Pocket

由利本荘市で信号無視を繰り返す暴走車がいました。

どこで信号無視を繰り返したのか、その場所についてまとめていきます。

また、運転していた14歳未満の人物の名前や学校はどうなっているのでしょうか?

情報をチェックしてみました。







信号無視事件の概要は?

11日未明、秋田・由利本荘市で停車を求めたパトカーに14歳未満の少年が運転した車が衝突した。

警察が、少年が運転した経緯などを調べている。

由利本荘市の国道で11日未明、信号無視を繰り返して走行していた乗用車が、車を止めようと前方に停止したパトカーに追突した。

車を運転していたのは、14歳未満の少年で、胸の痛みなどを訴えたものの、命に別条はない。

パトカーに乗っていた警察官2人にけがはなかった。

捜索していたパトカーが停止を求めたものの、少年はおよそ9kmにわたって走行を続けた。

車は少年の親のものだった。

事故の前に、車と子どもがいなくなったと少年の親が警察に通報していて、警察が、運転した経緯や事故の状況などを調べている。

FNN記事を引用

車を運転していたのは14歳未満の少年ということです。

14歳なのに何故車が運転できたのでしょうか?

 

少年の親が見ていない隙に、鍵を持ち、車を運転させたようです。

少年の親が車と少年がいなくなっていることが分かったので、警察に通報したとのこと。

 

由利本荘市三条の事故現場は?

14歳未満の少年がパトカーに追突した場所はどこだったのでしょうか?

住所:秋田県由利本荘市三条字三条谷地の国道107号


9キロにわたって暴走を繰り返した少年は、最後にはパトカーに追突して停止しました。

 

スポンサードリンク

無免許で運転した未成年の中学生の名前や学校は?

現時点で情報を開示されていません。

車を運転している時点で人の命を奪う可能性のある凶器を使っていることになります。

そのため、厳重な処罰が必要となってくるはずですので、今後報道で未成年者の実家や中学校が報道される可能性がありそうですね。

 

まとめ

由利本荘市で信号無視を繰り返す暴走車は無免許の未成年者が運転して、パトカーに追突する大きな事故にまで発展してしまいました。

少年の行為は許されるものではありませんが、少年の両親も車の扱いについて見直す必要がありそうですね。

 

子供が簡単に触れる場所に置いておくことが日常になっているときは、気を付けるようにしなければなりませんね。