Pocket

 

 iPhoneXS発売から、顔認証でロックすることができるようになっていることはご存知の人が多いのではないかと思います。

顔認証でロックができるので安心だと感じる人や手間が省けた!と嬉しい機能ですよね。

しかし!顔認証には様々な問題が出てきているのはご存知ですか?

これからiPhoneXSを購入使用と考えている人であれば、顔認証に関しては知っておきたいポイントの1つではないかと思います。

そこで、今回はiPhoneXSの顔認証についてお話ししていきたいと思います。







 iPhoneXSで顔認証ができない理由は〈マスク・眼鏡など〉?

 まずは、iPhoneXSの顔認証ですが・・・

顔認証できないことがあるというのが問題となっています。

その理由について、お話ししていきますね。

 

1つ目の理由は、テーマにも上がっているように、マスクや眼鏡をかけている時に反応しないということが考えられます。

顔認を設定する時に、眼鏡をかけていない写真で登録していると違う人物だと判断されてしまうことがあります。

 

2つ目の理由は、マスクを付けている場合です。顔認証を設定する時は、顔全体がはっきりと映ることが前提とされています。その為、マスクをして顔の半分が見えなくなってしまうと判別できないことがあります。

 

3つ目の理由は、暗闇での顔認証です。日中は顔認証できていたのに、夜になると顔認証ができない。というのが問題となっています。

私自身も顔認証にしているのですが、暗闇だと顔認証がしにくいです。

その為、子どもを寝かせてから暗い部屋で顔認証を行ったり、夜の外出時に顔認証ができないということは実際にありました。

 

4つ目の理由は、最新IOSにアップデートされていない場合です。

iPhoneを以前から利用している人であれば分かると思うのですが、アップデートしてください!と出ている時に、アップデートしていないと誤作動などが起こる可能性が高いです。

アップデートと言えば、時間がかかってしまうので時間のある時に・・・と思っていると、ついつい忘れてしまい、そこが原因となってiPhoneXSを利用しにくい状況を作ってしまうということが実際に私もありました。

 

以上が顔認証できない理由となってくるのではないかと思います。

 

顔認証ということで、マスクや眼鏡など顔に関するところに注意が行ってしまいそうですが、原因は他にも考えられるというところを頭に入れておくことで解決できることも増えてくるのではないでしょうか。

 

FaceID以外の方法も 

iPhoneXSと言えば、faceIDという新しい機能がついているのでそこを使いたい!と思っている人も多いと思います。

しかし、先ほどのような理由からロック解除法が使いにくいと感じてしまう人が出てくるのも現実です。

そんな人の為にお伝えしておきたいのが、faceID以外の方法です。

方法としましては、2パターンあります。

 

まず1つ目は、パスコードに変更する方法です。

手順は・・・

①設定

faceIDとパスコード

faceIDを使用

iPhoneのロック解除をoffにする

⑤パスコードを変更

⑥新しいパスコードを入力

 

上記の手順で、faceIDを利用せず従来から存在しているパスコードでのロック解除に切り替えることが可能です。

 

2つ目は、パスコードやスワイプ無しでロック解除する方法です。

手順は・・・

①設定

②一般

③アクセシビリティ

AssistiveTouchONにする

⑤ダブルタップなしをクリックし、ホームを選択

 

上記の手順で、faceIDを利用することなくロック解除ができ、パスコードも利用せずにホーム画面を開くことができるようになります。

 

faceID以外の方法として考えられるのは、上記の2パターンではないかと思います。

faceIDに比べるとパスコードを入力したり、簡単に開く方が便利だと感じる人もいれば、安心できるようにfaceIDを利用したいという人もいると思うので、方法を知っておくことで自分に合った利用方法が見つかりそうですね。

是非、試してみて下さい。