Pocket

 

いよいよ最終章開幕しましたね!

武蔵野一家殺人事件の真相少しずつ明らかとなってきてますます目が離せない展開ですね。

まずは今回のあらすじから確認してみましょう!

 






9話あらすじ

家族が殺害された25年前の『武蔵野一家殺人事件』を追う 真野(錦戸 亮)は、高校教師の早川(萩原聖人)から、殺害された時に妊娠していた姉・仁美(夏子)に関する情報を聞く。早川は、当時の生徒たちに話を聞いて回ったが、仁美に交際相手がいたかどうかはわからなかったという。真実を解明する糸口を見つけられずに憤る真野。仕事帰りの ノンナ(新木優子)は、公園から出てくる真野の姿を見つける。遅れて、早川が出てくるのを見たノンナは……

虎丸(船越英一郎)は、アパートで殺害された胡桃沢綾乃(美山加恋)の事件を捜査する。死因は脳挫傷で、凶器は見つかっていなかった。また、被害者の頬には細かなひっかき傷があった。被害者の携帯電話などに残っていた指紋や目撃証言から、被疑者として浮上したのは綾乃の元恋人の富樫康太(和田正人)だった。富樫は傷害致死罪で7年間服役し、仮出所したばかりだった。 7年前、富樫は、綾乃と結婚するためにある企業に就職したという。だが、その企業は暴力団とつながりがあり、悪質な事業をしていた。半ば脅されるような形で仕事を続けざるを得なかった富樫は、利権を争う相手から暴行を受けた際に、恐怖心から相手を刺してしまったのだ。実はその事件で富樫を逮捕したのは虎丸だった。綾乃には、同じ会社に勤める関口章太郎という婚約者がいたことから、事件は痴情のもつれが原因とも思われた。

着衣の血痕と付着物の鑑定を行った真野は、着衣にバラの花粉が付着していたことを報告する。被害者の頬の傷は、バラのトゲによってつけられたものである可能性もあった。ほどなく、事件当夜に富樫がバラの花束を購入していたことが判明する。それでも富樫の犯行だとは信じられない虎丸に、真野は「あなたが信じるか信じないかは関係ない」と言い放つ。

そんな中、富樫と思われる男が暴行事件を起こしたという通報が入る。

 公式サイトから引用

 

やっと出所したのに、、、

富樫康太は、7年間服役し、やっと彼女に会いに行けると思い会いに行くと彩乃は死んでおり、元恋人を殺害したとして疑いをかけられましたよね。

 

 

父親が殺人犯で、昔からイジメにあったり職場でも何かあるとすぐに疑いをかけられ、人生で良いことがなかった中、彼女の胡桃沢綾乃は唯一、康太を信じてくれる存在だったのに、殺されてしかもそれが自分が殺したと疑いをかけられるという辛さってないですよね。

 

 

だからといって、助けず逃げてしまったのもよくないと思いますが、康太の人生が悲惨すぎてかわいそうに思えますね。

 

 

自分は何もしてなくても周りの環境で変わってしまうんですね。

父親が普通の人だったらどんだけまともな人生があったのかと思うと切ないですね。

 

 

スポンサードリンク

自称婚約者が犯人だった

 彩乃の事を一方的に想い、富樫が出所前に自分がプロポーズしようと彩乃の部屋へ行きましたが、断られ逆上して殺してしまったと何とも身勝手な男でしたね。

 

 

彩乃もこんな奴家に入れたらダメだよと思いながら見てしまいました。

 

 

彩乃は、康太を一途に想い待っていたのに、会う直前に殺されてしまうなんて本当に切なすぎます。

 

 

ずっと7年も待ってやっと一緒になれると思っていたのに、変なストーカーのような男に殺されて無念で仕方ないです。

 

 

虎丸が今週もかっこよかった!

