Pocket

トレース科捜研の男の無料動画を視聴する方法

「トレース科捜研の男」の第5話が放送されました。

あらすじのネタバレや感想をまとめていきます。






読みたいところをクリックすると読めます

あらすじ

18年前 誘拐事件発生 当時生後半年だった優が誘拐された。

誘拐犯からの要求通り公衆電話に3000万を置き、誘拐現場のコテージへ向かう両親。

優を探す両親だが、ドアの向こうに血。ドアを開けると犯人が刺されて殺されており、優もいなかった。

 

2019年

山道で殺害遺体が発見された。被害者は海東奈津美

 

虎丸は被害者のものとは違う髪の毛を発見し、真野らに鑑定を頼む。

おそらく犯人だろうとされる

 

その髪の毛は過去の事件の被害者のもので、18年前誘拐事件でそのまま行方不明になっていた優のものと判明

 

 

18年前 買い物途中に母親が少し目を離したすきに島本優が誘拐された。

誘拐犯は神崎徹、暴力団の準構成員で身代金3000万も消えていて、犯人が殺された理由もわからず、優も戻ってはこなかった。

 

18年間娘を探す為にずっとチラシを配り続ける両親。

警察が現れ、優が接触してきたら連絡して欲しいと伝える。

 

まさか優が、きっと何かの間違いだという母親と

正直あきらめかけていました、生きていたんですねという父親。

 

優の行方が分からない中、海東奈津美が18年前に住んでいたのが、誘拐事件があった町だと判明。 

 

鑑定の結果、遺体のそばにあった毛髪20本すべて優のものだった。

優が犯人と納得できないノンナ

 

真野は海東奈津美の着衣にぽけっとに土が入っていたことに気づく。

山に捨てられただけではそんなところに土は入らない。

ノンナと現場へ行き、掘られた形跡を発見。

被害者は一度土に埋められた可能性があるとして、土を持って帰った。

ここから海東奈津美の髪の毛や血痕は発見されれば一度埋められたことが証明できる。 

 

海東奈津美には神崎との子供を中絶した経験があった。その際に子宮がんが発覚し、二度と子供がうめない体になってしまった。そして海東奈津美の家から包丁が発見され、18年前の誘拐事件で神崎を殺したのは海東奈津美で、優を連れ去り、3000万を取ったのではないかと警察が疑い、真野らに包丁の鑑定を依頼する。

 

 

そんなとき、優が海東奈津美の殺害を認めて出頭してくる。

石で頭を殴り凶器は川へ捨て、レンタカーで遺体を運んだと供述し、鑑定の結果優の証言が立証された。

 

18年前の誘拐さえなければ幸せな家族でいられたはずなのにと思うノンナだが、親子鑑定の結果、優は母親の子供ではあるが、父親の子供ではなかった

 

真実のかけらはまだどこかに残っている

 

優はわざと遺体の近くに自分の髪の毛を抜いて置いていった可能性が出てきた。

それは何のためか

 

優は児童養護施設の足の悪い上野郁子に育てられていたが、警察は海東奈津美を殺害したのは本当は郁子なのではないかと疑う。そして優は育ての親である郁子をかばっているのではないか。

 

優の部屋を臨場したいと真野が虎丸に申し出る。

 

優は一度遺体を埋めて3日後掘り起こした。

身代わりなら最初から発見されやすいところに遺体をすてればいい

優には他に目的があるのかもしれない。真野はそう考えたのだ。

 

臨床の結果、優の部屋からは両親が配っていたビラが見つかった。

優の両親がノンナの元へ現れた。

 

母親は、自分が神崎に優を預けたと言う

学生時代に付き合っていた神崎に、当時脅されて体の関係を迫られていた。当時の写真を夫の勤め先である学校にばらまくと脅され、再び体の関係を迫られたのだ。そのときできた子供が優だった。

誘拐は偽装で、3000万渡したら優は帰ってくるはずだった。

 

その事実を知った父親は、最初から女の子が生まれたら名前を優にすることを決めていた。優しい子になってほしいと自分が名付けたのだ。

誰が何といおうと俺の子だ。18年間辛かったな、お前の苦しみに気づいてやれなくて悪かった。と母親に言った。 

 

海東奈津美は郁子の施設で優を引き取ってほしいと頼む。郁子は当時施設が経営難だったため、優を引き取る代わりに3000万を海東奈津美からもらっていた。そのことで海東奈津美から脅されていたのだ。その口論をたまたま優が聞いてしまった。その際優は自分の出生のことを知る。

 

郁子は海東奈津美を殺害したが、足が悪かったので、出生の秘密をばらすと優を脅して死体遺棄を手伝わせた。

死体を土に埋めてから優はビラ配りをしていた両親を見つけた。優は両親に声を掛けようとしたが、二人には小さい子どもがいた。その幸せを優は壊したくなかった。

 

優は郁子をかばったわけではなく、郁子が捕まったあとに母親の過去が世間にバレることを避けるために、優は自分で全ての罪をかぶったのだ。

だからあえて遺体を見つかりやすい場所へ移動し、自分の髪の毛を落としておいたのだ。

 

優は全てを自供し事件は解決した。

死体遺棄の罪はあるが執行猶予は付くだろう

 

あの家族なら乗り越えられる

  

優と両親が再会

 

優は、いい名前で良かった。ありがとうお父さんお母さんと言って3人で笑いあった。

 

 

 

 大人になった後のユウちゃんを演じていたのは山本舞香さんでした。

山本舞香のトレース出演の評判は?ドラマやCMはかわいいけど性格は?

感想

まさか行方不明の幼児を容疑者として考えるなんて、おかしな話でした。

そんなわけないのに・・・

でも、それだけ手掛かりがなかったんでしょうね。

警察は情報がないと、ありえないことでも真面目に取り込むのを描写するのはちょっと微妙ですね。

 

それにしても優のお父さんはできた人でしたね。

同じような立場なら、発狂して奥さんを責めちゃう気がしますね。

 

今までにいうときは何度でもあったはずだったけど言えない・・・

奥さんが言えない気持ちもわからないことはないですが。

う~ん、やっぱりどっちもせつないですね。

 

ネット上の感想

 

スポンサードリンク

視聴率

  • 1話:12.3%
  • 2話:11.8%
  • 3話:9.6%
  • 4話:11.0%
  • 5話:10.0%

まとめ

今回も無事事件を解決していて、よかったぁって思える内容でした。

そして、5回の最後に真野のお兄さんのことで電話がかかってきていました。

あれがすっごい気になります。

予告シーンでも真野が殴られていたし・・・

早く次回6回が見たいところです。

楽しみに待ちたいと思います。