Pocket

堀ちえみさんが大学病院で手術されるということですが、どこの病院で出術されるのでしょうか調べてみたいと思います。

また、大学病院に行く前に通っていたクリニックについてもまとめていきます。

手術を受けた大学病院はどこ?

堀ちえみさんが住んでらっしゃるのは東京都文京区春日と言われていますので、その近くの病院で舌がんに強い大学病院を選んでいると考えられます。

文京区から近い大学病院で言うと、

日本医科大学付属病院

東京大学医学部付属病院

東京医科歯科大学医学部附属病院

このあたりの大学病院と予想されます。

 

あとは、堀ちえみさんの病状から口腔外科と形成外科の合同チームの手術を行いますので2つの医科があるところに限定されます。

どこの大学病院でもこれらの診療科はあり対応できますが、東京大学医学部附属病院がん相談支援センターがあるので東大病院に行っているかもしれないですね。

がんに特化した治療を考えるとこちらに行ってみようと思っても不思議ではありません。

 

文京区の口腔クリニックや歯科クリニックはどこ?

口腔クリニックや歯科クリニックを調べてみると、文京区にはこのようなクリニックがありました。

 

口腔外科

 

歯科クリニック

数多くのクリニックが点在しているので、どこのお医者さんなのかはわかりませんでした。

ただ、舌のしこりをレーザーで焼いていたということです。

 

初めは口内炎と思っていたようですが、何度も繰り返して口内炎ができ、それをレーザーで焼くということを繰り返していたということです。

それを聞くとどうしてお医者さんは気づかなかったのかな?

そう思う人は多くいます。

 

 

しかし、主治医の方でも気づかないことってあるんですね。

お医者さんに能力がないというわけではないと思います。

堀ちえみさんの意見を親身になって聞いていたと思いますが、がんとは初めに気づかなかったので、お医者さんも今頃公開しているに違いないです。

 

おそらく、それほど口内炎が大きくないということもあったんでしょう。

かかりつけ医も見逃してしまうくらいですから。

こう考えると、何か異変があった時はセカンドオピニオンは本当に大切ですね。

 

でも今は、舌がんということがわかったわけなので、手術を成功してもらいリハビリ生活を頑張ってもらいたいですね。

元気になって戻ってくる堀ちえみさんを待ちたいと思います。