Pocket


僕の初恋を君に捧ぐ

ドラマ「僕の初恋を君に捧ぐ」の第2話が放送されました。

このドラマは原作がとても有名で、ファンが大勢います。ですから、映画化されたことも賛否両論があったのはいうまでもありません。

ですが、昔から気になっていることがあったので今回のドラマ化と一緒に考えたいです。

 






2話あらすじ

逞と繭は仲直り

僕の初恋をキミに捧ぐ2話あらすじ

逞(野村周平)と繭(桜井日奈子)は、学校の屋上で律(佐藤寛太)に説得されます。

逞と繭はこれで友達に戻ることができ、一段落することに。

ほっとした律は、繭の友達の結子(矢作穂香)に2人が友達に戻ったことを説明。

結子はよかったぁと思います。

話の中で、仲良くなったついでに律の家でと一緒に遊ぼうよということに。

友達の聡美(福本莉子)もつれて、仲の良い友達で律の家へ遊びに行きます。

逞と繭の関係がこじれていたとは思えないほど、みんなで和気あいあいとお菓子を食べながら盛り上がっていました。

そんな楽しいひと時を過ごしていると、昂(宮沢氷魚)が帰ってきます。

そこで、逞と繭が一緒に同席している事に昂は驚く。

「(なんで)・・・」

昴は混乱してしまいます。

場の雰囲気を壊して、空気を読めない男にならないように昴はみんなのいる場所では何も言いませんでした。

みんなが帰った後に、

昴「事情を説明しろ!」

律「2人は友達になった」

と聞いて、昴はこのままで済ませる気はない様子です。

逞と繭が2人きりに

律の家から帰る途中に、逞と繭を2人きりにするために結子は気を遣うのでした。

友達になることになった2人ですが・・・

繭は今でも逞が好きなので、楽しい時間を過ごしてほしいという優しい気持ちで送り出します。

2人きりになって小さいころの話をして楽しんでいるところに、すれ違ったカップルに写真を撮ってほしいと求められました。

カップルの写真を撮った後に喜ばれた後に逞と繭の写真もどうかと聞かれますが、友達なのでと断ります。

せっかくだから撮りたいと繭は思っていたでしょうに。

病気の進行具合を聞く

僕の初恋をキミに捧ぐ2話あらすじ

逞は病気の定期検査のために、両親と病院に来ていました。

結果を聞くまでドキドキしていましたが、先生から病状が安定していることを聞いて両親とともに安心する逞。

心臓病の病状が進行していたら、学生として生活できるのもあとわずかとなってしまうところでした。

逞が病院で検査結果を聞いているころ、繭は弓道場で練習していました。

そこに昴が近づいてきました。

繭が昴に気づき、向き合うと昴は繭にこう言いました。

昴「逞が好きなのか?」

繭「好きだよ」

昴「死ぬからやめておけ!」

と言います。

すると、突然パチーン!

繭は逞をけなされたと感じ、昴にビンタします。

大好きな逞を仲間外れにされたような寂しい気持ちになってしまい、昴のことは絶対に許せないものでした。

球技大会にて

僕の初恋をキミに捧ぐ2話あらすじ

球技大会が開催されています。

逞と繭のクラスはバスケットで決勝まで勝ち進んでいました。

決勝で戦う相手クラスには昂がいます。

昴は繭に寄って、昴のチームが勝ったときは繭にキスさせろといい、繭はその挑戦を受けてしまうのでした。

前半はリードを許してしまい、後半戦も負けムードとなっていました。

そんなムードを壊すため、逞は試合に出場することに。

繭は静止しましたが、大丈夫と試合に出場しました。

逞がコートに入るとすぐに3ポイントシュートを決めて逆転で勝利しました。

繭のライバル照が参上

球技大会で繭は足を捻挫したので、病院に向かいました。

病院につくと逞が女性に声をかけられます。

その女性の名前は照(馬場ふみか)。

幼いころに同じ病院で逞と同じ心臓病で入院していた女の子でした。

逞が繭と一緒にいるところを見て嫉妬したのか、結婚の約束をしていたよねと繭の前で言われてしまう。

これに繭はイライラ!

失敗したプリンを食べる

僕の初恋をキミに捧ぐ2話あらすじ

学校で調理実習があってプリンを作ることになった。

繭は逞のために糖分のないプリンを作るが、うまくできずに逞に渡すことができなかった。

それを見ていた結子は繭が作ったプリンを逞に渡します。

逞は誰にも見られないようにプリンを食べます。

逞「まずい・・・」

でも、逞の心は満たされていました。

やはり逞は繭のことが好きで、照に焼きもちを焼かれているのもうれしかった。

照ちゃんの小悪魔っぷり

僕の初恋をキミに捧ぐ2話あらすじ

逞は1人で照の病院へお見舞いに行くことになりました。

照は逞と2人きりの写真を撮って、

照「アップしていい?」

逞「照ちゃん、俺…」

というと、照が苦しみだしました。

救急対応になりましたが、血圧も脈拍も全く問題がありませんでした。

照「繭ちゃんと付き合ってるの?」

逞「繭とはなんでもないよ」

照「逞くんは私のこと嫌い?」

この時、繭が照の病室をこっそりのぞいていました。

逞「嫌いなわけないだろ」

照「じゃキスして、だって私もうすぐ・・・」

照は逞の手をつかみ、キスしようとします。

大胆な行動を見ている繭が、動揺してしょうがない!

