Pocket

 

グッドワイフ 

今回の第3話では、電車が脱線事故を起こし運転手だった男性が亡くなっ事から遺族が過重労働でこの事故は起こったとし、鉄道会社に対し賠償金を求める弁護を担当する事になった蓮見杏子。

その裏で動いていた人物が意外な人でした。






事故は何故起こったのか?

 鉄道の事故は、過重労働によるいねむり運転が原因だとし、鉄道会社に対して慰謝料1億円を請求する弁護を担当する事になった杏子。

 

勤務時間などを記載している手帳を亡くなった夫の妻から見せてもらい、確認していく中でORという記号を見つけました。

そして、他に過重労働をしていた人は居ないか調べていく事になり、退社した人を含め事情調査をしていました。

 

大きな事故ではなくても、何か過重労働によるミスなどは無かったのかという事を朝飛が、SNSなどで検索すると、オーバーランをしたというミスが何件か見つかり、そのオーバーランが起こった日にちと手帳に記載のあったORの記号がある日にちが一致した事から、この記号はオーバーランの記号であり、横の名前はオーバーランした運転手の名前であるという事を導き出しました。

 

その後の聞き取り調査などをしていく中で、鉄道会社社長は、過重労働があった事を認め、慰謝料1億円を支払う事に承諾しました。

 

あっさり認めた鉄道会社社長の態度から何かおかしいなと感じる杏子。

 

この事件を担当した頃、杏子は壮一郎の面会へ行っていました。

 

夫、蓮見壮一郎への面会

 杏子は、義理のお母さんから、壮一郎に差し入れを持って行って欲しいと頼まれ、壮一郎の面会へ行くことになりました。

 

その際、前回怒ったことなど、壮一郎から謝られた杏子は、自分もちゃんと壮一郎の話を聞いてあげられていなかった事に対して悪かったという気持ちが芽生えます。

 

そして子供達の話になり、昔子供が自転車の練習をしてた頃の話の中で何度も失敗して乗れなかったけど、実は自転車が壊れていて乗れなかったという事を笑いながら話していました。

杏子は初めて面会で笑えるようになっていた事を嬉しく思います。

 

少なからず、夫に対しての信頼が少し回復した場面のように見えました。

 

これから突き放すのではなく、寄り添う事を決めたという感じがしましたよね。

 

スポンサードリンク

事件の本当の真実

杏子と円香は、事故現場で花をお供えするホームレスの男に遭遇します。

その人は、事故現場の高架下に住んでいて事故当時の電車のクラクションが忘れられないという事を、話していました。

そして、杏子は重大な事に気づきます。

 

そもそも、過重労働の居眠り運転が原因の事故だとしていましたが、居眠りしている人がクラクションを鳴らすかと言うことです。

面会の時に壮一郎と話していた自転車の話を思い出し、実は電車のブレーキが壊れていたのではないかという事に気づきます。

 

この事件には、過重労働の裏にブレーキが壊れている事をしりながら走らせていたという鉄道会社の隠ぺいが隠れていた重大な事件だった事に気づきました。

 

見事に見抜いた杏子でしたが、翌日の報道でこの隠ぺい事件に関わっていたのが、壮一郎のライバルである脇坂がかかわっていた事が内部告発により発覚したとニュースで見て、杏子は固まります。

 

実は、この事件は、依頼主から杏子ご指名での依頼でした。

杏子は、その依頼主に、誰から自分の事を聞いたのかと尋ねに行く事に。

 

この弁護を蓮見杏子に依頼を手回しした意外な人物とは? 

杏子に弁護依頼をするように根回ししていたのは、壮一郎の顧問弁護士である林だったという事実がわかりました。

 

ここで、全てが壮一郎の仕組んだ事だと気づきますよね。

どこからが?と思いますが、私は全てだと思ってます。

杏子が壮一郎のお母さんに頼まれた差し入れを持って行った所から、実は壮一郎が仕組んでいたとすれば、全て辻褄が合います。

 

そして、面会時にあえて自転車の話をして杏子に気づかせたという事だと思います。

 

壮一郎と林先生が面会中、手は打ってあるという話もしていましたね。

 

恐らく、今回の内部告発も壮一郎と林先生が仕組んだ事だったと思われます。

 

せっかく信頼しようと思い始めていた杏子にとっては、かなりショックな出来事だったでしょうね。

 

自分たち家族のことより、脇坂を失脚させる事を選んだようにも感じられます。

 

そして、最後のシーンでは、そんな杏子を抱きしめる多田さん。

 

多田さんが忘れられない人とは、やはり杏子だったのでしょうか?

 

何かと気にかけていますし、同期で沖縄で買ったシーサーの置物の一つをあげたりと意味深な行動は以前からありましたよね。

 

来週予告では、多田が壮一郎の面会へ行くシーンもありましたが、そこで多田が何を言うのかもとても気になります!