 虎丸さん、後半になるにつれてますますいいアニキキャラとなり、虎丸株が上昇していますね。

 

 

今回は誰もが富樫康太が犯人だと思っていたのにも関わらず、そんな奴ではないと最後まで信じていました。

 

 

その思いが伝わってたからこそ、富樫もピンチな時に虎丸に連絡をしていたのでしょうね。

 

 

富樫康太が新たに犯罪に手を染めなかったのは、虎丸の存在があったからなのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

桃沢彩乃の元恋人役富樫康太を演じた和田正人さんってどんな人?

 和田正人さんって本当にドラマでよく見かけますが、この人誰だっけ?というような名前がパッと出てこない俳優さんではないでしょうか?

メインを引き立てる名バイプレイヤーと言っても過言ではありません。

 

 

和田正人さんの簡単なプロフィールをまとめてみました。

 

 

生年月日 : 1979825日生まれの39

 2017年に歌手でグラビアアイドルの吉木りささんとご結婚されました。

 2004年に若手俳優集団であるD-BOYSに加入したのですが、年齢がオーバーしていた理由で1982年生まれと嘘をつきオーディションを受け、合格したそうです。

 

 

ですが、あっという間に噂は広がり2005年にファンクラブイベントにて謝罪し、公式プロフィールも変更されたそうです。

 今では、D-BOYS最年長メンバーとして活躍されています。

 

 

男の人で若くサバよみをしている方を初めて聞きました。

ですが、顔もどちらかというと童顔の方で3歳程度のサバよみなら全く問題ないような気もしますよね。

 今後も名バイプレイヤーとして活躍される姿が楽しみな俳優さんですよね。

 

 

今後の展開を予想!

残すところあと2話となりました。

あとの2話で25年前の事件を解決しなくてはいけませんが間に合うのでしょうか?と思いますが、おそらくみんなが真野の力となり事件の真相を明らかにさせていくのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

あと2話じゃ終わらない!

最終回まであと2回しかないのに、全然ハラハラしないのは何故?

やっぱりそれは、本編の方が全然進まないからですね。

「武蔵野一家殺人事件」はどうやって解決するの?

って感じですね。

 

そこで今後どんな展開になっていくのか考察しておきたいと思います。

 

本音で言えば、5話あたりから徐々に壇が絡むようになってクライマックスに持っていくって流れにならないと、見ているこっちが盛り上がりませんね。

にもかかわらず、いまだに盛り上がっていないっていうストーリー。

 

1話完結の内容だからなんとなく見られるけど、この流れはちょっといかがなもんかと思いますね。

 

しかし、あと2話で終了することが決まっています。

今から考えられる結末としては、

 

  • 武蔵野殺人事件の犯人はわからない
  • 事件の犯人はすでに死んでいる

 

のどちらかを、壇か佐保優作(旧姓:倉本)から聞き出すってことになるくらいしか進まないでしょう。

 

もし、真犯人がいて、その手掛かりが10話で分かり、すぐに最終話で犯人が捕まるようだったら他の事件と同じくらいの犯罪レベルで、一体これまで解決できなかったのは何故・・・

ってなっちゃいますね。

 

 

さすがに脚本家もそこまでおかしなストーリーは作らないはず・・・と期待したいです。

 

 

昔、山Pが出演していたドラマ「プロポーズ大作戦」でドラマの結末は好きな女性(長澤まさみ)に好きって伝えるだけで最終回がきて、ドラマスペシャル版で結婚したっていう2段階パターンはあるのかな?

 

そこまで考えてるならまだしも・・・今の展開からするとないだろうなぁ。

 

 

まとめ

まともに最終回を迎えない気がしてなりませんが・・・本編は進んでいきます。

虎丸も、真野が武蔵野一家殺人事件の生き残りの男の子だと気付きましたし、ノンナも真野の過去を知りました。

虎丸、ノンナ、貝塚が真野の力となり事件解決していくと思われます。

あのやたらと協力的な早川は本当に信用して良いのでしょうか?

もしかして真犯人は早川で、壇と裏で繋がっていたりしてと妄想してしまいますが、あと2話でどう展開していくのか注目ですね!