劇場版『ONE PEICE STAMPEDE』の劇中衣裳である巨人族の子ども用兜をかぶったルフィや、民芸品の角を付けたウソップ、かわいらしくそしてセクシーなナミなど、各キャラクターの個性があふれた原作者・尾田栄一郎氏描き下ろしイラストがそのまま缶バッチになっています。

麦わらの一味9人+映画のキーワード“万博”の紋章が描かれている缶バッチがセットになっています。

全国合計10万セット限定というこの特典はキャラクターどれか一つの缶バッジ。

ではなく10個セットで貰えるというところでかなり豪華なんではないでしょうか?

また缶バッジなので子供から大人まで幅広い年齢に対応しているように思います。

ただどちらかというとすこしデザインは子供向けなのではないかなと思いました。

セブン限定前売り券グッズは高い?価値は?

セブンネット前売り券・前売り特典

期間:2019年3月1日~

内容:ムビチケカード(一般)、缶バッチ4個

価格:一般3,128円(税込) ジュニア2,628円(税込)

 

セブンイレブン(マルチコピー機)前売り券

期間:2019年8月8日(木)まで

内容:ムビチケコンビニ券(特典なし)

価格:一般1,400円(税込)

 

コンビニではセブンイレブンのマルチコピー機のみでの販売となります。

映画限定ビジュアル。オリジナルの絵を描き起こした“輩”缶バッジが4個セットになっていて、4個のうち1個はシークレットデザインを予定しているとのこと。

本作にはオリジナルキャラクターも登場することが決まっていますので、シークレットは新キャラ!?と囁かれているという情報もありますがどうなんでしょうか。

劇場前売り券が一般1400円というのに比べてセブンネット前売り券だと3128円と1700円くらいの差があります。こちらも缶バッジで映画限定ビジュアル描き起こし、そのうち一つはシークレットデザインということでワンピースファンであれば価値があるのではないでしょうか?

まだ缶バッジの絵柄が公表されていませんがこちらの缶バッジの方が劇場前売り券特典のものよりも大人なカッコいいデザインになるのではないのでしょうか。

ただ値段が3128円というのは熱狂的なファンでない人からしたら少し高めだと感じました。

ただどのような絵柄になるのかが楽しみなところではありますね。

スポンサードリンク

劇場特典とセブン特典はどっちがいいの?

結局どっちがいいの??というところですが限定感があり大人なデザイン性を求めるなら輩バッジ。

お得感があり麦わら一味の全員のバッジがいいのであれば劇場特典。かなと思います。

ただツイッターなどで調べてみると劇場特典の方を購入している方が多いイメージでした。

まとめ

映画が公開されるたび大きな注目を浴びるアニメワンピースですが今回も前売り特典からかなり話題になっているようでした。

また作者の尾田栄一郎さん曰く20周年だからできる作品と話していることもありどのような作品が今からとても楽しみですね!