Pocket

 

3年A組ネタバレ動画

第五話までが放送された3A組-今から皆さんは、人質です-はなかなかの展開を見せているドラマですね。主演の菅田将暉さんはもちろん、生徒たちも注目すべき若手俳優たちがいっぱいです。

第五話はのあらすじや感想、そして今後の展開なども予想したいと思います。

 

見逃し動画はこちらをチェック

3年A組のドラマ全話フル動画を無料視聴する方法

 






ネタバレまとめ【5話】

3年A組の内容は複雑なので簡単に5話のネタバレ内容をまとめておきます。

まとめ
  • 内通者は逢沢であることが判明
  • 死んだと思われていた生徒が他の生徒と合流
  • 唯月はベルムズ岸の彼女でペンダントは岸からもらったもの
  • ペンダントの中身にはデータチップ
  • データチップの中にはベルムズの顧客リストが入っていた
  • 顧客リストの中に魁皇高校の教師「hunter」が記されていた
  • 魁皇高校の教師が黒幕として疑いをもたれる

感想【5話】

第五話では生徒たちは一颯の狙いを知ることになりました。このことで、自分たちの意志で学校に残ることを決めましたね。正直意外な展開でした。

というのも、高校生でこの人質の状況というのはきっと想像以上にきついものがありますよね。

しかし、一颯はやっぱり悪者ではないんだなと思うと、正直物足りないと思ってしまいました。

 

考えがあってわざと犯罪者になり、そして生徒の自殺の真相を知ろうとしていると思うと、やり方はどうであれ、「先生」として素敵ですね。

そして、五話では今田美桜さん演じる諏訪唯月がベルムズのリーダーから渡されたものにより、生徒たちもまた真実を知ることになりました。

ここにきてどんどん真実が明らかになってきている、それはそれだけ一颯に残された時間が短いことを表しているように感じました。

こんなにエキサイティングなドラマはなかなかありませんよね。

 

スポンサードリンク

あの生徒は誰?まいんちゃん?

3A組の生徒の中には気になった生徒が何人かいます。永野芽衣さんや川栄李奈さんなど、有名な人もいますが、実はこの子、こんなのをやっていたという意外な生徒さんを紹介します。

水越涼音役 福原遥さん

最近よくテレビで見るな~と思っていたのが福原遥さんです。実は彼女は元子役なんですね。

彼女は2009年~2013年までNHKEテレの子供向け料理番組「クッキングアイドル!アイ!マイ!まいん!」でメインキャラクターの柊まいんをしていたのです

。実写でももちろん、彼女はアニメパートの声優もしていました。

あれから、しばらく見ないなと思っていましたが成長したまいんちゃんという風な気持ちで見てしまいます。

子役の時から絶賛されていて、まいんちゃんを卒業するときはネットがざわつきました。

 

五十嵐の目的は?

一颯の協力者の五十嵐はどうして一颯に協力しているのかはまだ明かされていませんよね。

生徒にばれそうになっていましたが、スマホの表示画面がイニシャルだったこともあり、助かりました。

私の予想ではありますが、五十嵐は一颯の恋人の生徒の父親だという風に考えると、一颯に協力するメリットという点では合致しますよね。

多分、過去にもベルムズがかかわり生徒が死んでいる。警察ではどうにもできないからこそ、一颯に協力していそうですね。

 

スポンサードリンク

黒幕は誰?教師って本当なの?

第五話ではベルムズの顧客データを手に入れます。

そこで景山澪奈を陥れるためのフェイク動画を頼んだ人物が魁皇高等学校の教師であることと思われています。

単純に考えると怪しいのはある意味では武智大和さんですけど。

でもきっとドラマのセオリーからすると、意外な人物なんですよね。

 

もしかすると教師でないのかもしれません。

教師でないとちょっとおかしいので、元教師なのかもしれないです。

となると、警察(郡司)も結構怪しいですよね。

でも、相手が教師だからこそ、人質は生徒である必要があるということも考えられますね。

 

そして、先生がSITの武器を集めていたのも気になるところです。

その武器はいつか使う予定があるのでしょう。

武装した人間と戦うことになるのではないでしょうか?

 

つまり、学校の内部のつくりをよく知っている。

ケンカや戦いになれた人

と戦うことを想定している。

 

そんな人間が真犯人なのかもしれないですね。

今の教師の中に、戦いなれた人がいるのか、それとも戦いなれた元教師が相手になるのかではないかと予想します。

 

あらすじをネタバレ(長文)

武智先生がテレビ中継に出演するところから始まります。

ネット上では武智フルボッコになっているのも知らずに・・・

 

教室では、3年A組の先生(菅田将暉)が倒れている。

先生「すべてを打ち明けよう」

と言って苦しみながら倒れてからずっと起きていません。

先生の病気に気づいていた甲斐は他の生徒に責められる。

 

甲斐は唯月からベルムズ岸との関係を聞かれる。

甲斐「影山玲奈と同じ学校の俺が呼ばれただけ。何で知りたがんだよ」

唯月「別に」

 