そんなシーンで2話は終わります。

2話の感想

逞のそもそもの病気は?

逞は心臓の病気ということがこのドラマの大きな軸になっています。

ですが、逞はそもそも心臓の病気とは一体なんなんでしょうか?

というのも、逞は現在普通に日常生活を送っています。

定期健診で安定しているから大丈夫ということで日常生活を送っていますが、体育などの激しい運動はダメ、糖分は控えるように。

などなどの制約はあるみたいですね。

設定上は一応心臓病になっていますが、いまいち具体的に心臓のどこがどんな風に悪いというのは原作でもわかっていないんですよね。

 

ですが、少し無理をしただけで逞は病院に運ばれてしまうので、これは見ていて大丈夫なのか?と思ってしまいます。

薬があっていて症状を安定させることはできるみたいですが、正直心配ですね。

病気の方でも普通に生活することが悪いとも言わないけれど、この逞の場合はこれでいいのか?と思ってしまうのは私だけですかね?

 

ドラマではお母さんがちょいちょい出てきますが、心配する気持ちわかります。

20歳まで生きるのが難しいと言われた息子が遠くの学校に行っているのですから、当たり前ですよね。

そして、繭を嫌うのも無理ありません。

逞は繭のためにむりをして何回かひやひやしているのですから。

 

スポンサードリンク

ドラマ「僕の初恋を君に捧ぐ」2話の評判は?

映画化の井上真央さんと岡田将生さんが良すぎたせいかドラマ化のキャストについての評価はかなりひどいですね。

確かに自分もキャスト知った時点では??となりました。

野村周平さんが嫌いというのではなくて、逞とのイメージとは違うかな?と。

繭も桜井日奈子さんだとちょっと違うかな~と思いました。

 

この2人の学校は原作では寮生活していました。

ですが、通学をしていますね。この設定に残念という声があがっています。

寮生活してなければ逞は原作にちょろっとだけ出てくる「頼」には会いませんもんね。

多分ですが、ドラマで頼が出てくることはなさそうですね。

名作と呼ばれている原作があるならこそ、設定はなるべく守ってほしいですね。

 

しかし、酷評もある一方でドラマを見て泣いてしまう方がいるのも事実です。

第一話の最後のシーンで思わず泣いてしまいましたし、第二話でも繭が友達なのに・・・というシーンに泣きそうになりました。

切なさは意外と視聴者に伝わっているみたいですね。

 

照の小悪魔っぷりが気になる人が多かったようです。

2話の照の評判は?

繭のライバルになってるので、話し的には悪者になっちゃう女の子。

どうしても逞や繭の目線で見ちゃうから、照の行動ってすきになれないんですよね。

 

原作でも照は心臓病患者で、逞の友達なのに逞のファーストキスを奪った相手。

繭からしたら「なぬ!」って気持ちになってますね。

 

逞の気をひくために仮病まで使っちゃう小悪魔ちゃん。

そんな時に仮病使っちゃう?ってときに使う策士なんですね。

 

見ているこっちがドキドキしちゃいます!

本当にやらしい女の子!

 

そんな役を馬場ふみかさんが演じてましたね。

スタイル抜群の美少女だからピッタリですね。

 

繭からしたら、嫉妬しちゃうのはしょうがないところでしょう・・・

【考察】ラストは映画とは変える?変えない?原作通り?

実はこのドラマ化までに映画化をされていて、映画化ではしっかり逞が死んでいますね。だからこそ、泣けたのかもしれません。

 

しかし、原作は実は逞が生きているとも死んでいるとも描いていないのです。

だからこそ、この漫画は今でもファンの間で解釈が分かれているのです。

ちなみに私は原作では逞生存説を信じています。

 

原作でも、逞が生きているのは無理があるかな?と思います。それでも、信じていたいのです。繭と逞に幸せな未来があると。

甘い、それはないんじゃないという意見もあがると思います。

 

ですが、何があっても逞を守るという繭ちゃんの気持ちに対して奇跡があってもいいですよね。でないと、悲しすぎます。

ドラマ化では結末をどうするのか、というのがかなり気になりますね。

 

原作漫画では死んだかどうかわかっていないけど、

映画では死んでしまった。

 

じゃあ、ドラマでどうなってしまうのでしょうか?

多分ドラマ化でも逞が生存させるという結末はない気がします。

そうすると、映画化みたいにするか、あとは原作通りにするしかなさそうですね。

なにはともあれ、第三話の展開も楽しみです。