Pocket

iPhoneでは、3Dタッチ機能が搭載されています。これは、iPhoneにダウンロードしているアプリを起動することなく特定の動作をショートカットしながら行える便利な機能として利用している人も多いのではないでしょうか。

そんな3Dタッチ機能ですが、iPhoneXSを利用していて、反応しないという時があるようです。
そこで、反応しない時の原因や解決方法、LINEの操作方法が難しいのかどうかというところをお話ししていきたいと思います。






iPhoneXSで3Dタッチが反応しない原因

まずは、3Dタッチが反応しない原因をお話ししておきます。
原因として考えられることは、以下になります。

1つ目は、3Dタッチの設定がOFFになっていることが考えられます。
3Dタッチ機能は搭載されていたも、設定がOFFになっていると反応することはありません。

2つ目は、3Dタッチ機能の不具合が考えられます。
3Dタッチ機能自体に不具合が起こっていれば、必然的に反応しません。

3つ目は、IOSソフトウェアの不具合が考えられます。
ソフトウェアの更新が溜まっているという場合に起こりやすいです。
ソフトウェアの更新は、メッセージが出てきますので、その都度確認しておく必要があります。

以上が、3Dタッチ機能が反応しない時の原因として考えられることとなります。

iPhoneXSで3Dタッチが反応しない時の解決方法

原因が分かれば、続いて知っておきたいのが解決方法ですよね。
自分で解決できるところもあれば、ショップでお願いしないといけない場合もありますので、1度できるところまでは解決方法を試してみましょう。
方法は以下となります。

・3Dタッチの設定の確認

確認の手順としましては・・・
設定⇒一般⇒アクセシビリティ⇒3Dタッチ
の順にクリックして頂き、3Dタッチの設定がONあるいはOFFになっていないかを確認して下さい。
OFFになっている場合は、ONに切り替えることで使えるようになります。

・iPhoneXSを強制再起動

先ほどの設定をONにしても、反応がないという場合は強制再起動をしてみて下さい。

※また、強制再起動をする場合、データが消失してしまう可能性も考えられますので、強制再起動する前に必ずバックアップをしておいて下さい。

強制再起動の方法は以下になります。

①ボリュームボタンの上を押して離す
②ボリュームボタンの下を押して離す
③電源ボタンを10秒ほど長押しする
④10秒ほど長押するとスライドボタンが出てきますが無視のままで結構です!
⑤そのまま電源ボタンを長押し、appleのロゴが出てきたらOK

以上が強制再起動までの手順となっています。

Appleのロゴが出てくれば、後はiPhoneXSが使える状態になるまで待つのみとなります。
立ち上がった後、3Dタッチが使えるかどうかを確認してください。

・IOSのソフトウェアをアップデートする

先ほどの強制再起動を行っても、3Dタッチが使えない場合は、アップデートして下さい。
ソフトウェアの更新をして下さい。とメッセージが出ていても、Wi-Fi環境が整っていないところでは更新ができません。
その為、更新を先送りにしてしまっている場合はこのアップデートを行うことで改善されることがあるようです。

手順は以下となります。
①設定
②一般
③ソフトウェアアップデート
この手順でクリックして頂くと、アップデートできます。
④アップデートをクリック後、「アップデートを確認中」と数秒表示されます
⑤「お使いのソフトウェアは最新です」「ダウンロードとインストール」という画面が出て
きて、「お使いのソフトウェアは最新です」と出た場合はここで完了です!
⑥「ダウンロードとインストール」という画面が出た場合は、IOSが古いバージョンである
ことを示しているので更新が必要です。「ダウンロードとインストール」ところをクリッ
クします。

以上の手順でソフトウェアはアップデートできるので確認してみて下さい。

解決方法は以上となります。

自分でできることをここまで試してみても動かないという場合は、ショップにご相談ください。

LINEの操作も難しい?

最後に、LINEの操作が難しいのかどうかというところですが、3Dタッチ機能を利用することで便利な使い方ができると感じている人が多いです。
LINEと言えば、既読がついてしまうのでよくあるのが「既読スルーされている」といったことが起こってしまうことありますよね。

3Dタッチを使う操作方法としましては、LINEアプリをクリックして起動させ、トークを表示します。
その後、未読メッセージが届いている場合既読を付けずにメッセージを読みたい部分だけを3Dタッチします。
そうすると、最新のトーク画面が浮き上がって表示されるので相手の画面に既読を付けないまま内容をチェックすることができます!
この時に難しいと感じることは、触れている画面に力を加えてしまうと、トークルームが完全に開いてしまうという所ではないかと思います。
既読がついても良いという時に、一度練習してみることで感覚を掴めるので難しいと感じにくくなるのではないかと思いますよ。