Pocket

 

マクドナルドから悪魔的美味しさと噂される「三角チョコパイキャラメル」が発売されました。

  そんな「三角チョコパイキャラメル」のカロリーや炭水化物についてまとめます。







カロリーは?

そしてこの三角チョコパイキャラメル、女子の一番の関心ごと

気になるカロリーはと言うと・・・

 

三角チョコパイキャラメル 335キロカロリー

との事です。

 

ちなみに同じ三角チョコパイシリーズと比べてみると、

  • 三角チョコパイ(ノーマル)325キロカロリー
  • 三角チョコパイいちご   317キロカロリー

とのことなので

三角チョコパイキャラメルが一番カロリーが低くないようですね。

 

そしてこれはマクドナルドの定番商品のカロリーが

  • ハンバーガー  260キロカロリー
  • チーズバーガー 310キロカロリー
  • フィレオフィッシュバーガー 341キロカロリー
  • てりやきマックバーガー   496キロカロリー

との事なので、チーズバーガーやフィレオフィッシュバーガー1個分と同じくらいのカロリー になりそうです。

 

あとは最近新商品として登場したスナックと比較してみると、

  • キャラメルメルツ 484キロカロリー
  • シナモンメルツ 463キロカロリー
  • グランドフライ 724キロカロリー

という感じです。

 

三角チョコパイのキャラメル味は335キロカロリーということなので、他のスナックと比較するとカロリーは低いですね。

でも、三角チョコパイは大きさが他の新商品に比べると小さい!

そこがネックですね。

 

つまり、1口当たりのカロリーが高いってこと。

たくさん食べたい人にとっては物足りないかも・・・

 

でも、逆に言うと、三角チョコパイキャラメルはひと口に含まれる味が濃厚ってことですね。

カロリーは高いけど、食べる量で調節することもできますね。

 

カロリーが高いって気がしますが、50キロの女性が50分ジョギングをすると、三角チョコパイキャラメル1個分のカロリーが消費出来そうですよ。

1日で考えれば、50分のジョギングもできそう?なくらいな運動量かな。

 

 

炭水化物・糖質・脂質は?

次に炭水化物・糖質・脂質の量を調べてみました。

三角チョコパイキャラメル

  • 炭水化物 31.5
  • 糖質   30.7
  • 脂質   21.7

との事です。

次に同じくらいのカロリーで挙げたチーズバーガー・フィレオフィッシュバーガー・また糖質の王様マクドナルドフライドポテトSサイズと比べてみると・・・

チーズバーガー

炭水化物 30.8

糖質   29.3

脂質   13.4

 

フィレオフッシュバーガー

炭水化物 36.6

糖質   35

脂質   14.6

 

フライドポテトSサイズ

炭水化物 28

糖質   25.4

脂質   11.3

(こちらはカロリー225キロカロリー)

になります。

 

三角チョコパイキャラメルの脂質がなんだか際立って高い感じがしますね。

 

ところで脂質というと最近は悪いイメージばかりありますが、

脂質は体の中でつくることができない必須脂肪酸が含まれており、体の細胞膜の成分やホルモンの材料などになっています。

不足すると、発育の障害や、皮ふ炎の原因になったりするそうですよ。


さらに、脂質は油脂に溶ける脂溶性ビタミン(ビタミンADEKなど)の吸収にも役立っているとのことだそうです。

ただやはり、あまりとりすぎると肥満、生活習慣病の原因になることは指摘されているようです。

 

また同じく炭水化物から食物繊維をひいて求められる糖質についても、とり過ぎると肥満や生活習慣病をまねくおそれがあるようですが、不足が続くと、体力の低下や疲れやすくなるなど快適な生活の妨げになることがあるそうですよ。

やはりどちらもほどほどには摂った方が良さそうですね。

 

そしてそしてもうすぐバレンタインです。

友達と楽しみながら、好きな彼と一緒に、普段ダイエットを頑張っているじぶんへのご褒美に

冬限定の三角チョコパイキャラメルを食べてもいいかなって気分になっちゃいそうですね。