Pocket

 

 今回、杏子が多田の気持ちに気づいたり、壮一郎との離婚を決意したりと杏子の気持ちに動きがありましたね。

やはり母は強いって思えました。

 

4話では、以前住んでいた街で起こった未成年の犯罪の弁護を担当する事になった杏子達。

今回も意外なところに真実がありました。

 

 







4話のあらすじ

 杏子(常盤貴子)が以前住んでいた家の近所の男子高校生・荻原翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕された。

翔平の母・奈津子(須藤理彩)は、かつて杏子の親友だったが、壮一郎(唐沢寿明)の逮捕後、真っ先に杏子との連絡を絶った人だった。

杏子は、奈津子のことを考えて、この事件を朝飛(北村匠海)にメインでやってもらうようにお願いする。翔平は容疑を否認するが、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからない。

朝飛は早々と情状酌量にすべきだと主張。本人が否認している限り、裁判で争うべきだという杏子と対立する。そんな中、朝飛が隠していたある事実が発覚する

 

一方勾留中の壮一郎の起訴が決まる。脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎を何としても有罪にすべく、さらに追い込みをかける。

そんな時、壮一郎のもとにある男が会いにやってくる。それは杏子を想う多田(小泉孝太郎)だった

 引用元:公式サイト

【感想】朝飛が初めて法廷に立つ

 今回の事件で朝飛は、情状酌量にするべきという意見に対し、杏子は、本人がやってないと言うのだから戦うべきと意見が真っ二つに分かれていましたが、朝飛が何故情状酌量にしたいのかが、円香によって明かされました。

 

実は、朝飛は法廷に立った事が無く、前の事務所でも取引交渉ばかりをしていたそうで、交渉は得意な事から、情状酌量を押していたんですね。

 

でも、それでは、やっていないという罪を認めなくてはなりません。

杏子は、やっていないという翔平の事を信じ徹底的に調べていると、新たな事実を発見します。

 

朝飛は、それを持って裁判に向かいますが初めての裁判で、しどろもどろしてしまい、杏子に途中代わってもらい、無事裁判は終了。

 

まだ決着はついていないものの、いい出だしの裁判になりましたね。

結構、普段は口も立つ朝飛が意外にも初裁判でもごもごとしてる姿はある意味新鮮でした。

 

杏子も16年のブランクがあったのに、今ではカンも取り戻した感じで裁判も上手く進めていますよね。

 

今回の事件では、何より2人のコンビがだんだん息があってきたように見えました。

 

多田が壮一郎へ面会に

 そん中、多田が壮一郎の面会に訪れました。

知り合いの裁判官から壮一郎の保釈の請求が来てる事を知り、それを取り下げて欲しいと頼みに行ったんです。

自分の為に杏子を利用した事、今帰っても家族が傷つくだけと言い切りました。

これは、もう宣戦布告したも同然ですよね。

壮一郎には、『どういう立場でここに居るんですか?』と聞かれ、上司であり、友人ですと答える多田に対し、『それだけですか?』と聞かれ、あなた次第ですと答える多田に鳥肌が立ちました!

遂に言った!って感じがしましたね。

多田も、泣いてる杏子を見て放っておけなくなったんでしょうね。

 

まだまだ何かを隠してそうな壮一郎でしたが、妻や家族に仕事での機密情報を絶対に言わない壮一郎は、早く誤解を解かないと、ずっと家族に誤解され、杏子の気持ちも離れてしまいますよね。

 

部下とは協力して何かをしようとしてるのに、杏子や家族には何も言わない壮一郎は、仕事が出来る人ではありますが、家族への配慮が少し欠けているようにも見えてしまいますね。

 

杏子も何か信じるものがあれば待てるし、一緒に戦えると思いますが、今の壮一郎の行動や態度からは何を信じていいのかわからなくなる気持ちもわかりますね。

 

スポンサードリンク

ところで、犯人だった生徒役の子は誰?

 犯人役だった生徒の子、よく見ると綺麗な顔をしている子だったと思いませんか?

無表情のシーンが多くあまり話さない役だったのですが、この宇佐美友也役を演じていたのは、水沢林太郎さんという『研音』所属の俳優さんでした。

『研音』といえば、福士蒼汰さんを始め数々のイケメン若手俳優さんが所属している事務所であり、また壮一郎役で出演している唐沢寿明さんも研音に所属されている事からバーター出演だったのではないかと思われます。

この水沢林太郎さん、身長180センチもあるんですよ。

まだ16歳ですし、これからまだ伸びる可能性もあるかもしれませんね。

これから活躍しそうな俳優さんなので、覚えておいて損はないと思います。

 

今後の展開

杏子が壮一郎の保釈が却下された連絡を受けたところで、4話が終わりましたが、杏子は自分が前に進む為にも、夫である壮一郎の事件解決の為、林先生と手を組み、動き出すのではないかと予想できますね。

 

杏子の性格上、壮一郎に使われたとしても、それとこれとは別として自分と子供の未来の為、夫の無実を晴らし、壮一郎を陥れた人物を見つけ出して事件を解決に導くのではないかと思います。

 

そして、次週は多田の元カノが現れたり、壮一郎のライバルである脇坂の妻が協議離婚を依頼してくる事から、壮一郎の事件の真相が明らかになってくるのではないかと思います。