Pocket

 

とうとう話題の火曜ドラマ「後妻業」が、フジテレビで夜21:00から始まりました!

 

派手な衣装を着た木村佳乃が、高橋克典とガシッと肩を組み

 

「私達、最強のバディや!!

 

と、豪快に笑っているCMが印象的でしたよね。

 

このドラマは大阪を舞台にした『後妻業』という悪事をテーマにしています。

 

ですので主演の木村佳乃も、もちろん【関西弁】。

 

今回は「後妻業」の第1話のあらすじや見どころと、木村佳乃の演技について探ってみました!

 

 







ドラマ「後妻業」第1話あらすじ・ネタバレ

 

物語は、小夜子と耕造の結婚パーティーから始まります。

 

そのパーティーには小夜子の相棒でもある、結婚相談所の柏木も参列。

 

そう、小夜子は柏木と組んで、金持ちの老人を狙う『後妻業』だったのです。

 

後妻業とは、老人と結婚してその老人が亡くなると遺産を根こそぎ奪っていく女のことです。

 

結婚後は耕造の持病である【不整脈】を悪化させるため、塩分の高い食事ばかり与える小夜子。

 

ある日、耕造がいびきを書いて寝ているので

 

「あれは脳梗塞やで〜」

 

と、言って小夜子は耕造を放置して

出掛けます。

 

そのことを柏木に話すと

 

「脳梗塞の気配がある老人を放ったらかしにしたら、責任問題が生じるんやで!

 

と、責められた小夜子はしぶしぶ救急車を手配します。

 

耕造はそのまま入院。

 

耕造の娘2人がかけつけますが、娘たちは耕造が小夜子と結婚していることを知りませんでした。

 

木村佳乃の関西弁はおかしい?

 

今回のドラマ「後妻業」は、関西が舞台ということで、木村佳乃さんが演じる小夜子も、コテコテの関西弁。

 

しかし木村佳乃さんはちょっと関西弁で苦戦しているようですね。

 

その理由は木村佳乃さんの出身地が関係しているようです。

 

と、いうことで木村佳乃さんのプロフィールを見てみました。

 

木村佳乃プロフィール

 

生年月日・1976410

現在・42

出生地・イギリス(ロンドン) 

出身地・東京都世田谷区

身長・167cm

 

木村佳乃さんは東京都出身だったのですね。

 

しかも出生はイギリス、ということでデビュー当時も【英語ペラペラの帰国子女】といわれていました。

 

それでは関西弁を使いこなすのは難しいはずです。

 

最近の木村佳乃さんの活動といえば

 

ドラマ「僕のヤバい妻」ドラマ「あなたには渡さない」と、ちょっとエキセントリックな役柄が多いですよね。

 

「僕のヤバい妻」では猟奇的な女性の役を演じ、一本何かが切れた演技が好評でした。

 

反して「あなたには渡さない」では、夫の不倫相手と戦うために、夫の料亭に女将として居座る元妻の役を演じました。

 

どちらも風変わりで業の深そうな女性です。

 

業が深い女、と言えば松本清張のドラマで主役を演じる米倉涼子さんが有名。

 

しかし木村佳乃さんが演じる業の深い女は、もっとライトな感じで、明るいんですよね。

 

きっと彼女がもっている真面目で、几帳面な明るさが持っている雰囲気が、そうさせるのではないでしょうか。

 

今回のドラマ「後妻業」でも、豪快を通り越して、グヘヘとまるで【銭ゲバ】のように終始笑う木村佳乃さん。

 

関西弁は変な時はありますが、一生懸命、金にガメつい女を演じきっていますね!

 

スポンサードリンク

ドラマ「後妻業」気になるキャストは?

武内小夜子・・・木村佳乃

柏木亨・・・高橋克典

中瀬耕造・・・泉谷シゲル

中瀬朋美・・・木村多江

本多・・・伊原剛志

 

 

ドラマ「後妻業」第1話はここが見どころ

 

1話の見どころは、後妻業を営む小夜子と、耕造の娘・朋美との口ゲンカがとても面白いやり取りになっています。

 

そして耕造と結婚する時には、ウェディングドレスが100万する・・・と、耕造から資金をもらった小夜子。

 

一番やすいレンタルのウェディングドレスを借りて、94万円を自分のお小遣いにするのです。

 

そして小夜子と毎度もめている朋美は、事実婚をしていて、こちらも色々ありそうです。

 

朋美夫婦が営む建築会社には、新しく美人の新入社員が入ってきて、朋美の夫と怪しい予感・・・。

 

しかも朋美は子供が望めない体だというのです。

 

そんな時に現れたのが、朋美の大学の同窓生で探偵をしている本多。

 

小夜子の悪事を、暴いてやろうと意気込む朋美。

 

逆にやり返されなければいいのですが・・・。

 

それにしても、テッパンで面白いのは小夜子と柏木の会話です。

 

小夜子は柏木に、耕造の金を手に入れる方法や葬儀の資金の水増し請求などを、柏木に相談します。

 

しかし相談としょうして柏木を利用しようとしている小夜子。

 

そして柏木も、小夜子が手に入れた金額を誤魔化さないように

 

「折半、折半やで!

 

と、半分の金額を請求し続けるのです。

 

いったい小夜子と柏木は、どうやって遺産を根こそぎ奪うつもりなのでしょうか。

 

次回も見逃せないドラマ「後妻業」です!