Pocket

 

2019年3月15日に映画「君は月夜に光り輝く」の公開が決定しました。

主演は永野芽郁さんと北村匠海さん。

今話題の女優さんと俳優さんが、織りなす切ないラブストーリー。

この作品は、2017年に小説家・佐野徹夜さんがデビューした記念すべき作品なんです。

今回は小説「君は月夜に光り輝く」のネタバレをチェックします。

 







映画「君は月夜に光り輝く」の原作のあらすじ・ネタバレは?

今回の主演は北村匠海さん・・・切ない映画「君の膵臓をたべたい」で2017年、主演をつとめ話題になった俳優さんです。

そしてもう一人の主演女優、永野芽郁さん。

永野芽郁さんは、NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い」で有名な女優さんですよね。

果たして今回、話題の俳優さんが演じる映画「君は月夜に光り輝く」とはどんな内容なのでしょうか?

1、難病の少女と主人公の出会い・・・お互いの目的は?

主人公・卓也(北村匠海)は、高校生なのに死について深く考える辛い経験をし、毎日を過ごしていました。

そんな毎日の中、卓也には気になる出来事があったのです。

それは卓也のクラスに、病気でずっと欠席している女の子「まみず」がいる、ということ。

その女の子、まみず(永野芽郁)にクラスの代表として、励ましの【寄せ書き】を、卓也は持っていくことになります。

病室に訪れ、まみずの真っ白な肌に驚いた卓也。

まみずの病気は【発光症】というものでした。

その病気は、治療法が今だはっきりとわかっていない難病だったんのです。

10代から20代前半に突然発症するその病気。

そしてその【発光症】は、かかってしまうと死亡する可能性が高い病気なのです。

【発光症】という名称が付いた理由は、皮膚に異変が起きることが原因でした。

月の光に反応して「肌が発光する」という珍しいこの病気のせいで、まみずは真っ白い肌をしていたのです。

クラスの皆からの寄せ書きを渡すだけのつもりだった卓也。

しかし、まみずにこれからも会ってほしい・・・と言われます。

その願いから、まみずの病室に訪れるようになる卓也。

そして会った時に、まみずは卓也にお願いをするのでした。

最初はポッキーを買ってきてほしい、などの他愛のないお願いだったのですが・・・。

まみずの願いは

「外に出れない自分の代わりに願いを実行して、感想を聞きたい」

というものでした。

中には面倒な願いもありましたが、卓也は丁寧にその願いを聞いてあげます。

卓也は、過去に姉を交通事故で亡くす・・・という辛い体験がありました。

その体験から、姉の「メイコ」にまみずを重ねてしまっていたのです。

メイコの本当の死因は「自殺」かもしれない・・・と思っていた卓也。

まみずと一緒にいることで、メイコの死の謎が解けるような気がしていたのです。

2、まみずの心を癒していく卓也・姉の死に謎は解ける?

まみずの願望をかなえていく卓也。

そんな中、まみずは「父親に会ってほしい」と、卓也に頼みます。

まみずの両親は離婚していました。

そしてまみずは

「離婚したのは私の病気のせいかもしれない・・・」

と、悩んでいたのです。

まみずの父親の居場所をさがして、会いに行く卓也。

父親に事情を聴くと、離婚の原因はまみずの病気のせいではありませんでした。

仕事の資金繰りで困った父親は、離婚してどうにかまみずに迷惑をかけないようにしていたのです。

その真相を知って安心した卓也。

また父親とまみずが連絡をとれるように橋渡しをするのです。

そんな時、卓也は姉であるメイコの遺品をみつけます。

遺品であるその本には「中原中也」の【春日狂想】という詩がありました。

その中の一節に、赤ペンがひかれていて、思い悩む卓也。

その詩は・・・

「愛するものが死んだ時には、自殺しなきゃあなりません。」

という、死について考えさせられる内容のものだったのです。

メイコの死が「自殺」かもしれない・・・と確信に近づいていく卓也でしたが・・・。

残りの命を一生懸命に生きているまみずに、どんどんと惹かれていくようになるのです。

3、卓也とまみずの恋はどうなる?物語の結末は?

まみずが懸命に生きている中、無情にもタイムリミットは刻々と近づいてきました。

まみずを愛した卓也。

そしてまみずもまた卓也を愛します。

月夜にどんどんと発光して、青白く光り輝くまみずを抱きしめる卓也。

それはまるで

「発光を自分の体で押さえつけたい」

と、いうような卓也の行動でした。

しかし、まみずは亡くなってしまいます。

お葬式をし、まみずの遺体は火葬されることになりました。

その火葬されたまみずの【煙】が、火葬場の煙突から月明かりに光りだしたのです。

その青白い美しい光は、卓也の心にずっと光り続けるのでしょう・・・。

その後、メイコが残していた中原中也の詩の全文を読んだ卓也。

その詩のテーマは

「愛する者が死んでも、残された者たちは手を繋がなければならない」

と、締めくくられていたのです。

この詩の全篇を読み解いて

「やっぱり姉さんは事故死だったんだ・・・」

という答えにたどり着いた卓也。

愛するまみずが死んだ今、まみずを慈しむ人たちと力を合わせて

「生きていこう」

と誓うのです。

まとめ

今回は映画「君は月夜に光り輝く」の小説原作のあらすじネタバレを紹介しました。

この切ないストーリーを、永野芽郁さんと北村匠海さんの出演で観られるのは嬉しいですね。

とても美しく儚いラブストーリーになると思います。

高校生の卓也とまみずだからこそできた、純粋な恋愛。

ただ愛している、というだけでこんなにも胸を締め付けられて、涙を流さずにはいられません。

映画「君は月夜に光り輝く」は2019315日、公開予定です!