Pocket

 

後妻業第2話なのに、いきなり【殺人】が起こってしまうというサスペンスコメディ?

ドラマ「後妻業」。

今回は詐欺師まがいの犯罪を犯している小夜子が、とうとう旦那である耕造を殺害してしまいます!

いったいどんな方法で?

そのいきさつは?

今回はドラマ「後妻業」第2話のあらすじとともに、小夜子の犯罪について注目してみました。

 






第2話のあらすじは?

前回のおさらいは、こんな感じでした!

金持ちの老人、耕造(泉谷しげる)と結婚した小夜子(木村佳乃)が、脳梗塞になった耕造を入院させます。

耕造が意識不明なのをいいことに、耕造の財産を全部奪い取る計画を立てる小夜子と柏木・・・。

柏木(高橋克典)は小夜子とバディを組む、結婚相談所の所長です。

柏木が金持ちの老人を小夜子に紹介して、遺産を折半する仕組みになっています。

しかし耕造は娘が2人いて、小夜子の邪魔をしそうな雰囲気・・・。

今回、小夜子はどうやって2人の娘を煙に巻き、遺産を手に入れるつもりでしょうか?

そして第2話は、耕造のマンションから始まります。

第3話のあらすじ

計画実行が近づく

鍵屋が金庫の鍵を開けている間、だるそうに待っている小夜子と柏木。

金庫があいて、中を確認してみると・・・。

なんと、中には4000万相当の財産が入っていたのです。

色めき立つ小夜子と柏木ですが、銀行が本人でないと口座の解約ができない、というのです。

そのうえ、耕造の容態が良くなったので転院をすることになって、焦った小夜子。

しかし耕造は話ができるまでは回復していないので、今のうちに小夜子は口座を解約する計画を立てるのです。

耕造が転院する説明が主治医からある・・・と娘2人を呼び出した小夜子。

主治医と娘が話している間に、銀行の担当者を耕造に会わせて、まんまと娘に隠れて口座の解約に成功しました。

お金が手に入った途端

「今夜仕上げるわ・・・」

と、次の計画をたてる小夜子を知らずに、娘2人は介護の擦り付け合いをしています。

実家をもらっている姉は、専業主婦で忙しい・・・と、東京に住む妹・朋美に耕造を引き取るように言います。

しかし朋美(木村多江)も仕事が忙しくて、耕造の引き取りを拒否します。

そんな娘2人をしり目に、夜中の病院に忍び込む小夜子なのです・・・。

小夜子の犯行は?ドラマだからできる危ない綱渡り

夜中に耕造の病室に入った小夜子の右手には注射器があります。

昼間に、柏木と耕造を殺す計画をたてた小夜子・・・。

その計画は、耕造の静脈に空気を注入すれば、心臓がとまる・・・というもの。

点滴の跡が多い耕造のなので、犯行に使った注射器の跡もバレることはない・・・と柏木は言います。

そんな言葉を思い出しながら、犯行におよぶ小夜子。

おそろしいですね。

犯行が終わった後も、慌てることなく冷静な足取りで、ゆったりと小夜子は帰っていきました。

耕造の死!その後にとんでもないことを言い出す小夜子!

耕造の病院から連絡があり、家族が集まります。

耕造が亡くなった・・・と耕造の遺体を奪い合う朋美と小夜子。

しかし、朋美が1人になった途端、小夜子は本性をみせるのです。

「耕造さんの遺産は、全部ウチのもんや!」

と、小夜子は堂々と公正証書をみせるのです。

その公正証書には小夜子は「内縁の妻」と書かれています。

その小夜子の行動を見て、朋美から頼まれていた探偵の本多(伊原剛志)は

「小夜子が殺したのでは・・・?」

と、いうのです。

耕造を殺したことを絶対に暴いてる!と息巻く朋美。

しかし、小夜子はもう次のターゲットのもとに、動いているのでした・・・。

スポンサードリンク

ネット上の感想

他にも旦那が増えるって話ですよね。

それだけ頑固な老人をコロコロ転がせる後妻業の女。

さすがですね~

 

 

木村佳乃さんの関西弁が下手って言われてますが、わざとコントっぽいことをしてるのかもしれないですね。

 

 

同じ題材の作品を見ると、どうしても前作と比べてしまうんですよね。

特に前作が好きな場合は、新作で変わったことすると受け入れられないってことが多いです。

別の作品として楽しめればいいですね。

 

 

高橋克典さんもかなり渋くなってきましたよね。

でも、白竜に見えるようになるとは、さすがの貫録を感じてきます。

 

 

宮本さんの歌いいですよね。

どういった演出の時に、どんな歌詞の部分を聞かせるのかもしっかり考えてます。

前作との違いを批判されることも想定済みなんでしょう。

そのあたりで違いを出してきそうですね。

第3話以降も期待できそうです。

 

あと、今回普段から注射しているからといって空気注射したからといっても、少しでも事件性があれば、注射跡までしっかり見るでしょうね。

空気注射後の時間のたたないうちに亡くなってしまうと、肌の再生能力がなくなるので、おそらく注射跡が何かおかしいと気づきそうです。

今回のように娘が騒ぐようなことがあれば、遺体を調べて殺人容疑で捜査される可能性が結構あると思います。

もし今同じような手を使おうと思っても、現実的には使えない手法ですね。

 

まとめ

今回はドラマ「後妻業」第2話のあらすじと小夜子の犯行について紹介しました。

注射器を持って病院に忍び込む小夜子・・・コワイですね。

しかし現代の医学での解明では、空気注射で死に至るのは難しい・・・という説もあります。

空気で無理やり体内に血栓を作るわけですから、恐ろしい殺し方です!

※空気の注射は、危険ですので絶対真似しないでください!!

この方法で耕造がスムーズに死んでしまったのは、ドラマだからできたエピソードですね!

そして娘の朋美も、内縁の夫が浮気したり、探偵の本多はプライベートがうまくいっていなかったりで、雲行きが怪しい展開になっています。

ドラマ「後妻業」の第3話は、続々と小夜子の過去の犯罪がバレる展開。

朋美や本多はどう動くのでしょうか?

 

スポンサードリンク

次回3話予告動画