Pocket

君は月夜に光り輝く

2019年3月15日に公開されることが決定した

映画「君は月夜に光り輝く」。

この作品は、小説家・佐野徹夜さんのデビュー作。

主演は永野芽郁さん・北村匠海さんのW出演です。

今回は学生の【春休み】に合わせた公開になっています。

しかしこの映画のタイトル「君は月夜に光り輝く」って不思議なタイトルですよね。

いったいどんな内容の映画なのでしょうか?

今回は映画「君は月夜に光り輝く」のタイトルの意味や由来、原作者・佐野徹夜さんのその他の作品も紹介します。






「君は月夜に光り輝く」のあらすじは?ネタバレあり

主人公・卓也(北村匠海)は、姉を若くして交通事故で亡くした辛い経験がある高校生。

そして卓也のクラスには、病気でずっと欠席している女の子がいました。

その女の子、まみず(永野芽郁)にクラスの代表として、励ましの【寄せ書き】を持っていくことになった卓也。

まみずの病室に訪れた卓也は、まみずの真っ白な肌を少女だったことに驚くのです。

まみずの病気は【発光症】というものでした。

その病気は、治療法まだはっきりとわかっていない難病。

10代から20代前半に突然発症するその病気は、大人にならずして死亡する可能性が高い病気です。

【発光症】と言われる理由は、皮膚に異変が起きるため、月の光に反応して肌が「発光すること」なんです。

今回の訪問から、まみずと卓也は頻繁に会うようになります。

卓也はまみずに、亡くなった姉「メイコ」を重ねました。

まみずといることで、メイコの死の真相がわかるような気がしたのです。

まみずは自分が外出できないので、卓也に自分のしたかったことを伝えます。

その1つ1つを卓也に実行してもらって、感想を聞き、自分も達成感を感じれたら・・・というまみずのお願いでした。

最初はポッキーが食べたい・・・と、小さな願いから始まったまみずの願い。

その願いは、どんどんと大きなものになっていくのです・・・。

その願望をかなえていくうちに、まみずの両親の離婚問題にも関係していくことになる卓也。

自分の病気のせいで両親が離婚したのでは・・・と悩むまみずでした。

しかし離婚の原因はまみずの病気のせいではなく、仕事の事情があったためだったのです。

そして卓也の仲介で、また父親と連絡が取れるようになったまみずだったのでした。

まみずの色々な願いを叶えているうちに、姉・メイコの遺品の本を見つけた卓也。

その本には「中原中也」の春日狂想という詩があり、赤いペンで線をひかれていたのです。

そこにはこんな詩が、書かれていました。

「愛するものが死んだ時には、自殺しなきゃあなりません。」

この赤くひかれていた言葉に、姉の死の意味を考え出す卓也。

その意味も考えつつ、まみずと過ごす時も経ち・・・。

まみすの体が夜になると強く発光するたびに、卓也はまみずを愛しく思い、切なくなっていくのです。

「君は月夜に光り輝く」のタイトルの意味や由来は?

不思議なタイトルで、初めて映画の名前を聞いた方は

「?どんな話だろう?」

と、思うかもしれません。

この不思議なタイトルの由来は

「まみずの発光症という珍しい病気」

だったのです。

しかし、その意味や由来は、病気だけとはいいきれません。

まみずがどんな女の子で、どれだけ人を大事に思っている女の子か、どんなに優しく思いやりのある女の子か・・・。

そして

「誰よりも生きたい女の子であった・・・」

と、月夜に輝くまみずの姿、生きているときも死んでいるときも。

卓也はそんなまみずを愛していた・・・。

そんなテーマが、この映画タイトルの意味に繋がっているのです。

スポンサードリンク

原作者・佐野徹夜のその他の作品は?

原作者である佐野徹夜さんの代表作は、やはり今回の映画になった小説

「君は月夜に光り輝く」

です。

第23回電撃小説大賞の大賞を受賞した今作品は、非常に高い評価を得た作品。

2017年に発表され、すぐに映画化が決定したこの小説が

【作家・佐野徹夜の代表作】

と、言われています。

この「君は月夜に光り輝く」の次の作品は、この2作になります。

「この世界にiをこめて」

退屈な高校生活を送る主人公のもとに、1通のありえないメールが届きました。

その内容は

「現実に期待なんかしてるから駄目なんだよ」

と、書かれていたのです。

差出人は吉野紫苑。

彼女は半年前に亡くなった、主人公の友達・・・そして小説家でした。

「アオハル・ポイント」

人の価値が

「ポイントのように目に見えたら・・・」

という発想からうまれたこの作品。

ルクスだったり、学力だったり・・・で人間は価値観が決まってしまうの?

そのポイントがある日見えるようになった主人公。

クラスに低めのポイントを持つ、春日唯という少女を発見し・・・。

退屈で憂鬱な毎日の【分岐点】のような作品です。

まとめ

今回は映画「君は月夜に光り輝く」について紹介しました。

原作者の佐野徹夜さんも、変わったペンネームですよね。

このペンネームも由来があって

「小説を書くことときは【徹夜】が多い」

からだからそうです。

ネーミングに由来などを込める作者ですから、タイトルも深く、感動する意味が込められています。

今回の映画「君は月夜に光り輝く」も、繊細な年代の心情を巧みに表した、感動の物語になっています。