Pocket

3年A組6話

一颯風に言いますと、ヒーロー編が開幕しましたね。

一颯の過去やそして、意外な協力者なども、背景も色々分かってきました。ますます面白い展開になってきました。

第六話のあらすじや感想、そして今後の展開なども予想したいと思います。

ドラマ「3年A組」の第6話を見逃したときに使いたい動画を無料視聴する方法をまとめていきます。

誰でも簡単に見られる動画視聴方法をご紹介していきます。

 

▼すぐに見るなら▼

Huluに登録してみる(2週間無料)

 







3年A組6話の感想

第五話で生徒と和解したような感じでしたね。

ですから、六話の最初にお風呂にシャワー浴びてました。

これでいよいよ犯人がわかるのかな?

なんて思っていましたが、一颯は教師に向かって言いました。

ベルムズに動画作成を依頼したことを名乗り出なかったら、教室ごと爆破すると。

ですが、ここまでくるとわかってしまいました。

生徒を殺す気はないことを。

そして、世間的に殺したかったのは犯人であるということも。

このドラマはSNSが非常に大きな役割を果たしていますよね。

そして、名乗り出なかったことにより一颯は教師たちを追い詰めることが出来たのです。よく考えられていますよね。

そして、第六話は主に福原さんが演じる水越涼音が重要でした。

というのも、彼女は勝手に水泳部顧問の坪井が犯人であると決めつけてネットで告発しようとしたのです。

この時の菅田さんの演技の迫力すごかったですね。

今までで一番、迫力がありました。

福原さんもあんな勢いで怒られていたら演技といえど、本当に泣いちゃうよ~と思いましたね。

ですが、一颯が言っていることはSNSを使う若い世代に向けられた言葉が多く含まれていますね。

彼は正論を言っています。

今は色々な動画があがっていて、これによって傷ついたり、迷惑する人はいますね。

訴えたかったのはこのことなのか?と考えさせられました。

水越涼音の病気は本当にあるの?

第六話でまず気になったのが、水越涼音の病気についてです。どうやら、スポーツ心臓というものですね。

過度なトレーニングなどにより、そういうふうになるそうですね。

そして、確かに自覚がなくてもやり続けると突然死する可能性があるみたいです。

実際に日本でもサッカー選手が突然死をしたこともあるみたいですね。

しかし、彼女は何も知らずに突然水泳を取り上げられました。

本人に自覚症状がない場合、まわりはなんと言ってあげたらいいのかわかりませんよね。

坪井先生のやり方があっているかどうかはわかりませんが。

でも、この真実を知って、より絶望してしまうことを考えると、無理やりでもやめさせるしかなかったのかもしれせん。

スポンサードリンク

【一颯の過去】スーツアクターからの教師

郡司の捜査により、一颯は大学時代にスーツアクターだったことが第六話でわかりましたね。

そう考えると、彼の戦闘力の高さに納得が出来ましたね。

というのも、彼は結構強いですよね。

タイマンなら生徒に負けていませんでした。

また、爆弾のことについても詳しいはずですね。

色々つながりましたね。

多分、本当の爆弾ではなくて、あくまで特撮で使うやつなんでしょうが。

しかし、病気によって彼は教師になることになります。

ですが、病気で教師もなかなか大変ですよね。

そして教師になるのも正直かなり大変です。

彼はそうとう優秀だったのかな?と思ってしまいました。

6話でわかった意外な協力者

六話では意外な一颯の協力者がわかりましたね。

それは文香の父親の相楽孝彦です。

てっきり一颯に対して敵対心を持っているのかと思っていましたが、彼は一颯の協力者だったのは意外でした。

そうすると、刑事の五十嵐同様になぜ?という疑問がでてきます。

彼は特撮撮影会社の社長です。

なかなかの地位がある人ですよね。

それは五十嵐も一緒ですかね。

彼らの接点は今のところ、

まだわかっていませんが今後の展開に大きく影響があることに間違いなさそうです。

スポンサードリンク

第7話の展開は?

一颯はベルムズに動画作成を依頼したのは武智だと名指しします。しかし、武智はそれを全面的に否定します。

一颯は武智に夜8時までに罪を自白しなければ、武智の大事なものを奪うと言い渡します。

果たして犯人は本当に武智なのか?それとも別の教師なのか?名指しした一颯の目的は?

まとめ

第六話はなかなか世間に訴えるものがある印象を受けましたね。

というのも、世間ではSNSを通して迷惑行為をした動画が流出しているからです。

特になにも考えずにネットに拡散するとこうなる、ということを強く訴えていました。

そして、真相もいよいよ近づいてきましたね。それと同時に気になるのが一颯の余命ですね。

彼は生徒の自殺を通して何を生徒たちに教えたいのか?

そしてその教えは生徒たちの胸に響くのか?

第7話も楽しみですね。

 

 

スポンサードリンク

3年A組6話のあらすじ

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団ベルムズに依頼した惡の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれはじめる。
一方、死の恐怖から解放されたと思っている生徒たち。だが、一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出なければ教室を爆破すると宣言。驚く生徒たちに向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件当日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることにきがついて。
第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。その向かう先を示す第六話は必見。

公式サイトから引用

 

まとめ

3年A組の6話をパンドラや再放送で視聴する方法をチェックしてきました。

パンドラやデイリーモーションでは動画自体がアップロードされていないことが分かりましたね。

これからアップロードされる可能性はありますが、話しの展開の早い6話では再生がカクカクすると話についていけません。

それを解決するには高品質な動画で見るのが1番。

TVerもいいですが、こちらのサイトではHuluをお勧めしています。

 

興味があればこちらをチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