Pocket

 

スキャンダル専門弁護士QUEENの動画を無料視聴する方法

  • 竹内結子かっこいい!
  • イケメンの子かっこよすぎ!

もう1度見てみたいときってありますね。

そんなときは、あらすじを知ってからでも無料動画をみたくなっちゃいますね。

無料で視聴できるなら1番ですよね。

そこで、「スキャンダル専門弁護士QUEEN」が無料で視聴できる動画サイトをチェックしましたので、情報をお届けしていきたいと思います。

▼見逃し動画を見るならコチラ▼

FODプレミアムの登録方法

最新話なら登録なしで見られます






無料動画を見られるのは?

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」は見逃し配信されても、ずっと動画を見られるかってわからないですよね。

そのために、無料期間があっても、有料に代わってしまうHuluやU-NEXTに登録するのってどうなのって思っちゃいますよね。

だから、1番に使えるのはこのあたりのサイトです。

  • TVer
  • FOD

放送が終わってすぐなら、この2つのサイトがおすすめです。

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」はフジテレビで放送されるので、FOD(フジテレビオンデマンド)も使えますね。

放送予定

放送開始日:2019年1月10日スタート

放送時間:木曜22時~23時

2019年1月からワンクールだけしか見ないなら、無料で視聴できるTVerはいいですね。

でも、竹内結子の素敵なシーンを見ているのに、突然パッと映画のCMに代わってしまうことがあって、「ん、もう!!」ってイラっとしてしまうこともあるかも。

だから、急に動画広告があるっていうのはちょっとうざいかも。

これはFODも一緒ですけどね。

でも、無料で見られるのはお得ですね。

あらすじ


1話

主人公の氷見江(竹内結子)を訪ねてきたのは、ミナトテレビに務める男性で、国民的な人気を集めている4人組アイドルグループ<フォレスト>の冠番組「フォレスタジアム」のプロデューサー。前回、生放送で<フォレスト>が歌を披露している際に、センターを務める赤江桃子が歌詞を間違えるトラブルが発生。のみならず、そんな桃子のそばにリーダーの白石杏里が近寄り、肩をぶつけて「ふざけんなよ」と言い放ち、桃子が過呼吸になってしまうという事態に発展。

その模様が全国に流れたことで、多数のメディアが<フォレスト>の不仲説や解散疑惑を報道することとなり、ファンや視聴者からは番組に大量のクレームが寄せられ、その中にはなんと杏里への殺害予告も。事を重く受け止めたミナトテレビは、番組内で<フォレスト>の謝罪会見を放送することに。謝罪会見は収録でおこなわれることとなり、プロデューサーは、万が一に備えて危機管理の専門家である氷見に協力をして欲しいとのこと。そして収録当日、氷見たち危機管理部のメンバーはミナトテレビに向かい、まずは<フォレスト>のメンバーと面接をおこないます。しかし、まったく彼女たちは一筋縄ではいかず、さらに予想外の出来事が次々と起こり・・・。

 

<ゲスト>

 

View this post on Instagram

 

第1話のメインゲストは馬場ふみかさん、中村ゆりかさん、秋山ゆずきさん、伊原六花さん!4人が演じるのは国民的アイドルグループ「フォレスト」。フォレストの解散騒動が巻き起こる中、彼女たちの謝罪会見を仕切るために氷見たちが奔走することに!放送には間に合うのか?!解散の真相とは?!疾走感いっぱいの1話は見応えだらけ! #馬場ふみか #モグラ女子が本格アイドルに #中村ゆりか #美しいセンター #秋山ゆずき #カメ止め #ヒロインは4人組だった?! #伊原六花 #ダンシングヒーローは踊らないけど #さすがダンス部部長のキレありダンス

【公式】スキャンダル専門弁護士 QUEENさん(@queen_scandal08)がシェアした投稿 –

白石杏里:馬場ふみか

『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』、『深夜のダメ恋図鑑』、『善悪の屑』に出演

★⇒馬場ふみかの恋人・元カレは?スタイルの良い体の作り方は食事制限?

 

赤江桃子:中村ゆりかさん

『花にけだもの』『ラーメン食いてぇ!』『不惑のスクラム』『タスクとリンコ』

 

蒼井ゆず季:秋山ゆずき

『カメラを止めるな!』

 

緑川林檎:伊原六花

 

2話

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)。谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。谷と貴美子は事実無根を訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

早速、与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。一方与田は貴美子から谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会う。氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと言う。氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えるが…。

<ゲスト>

成海璃子:広告代理店で契約社員として働いていた際に、上司にあたるクリエイティブ・ディレクターの男性からセクハラ被害を受けたと訴える

引用元:スキャンダル専門弁護士 QUEEN公式サイト

3話

鈴木法律事務所では、次から次へと舞い込む仕事に氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)は休みも取れないと愚痴っている。そんなところに、副所長の鈴木太郎(バカリズム)が新たなクライアントを招き入れた。マネージャの間宮智也(片山亨)、コーチの渡瀬美央(村岡希美)に伴われて現れたのは、フィギアスケート選手の相馬紀子(白石聖)だった。紀子の来訪に氷見たちは仰天するも、紀子の依頼内容を聞くと、さらに仰天をすることに・・・。

