Pocket

 

小さな独裁者は、2017年の第65回サンセバスチャン国際映画祭で撮影受賞し、ドイツ映画賞2018では、音響賞受賞・作品賞など、4部門でノミネートされている有名な作品です。

そんなサスペンスと衝撃が繰り広げられる実話が、なんと!

映画化され、日本上映されるというので、気になっています。

そこで、今回は小さな独裁者のあらすじやキャスト、公開日などをお伝えしていきたいと思います!






読みたいところをクリックすると読めます

あらすじ 

時代は、1945第二次世界大戦末期のドイツが舞台となっています。

1人の若い兵士であった主人公ヴィリー・ヘロルトは、自軍の敗戦を悟り、このままではこの戦いで命を落とすと恐れていた。

 

敵に追われながらも命からがら逃げ続け、そこで見つけた運命を変える瞬間に出くわす。

それは、乗り捨てられた1台の車の中に食料と綺麗に畳まれた将校の軍服!

ヘロルトは導かれるかのように、軍服に手を通した。

靴を履き替え、軍帽をかぶり、軍服のボタンをしめると・・・

みすぼらしかった一兵卒のヘロルトとは違い、立派な軍人へと生まれ変わった。

 

この運命が変わった瞬間から、ヘロルトは使われていた一介の兵士から、人を使う側になり、出会う兵士たちを次々と服従させていった。

 

信念に従い、命令に従う兵士たちを見て、ヘロルトは権力の味を占めてしまう。

その結果、闇の心に支配され大量殺戮へと歩み始めてしまうのであった。

 

 

キャスト

主人公となるヴィリー・ヘロルト役に、マックス・フーバッヒャー

2009年に、Bold Heroesで映画デビュー。

2012年には、Schweizer Filmpreisで主演俳優賞を受賞。

その後、シューティング・スター賞も受賞している俳優です。

また、その他の出演作としましては・・・

2011年、Der Verdingbub

2012年、The Foster Boy

2013年、リスボンに誘われて

2015年、まともな男

などにも、出演しています。

現在、26歳という若さでの大活躍ぶりが伺えますね。

 

そんな若き俳優の周りを彩るキャストは・・・

 

フライターク役に、ミラン・ぺシェル

2012年に、バイエルン映画賞で主演男優賞を受賞。

その他の出演作としましては・・・

2011年、コッホ先生と僕らの革命

2014年、ノンストップ・バディ 俺たちには今日もない

2015年、僕とカミンスキーの旅

2018年、5人の友人 恐竜の谷で

などにも出演しています。

 

キピンスキー役に、フレデリック・ラウ

2008年に、ドイツ映画賞。THE WAVE ウェイヴで助演男優賞を受賞。

2015年に、ドイツ映画賞。ヴィクトリアで主演男優賞を受賞。

その他の出演作としましては・・・

2011年、ラコニア号 知られざる戦火の奇跡

2012年、コーヒーをめぐる冒険

2017年、グッドランド

などにも出演しています。

 

数々の賞を受賞している俳優がたくさん出ていることもあり、見応えある映画となっていることでしょう!

 

スポンサードリンク

映画公開日 

そして気になる映画公開日ですが・・・

201928日〈金〉

公開となっています!

 

公開間近ということもあり、気持ちが高ぶりますよね。

第二次世界大戦末期ということもあり、教科書で読んだことしかわからず想像の世界・・・

という現代人にとっては、歴史を知るきっかけとしても良い作品になっているのではないかと思います。

親子そろって劇場で鑑賞されることも、年齢層に応じた違う思いを感じることができそうですね。

 

 

まとめ 

小さな独裁者について、お伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

 

ドイツの代表的な人物として、ヒトラーを想像するような独裁者へと変貌していく若き兵士に注目が集まりそうです!

また、映画ではあるけれど、実話である!というところにも、ポイントをおいて鑑賞することで考えさせられることが出てきそうな作品ですよね。

「権力」と「人間の弱さ」が描かれていますので、現代社会の在り方を考えさせてくれる作品ではないかと私は思います。

是非、この機会に、劇場でご鑑賞下さい!