すると、先生の携帯に電話がかかってくる。

「I」と表示される人物から。

それを手にした茅野が電話に出る。

向こうから話しかけてくる。

I「お前の計画通りかどうなってんだ?」

茅野の声を聴くとすぐ切る「I」

なぜなら、「I」は警察・五十嵐だから。

 

その間、他の生徒は先生が鍵を閉めて入れなかった美術準備室をこじ開けようとする。

男子生徒4人がかりでもあかないところを、魚住華(富田望生)がトライしようとする。

何度か体当たりすることで扉を開けることに成功

男子生徒「ビーストだ!」

華「ビーストって何?ビューティの最上級?」

 

先生の部屋を探す生徒たち。

中尾たちが見つからない。

部屋にあるハッチが怪しいけど、鍵が閉まって開かない。

 

すると、逢澤がみんなに注意する。

逢澤「やめた方がいいよ。その中にも爆弾が仕掛けられている」

なんでそんなこと知ってるの?と問い詰められると、逢澤が内通者と白状する。

逢澤「先生が自分に万が一のことがあったらお前がやれって」

爆弾のリモコンを持つ逢澤が、生徒を落ち着かせようと爆弾で脅す。

しかし、甲斐たちによって力づくで阻まれ、犯行できなくなる。

 

体育館では武智先生がクッキングの番組撮影をしようとしている。

そんな中、携帯を手に入れた生徒が親に連絡し、警察を呼ぶようにお願いする。

他の生徒はネットでメッセージを送り、生徒が無事であることを世に発信し始める。

そして、そこには重要なメッセージが・・・

「先生が倒れた」

 

ベルムズのアジトでは、郡司が岸に向かって協力者を白状するように言う。

郡司「フェイク動画の収入減は1つじゃないだろ。誰に頼まれたんだ!顧客リストあるだろ!」

そこに、柊(先生)が倒れたという情報が入る。

郡司「熱っぽいわ。今日帰るわ」

しかし戻ってきて岸をビンタする。

郡司「季節外れの蚊だな。季節は巡るんじゃないんだ。前に向かって進んでんだよ」

 

学校では死んだと思われていた生徒と、生存していた生徒が再会する。

しかし、待っていた生徒たちの顔がうかない。

なぜ、生徒たちがここに来れたのか疑問を持っている。

中尾「俺たちは学校から出るつもりはない!」

 

警察のところには保護者たちがすぐに学校に突入するように警察にお願いしている。

五十嵐は突入する気がなかったが、そこに1本の電話がかかってくる。

五十嵐「ですが・・・わかりました。SITの突入準備」

そして、SITが学校に突入することに。

 

中尾の発言に生徒のみんなが疑問を持つ。

中尾「みんなに話があるここに残ってくれないか?先生と一緒にここに立てこもってほしい」

そこで、中尾たちがどうして学校に残りたいといっているのか理由を話し始める。

そしてその理由はこういうことです。

  • 影山玲奈が殺された真実を探すこと
  • 誰が死んでもおかしくなかった
  • 事件はまだ終わっていない⇒進行中
  • 警察では加害者を特定できない
  • また犠牲者が出る
  • ネット上の力を使って犯人をあぶりだす
  • 先生は不治の病
  • 今回の事件は最後の授業

そう話すと生徒たちが、騒ぎ始める。

 

犯人はベルムズって半グレ集団と思われていたが、他に真犯人がいるということです。

そして、真犯人を見つける鍵を諏訪唯月が持っていると先生が言っていたということを伝える。

 

しかし、唯月は私関係ないしと出ていく。

ベルムズ岸は唯月の彼氏と知られているので、唯月に疑いの目が向けられる。

唯月はモデルの夢をかなえるために、ベルムズの店で働こうとしていた。

 

その時の事務所に言われた金額が200万円。

ぼったくりのような金額と思っていたが夢をかなえるためにどうしても必要だった。

だから、岸の女になることでベルムズで働くことになる。

 

唯月が岸に学校へ迎えに来てもらったときに、意味深なことを発言する。

岸「あの子、人気あるの?」

唯月「あたしは嫌いだけど。鼻につくっていうか」

岸「本当にいなくなったりして」

 

ベルムズの店で働いているときには、

岸「影山玲奈、自殺したんだって」

唯月「え、うん」

岸「あれって実は・・・やっぱいいや。プレゼント、大事にしてくれよ。(ペンダントを渡す)」

唯月「ありがと」

そんなやりとりがあったことを唯月は思い出す。

 

生徒たちが外に出るかどうかは、まだ話し合っている。

甲斐「影山の動画を渡したの俺だし」

と学校に残ることを決める。

しかし、瀬尾はそんな考えに真っ向から反対する。

 

唯月「1人になれる場所もねえのかよ。ブッキー長くないらしいよ
。病気だってもうすぐ死ぬみたい。」

茅野「うそ」

先生も茅野もみんな影山玲奈にこだわることに不満を持つ唯月。

唯月「なんでみんなあいつにこだわるの!」

そして、こんなことも言う。

 

(モデルになりたかったのかも)わかんない!

