Pocket

トレース科捜研の男の第6話が放送されました。

新章にはいることで、真野礼二はどのような真実のカケラを見つけるのでしょうか?







トレース科捜研の男の第6話のゲスト

早川尚文(萩原聖人)が、変死体として見つかった新妻大介の高校時代の担任として登場します。

そして、新妻大介さんは河川敷でホームレスの男性で変死体となった姿で現れることになります。

トレース科捜研の男の第6話の感想

放送後にアップデートしていきます。

今回真野の過去について少しずつ分かってくるようですね。

毎回怪しい言動をする千原ジュニア。

 

さらに、6話では小雪と対立する場面が見られそうです。

過去の事件では小雪もかかわっていた可能性が大。

 

つまり、組織ぐるみの犯行と言えそうです。

一体黒幕が誰なのか、真実のカケラを見つけてほしいです!

スポンサードリンク

第6話のネット上の感想