Pocket

浜辺美波が最強のJKギャンブラーを演じる「賭ケグルイ」の劇場版「映画賭ケグルイ」が、5月に公開。この度、映画のオリジナルキャストとして、宮沢氷魚が出演する。







宮沢氷魚のプロフィール

* 宮沢氷魚(みやざわ ひお)

* 生まれはアメリカ/育ちは東京

* 1994年4月24日生まれ

* 184センチ

* 出身大学 国際基督教大学

* 趣味は野球&釣り

宮沢氷魚出演作品の演技はうまい?下手?

宮沢氷魚さんの俳優デビュー作はドラマ「コウノドリ」。

当初は演技初挑戦ともあり初々しいしい演技が注目されていたようですが、その後の視聴者の口コミを集めてみました。

あまり演技が下手という評価を見なかったがコウノドリなど本人の雰囲気とマッチしたような役柄が多いのか評価は良いようだ。

スポンサードリンク

宮沢氷魚のうざいキャラの演技は?

ドラマ「僕の初恋を君に捧ぐ」では生徒会長の鈴谷昴役を演じ強烈すぎるキャラでウザいと話題になった。

 

他にも、うるさい、チャラい、キャスティングがあって無いなどの声が多数上がっていました。

父親と比較すると?

宮沢氷魚の父は、元THEBOOMの宮沢和史。

宮沢和史は、1994年にタレントの光岡ディオンと結婚し、同年に宮沢氷魚が誕生する。

母親の光岡ディオンは、アメリカ人とのハーフなので、宮沢氷魚はクオーター。身長184cmという高身長も、雰囲気のあるイケメンぶりにも頷ける。

特に父の宮沢和史さんとは顔がそっくりと話題。

たしかに男らしい見た目がそっくりだ。

宮沢氷魚(ひお)さんご本人も、「自分でも若い頃の父に似ていると思う。特にのどぼとけがそっくりと言われる」とコメントしています。

また宮沢氷魚さんの目の色があまりの綺麗さにネット上でも話題になりました。

本人曰く「灰色と茶色のミックス」らしいです。

これはハーフである母親の光岡ディオンさんから受け継いでいると言われているのだが、一部のファンは父親の宮沢和史さん譲りでは無いかとも推測しています。

スポンサードリンク

宮沢氷魚の役どころは?

なにかと話題の彼の今回の映画賭ケグルイでの役どころはというと、桃喰綺羅莉(池田エライザ)率いる生徒会に戦いを挑む夢子(浜辺さん)たちに対し、新たに“非ギャンブル、不服従”を謳う白装束の集団「ヴィレッジ」が登場。

彼はその組織のリーダー・村雨天音役を演じる。神父のような服を纏い、ミステリアスな存在感を放っている。

まとめ

コウノドリから俳優デビューを果たし、次々と話題作に出演を果たしている宮沢氷魚。

僕の初恋を君に捧ぐではウザいキャラとして否定的な声が多くあがったが今回の映画賭ケグルイではそれを挽回できるのか、彼の演技に注目したい。

 

出演中のドラマ⇒僕の初恋をキミに捧ぐ