そもそも本当にかなえたかったのか、もうよくわかんない!

いろんなものを犠牲にして、失って、後戻りできなくなって。

あとは前に進むしかなくて、なんであんたにこんな話。

 

と唯月が茅野に言う。

 

体育館では武智先生のクッキングの放送が始まる。

その中で、速報が入り学校にSITが突入することを武智先生が報道する。

 

しかし、生徒たちはケンカしている。

爆弾を爆発させようとしている生徒たちに対して、

瀬尾「おれらも共犯になっちまうんだぞ。スポーツ推薦パーにしたくねえんだよ!今は正義感にかられるかもしれないけど、あとで絶対後悔するぞ」

という。

そこに唯月が帰ってきた。

そこに兵頭が唯月に質問する。

兵頭「警察にたてついてまでここに残る理由を知ってんの?おい答えろ!」

唯月「私は何も知らない」

兵頭「ほーらみろ!」

 

警察が突入したことに気づいた甲斐たちは爆弾のスイッチを押そうとする。

甲斐「いくぞ!」

そこに先生が来る。

先生「お前がボタンを押す必要はない」

 

先生「俺の話はどこまで伝わってる?」

ここから出たい生徒を聞くと、瀬尾を含めて何人か手をあげる。

しかし、その前に唯月に問いかける。

 

先生「岸が怖いか?名声を失うのが怖いか?」

唯月「そうだよ!!岸を裏切って地位を失いたくない!」

 

岸の力でお金もモデルとして成功することもできるので、今の仕事や環境を失いたくないと思う唯月。

フェイク動画のことを知らなかったということで、唯月は悪くないといい捨てる。

 

唯月「間違っていることくらいわかってる。こうやって生きるしかなかったから」

先生「お前は間違ってない!みんなお前と一緒だよ。

みんなみっともないんだよ!でもそれでいい!それがいい!

恥を繰り返して強くなるんだよ!

てゆうか恥もかかずに強くなれると思うな!

だから、諏訪お前のこれまでは誰が誰が何と言おうと絶対に間違っていない」

 

(唯月の目から涙が出てくる)

 

唯月「おかしいな。何で涙が止まらない。」

そこで、ペンダントを投げる。

割れたペンダントから黒いデータチップが出てくる。

唯月「岸から何も聞いてないけど、これが入っていて。重要な何かと思う。」

先生「お前の思い受け取ったからな」

 

パソコンにチップを挿入して、唯月を引き寄せて中身を見る。

なんとそれは、ベルムズの顧客リストだった。

生徒「ちょっと待ってこれ見てうそでしょ」

先生「もちろん背後に大きな力が働いているかもしれない!影山の死を無駄にしないために俺に協力してくれないか?」

瀬尾「さっき先生が言ってた迷ってもがいてダメだった時、傷ついて犯罪者の道になるんじゃないか?」

先生「すべて責任は俺がとる。これから証明してやる!」

 

SITが学校に潜入する。

先生が降りてきて、SIT前に立つ。

先生「警察のみなさん。そこまでです。生徒に情報を拡散させたのは私です。全ての武器を置いてここから撤退してください。」

ここで、先生の調子が突然悪くなる。

これを好機にSITが突入しようとすると、近くの爆弾を爆破させる。

先生「ご安心ください。隊員の皆さんは無事です。次は本当に真上の爆弾を爆破させます。」

五十嵐「武器を捨てて撤退だ。」

今回の先生の動きを見て、生徒たちはすべての責任を先生自身のせいにしていることが分かった。

 

そして、これから重要な情報をSNS上にのせると発言する。

警察やネット上の人間が、SNSに注目する。

先生「それをご覧になれば、皆さんの考えが変わるかもしれません一体僕が何をしようとしてしているのか、レッツシンク!」

顧客リストがSNSにばらまかれる。

 

《ネット上の反応》

影山玲奈は殺された!

フェイク動画撮影の依頼者は魁皇高校の教師!

ハンドルネームが「hunter」

一体だれだ!

 

その間、先生はSITの武器をかき集める。

 

続く・・・

スポンサードリンク

第六話の展開は?

景山澪奈を死に追いやった動画を作成を依頼したのは魁皇高校の教師でした。

一颯は生徒の生存をSNSでアップさせます。そして教師たちに言います。

20時までに動画を依頼したのを名乗り出なければ教室を爆破すると宣言。

驚きを隠せない生徒たち。果たして教師は名乗りでるのか?

生徒たちの運命はいかに?

 

まとめ

本当にこのドラマは見所がいっぱいですよね。見ていてわくわくしてしまい卯月ます。

最終的に一颯も生徒たちも景山澪奈の死の真相にたどり着けるのか?

第六話も楽しみです。