世界大会で金メダルを獲得し、日本で記者会見を開いた翌日、婚約者である塚越健太(穂満佳佑)の家に向かった紀子。そこには、何者かに殺害された婚約者の姿が・・・。第一発見者であり、凶器から指紋が検出さたため、紀子は警察から最有力な被疑者にされてしまったのだ。しかし、紀子は塚越の遺体を前に気が動転し、思わず凶器に触れてしまっただけで、殺害したのは絶対に自分ではないと氷見たちに主張。さらに、2日後に予定している凱旋パレードが終わったら、自身が生活拠点としているアメリカにすぐに戻りたいので何とかして欲しい、と助けを求める。氷見、与田、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)らは、ひとまず他に被疑者がいないか四方八方を探ることに。すると、塚越は紀子のライバルとして目下、頭角を現しているフィギュアスケート選手の青山リナ(石田ニコル)とも付き合っていたという事実が発覚し・・・。

 

引用元:スキャンダル専門弁護士 QUEEN公式サイト

<ゲスト>

白石聖

4話

スキャンダル専門弁護士Queen4話あらすじ

鈴木法律事務所で氷見江(竹内結子)がテレビ番組をザッピングしていると、子連れで議会に参加し、待機児童問題を訴える土方朝子議員(江藤あや)が映る。泣きわめく子供をなだめながらの訴える姿に、与田知恵(水川あさみ)や藤枝修二(中川大志)は、母親たちは大変だと同情気味。すると、真野聖子(斉藤由貴)も自分の子供が停学の瀬戸際だと言い出す。危機管理部として真野の息子が停学から免れる方法を探ろうとした時、鈴木太郎(バカリズム)が新たな依頼を持ち込んできた。大手ゼネコン次期社長候補、佐久間からの依頼と聞いた一同は意気込むが、内容はご近所トラブルというもので・・・。

スキャンダル専門弁護士Queen4話あらすじ

タワーマンションで妻の佐久間京子(原田佳奈)と息子の怜(南出凌嘉)とともに暮らしている佐久間家は、玄関前にゴミがばら撒かれたり、誹謗中傷のビラを貼られたりしていた。調査のために早速、氷見と与田は京子の知人を装いマンションに潜入、さらに藤枝はベビーシッターを装い、マンションの子どもたちに接近。そこで分かったのはマンションのセキュリティー上、佐久間家に嫌がらせを働いているのはマンション内の人間の可能性が高いこと、そしてそびえ立つタワーマンションの底にドロドロとした人間関係が渦巻いていること。そんな現状を、与田や藤枝が整理していると、京子が何者かに歩道橋から突き落とされたという急報が。一方、氷見は鈴木事務所に姿はなく、フリーランスの敏腕記者で、氷見の過去を詮索している茂呂裕也(佐野岳)となぜかホテルの一室にいて・・・。

スキャンダル専門弁護士Queen4話あらすじ

引用元:スキャンダル専門弁護士Queen公式サイト

5話

鈴木法律事務所、危機管理部の氷見江(竹内結子)たちを訪ねてきたのは経済評論家であり、鬼嫁コメンテーターとして活躍している木村よう子(遠野なぎこ)。依頼内容は、離婚をしたいのだが夫が拒否をしており、夫を離婚に応じさせて欲しいというもの。よう子の夫は、以前は司会としてTVで引っ張りだこであったものの、今はめっきり仕事がない落ち目のタレント・中山昌平(デビット伊東)だ。オシドリ夫婦ともっぱら評判の2人であるため、意外に思う氷見や与田知恵(水川あさみ)は離婚専門の弁護士に回そうとするが、よう子は体のアザを見せ、夫からDVを受けていると告白。そこに副所長の鈴木太郎(バカリズム)が来て、危機管理部で扱うと引き受けてしまった。

早速、氷見たちは週刊文新の記者・東堂裕子(泉里香)に接触し、中山のDV疑惑をリークする。氷見たちの狙い通り、文新の記事により世間から大バッシングを受ける中山。すぐに中山も離婚に応じるだろうとタカをくくっていると、中山が生配信で釈明をおこなうことに。中山はそこで、DVが事実無根であること、また自分は妻を愛しており離婚をする気は微塵(みじん)もないことを表明する。逆に大慌てになる氷見たちは、すぐによう子に会い、中山の言っていることは本当なのか嘘なのか問いただすも、よう子はとにかく「離婚したい」の一点張り。よう子は何かを隠している、と氷見たちは感じ・・・。

引用元:スキャンダル専門弁護士Queen公式サイト

スポンサードリンク

感想や見どころ

1話

2話

3話

キャスト

 

  • 氷見 江:竹内結子
  • 与田知恵:水川あさみ
  • 藤枝修二:中川大志
  • 東堂裕子:泉里香
  • 鈴木太郎:バカリズム
  • 真野聖子:斉藤由貴

相関図

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 相関図

今後アップデートしていきます。

スポンサードリンク

スタッフ

脚本:倉光泰子、三浦駿斗、編成企画:加藤達也、プロデュース:貸川聡子(共同テレビ)、櫻井雄一(ソケット)、演出:関 和亮、横尾初喜、山岸聖太、戸塚 寛人、制作協力:ソケット、制作:フジテレビ、制作著作:共同テレビ

主題歌など

 

主題歌:YUKI

オープニングテーマ:milet

音楽:SOIL&”PIMP”SESSIONS

スポンサードリンク

前評判