Pocket

イノセンス冤罪弁護士

 

「イノセンス・冤罪弁護士」の第1話が、1月19日の土曜日にスタートしましたよね。

坂口健太郎さん演じる、冤罪のエキスパートである弁護士・黒川はちょっと天然でつかみどころのない青年。

第1話の物語を観ていくにつれ、色々な疑問が生まれてきました。

原作についてや、主人公・黒川や新米弁護士・楓の行動について。

今回はその3つの疑問を解き明かしていこうと思います。

 

 







ドラマ「イノセンス」の原作は?

今回のドラマ「イノセンス」は、今、大人気の俳優・坂口健太郎さんの主演。

そのこともあって、とても注目を集めているドラマです。

 

前回のフジテレビ系列で放送されたドラマ「シグナル」も、高評価でしたよね。

同じ俳優・坂口健太郎さんが主演で、同じくクライムドラマ。

 

このドラマを、楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか?

 

ドラマを楽しみにしているのと同時に

「イノセンスの原作ってどんな話かな?」

と、気になっている方も多いようです。

 

今回、私も気になり探してみたところ・・・。

ドラマ「イノセンス」の原作が、存在していないそうなんです!

しかし参考資料があることがわかりました!

 

それは今村核さんの書籍「冤罪弁護士」です。

こちらの著書は法律用語も飛び交い、堅い内容。

しかし冤罪で逮捕された、社会の【犠牲者】である被告人を助ける弁護士の熱意が伝わってくる作品になっています。

 

ストーリー展開はドラマとは違いますが、ドラマは万人向けにアレンジされたもの。

「間口がひろく、関心を持ちやすい」作品になっていますので、見逃せない展開になっているんです!

ドラマ「イノセンス」第1話のあらすじとネタバレ

舞台は東京の『保駿堂法律事務所』です。

この法律事務所に冤罪の犯罪専門としている主人公、黒川のもとにテレビ局が取材に来ていました。

黒川はこの3年で、逆転無罪の判決で『5件』も勝訴している弁護士。

テレビ局の聡子が取材に訪れても、黒川は断りたい、の一点張りです。

その黒川の様子を気に入らないのは、新人弁護士の楓。

黒川のデスクと隣り合わせの彼女は、その机の汚さに日々迷惑をしていたのです。

 

マイペースな黒川は、周りの声も気にせずに新しい冤罪の依頼の準備をします。

その事件は『保険金目当ての放火事件』。

 

逮捕されている夫・重雄の冤罪を訴える妻・恵美子は

「調べてほしい」

と、黒川に重雄の弁護を依頼するのです。

 

家事で燃えてしまった家の跡地に訪れる黒川たち。

燃えカスのなかに気になる【木片】を見つけます。

 

そして黒川たちが帰ろうとすると

「幸雄の呪いだ!」

と、騒ぐ子供たちと黒川は出会うのです。

 

幸雄とは誰なのか調べてみるよ、それは逮捕されている重雄の一人息子の事でした。

幸雄は近くの工場で花火をしていた時、火事になり逃げ遅れて死んでしまったのです・・・。

このことを知った黒川はその工場に調査に向かいます。

その付近で、【あるもの】を発見した黒川。

それはこの工場でサバイバルゲームが行われている、という証拠でした。

 

スポンサードリンク

坂口健太郎演じる主人公の周りが汚い理由は?

ドラマの中で坂口健太郎演じる黒川の周りは、とにかく汚い。

机には資料が壁のように山積み。

部屋も洗濯物が干しっぱなし。

同僚の楓が、嫌うのも無理はないですよね。

 

しかし、これは冤罪の依頼を無罪するための【集中力】の表れなんです。

ひとつのことに没頭すると、まわりの状況が見えないことがありますよね。

 

黒川の脳内では、その状態が何層にもわたって行われている・・・と考えられます。

そしてその事柄に関する全てにおいて記憶している黒川。

 

ですから山積みの資料の位置は、すべて黒川の頭の中に入っています。

ですから、楓にとってはゴミの山に見える資料の山も、黒川にとってはすべて必要なものなのです。

 

川口春奈演じる楓がうるさい理由は?

川口春奈が演じる楓は、黒川の【監視役】に任命されます。

いつも黒川と行動をともにする楓ですが、黒川の行動に終始イライラ・・・。

楓の性格は、典型的は「ことなかれ主義」。

表面的な事柄で物事を判断することしかできないようです。

ですから、黒川の行動が読めずに質問ばかり・・・。

まだ弁護士になって少ししか経っていないようですし、仕方ないかもしれませんね。

この楓の性格が、黒川との出会いによって【真の弁護士】に目覚めていく過程も、このドラマの見どころですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

今回はドラマ「イノセンス」の3つの疑問について調べてみました!

また「イノセンス」は実際の事件をモチーフに制作されているので、脚本もとてもよくできています。

正反対の性格の黒川と楓のやりとりも、これから変化が見られるかもしれませんね。

また極悪検事?として登場した草刈正雄演じる、黒川の父と黒川の関係も気になるストーリーです!