Pocket

Appleの中でも最新のスマホとして名を挙げている新型iPhoneXSでは、faceIDという機能が搭載されましたよね。

iPhoneXSを利用して、faceIDの利用を便利だと感じている人も多いことでしょう。

そんなiPhoneXSのfaceIDですが、faceIDが登録できないということが時々起こっています。

登録ができないと便利な機能を生かすことができないので勿体ないですよね。

そこで、今回はiPhoneXSのfaceIDが登録できない原因や、顔認証の設定方法、認証できない時に困ることなどをまとめてみました。






iPhoneXSのfaceIDが登録できない原因

まずは、iPhoneXSのfaceIDが登録できない原因は、いくつかあります。

・顔がはっきりと写っていない
・動きが早すぎて追いつけていない
・iPhoneXSに不具合が生じている

といったことが原因として考えられます。

faceIDというのは、顔認証ということですので、顔がしっかりと分かる状態でないといけません。

私自身もiPhoneXSのfaceIDを登録しようとした時、登録できなかったことがありました。

顔認証なので簡単であろう・・・と思っていたのですが、顔に髪の毛がかかっていたり、ゆっくりと顔を動かすところを早く動かしてしまったようで、追いつけず登録できなかったということが実際にありました。

また、iPhoneXS端末に不具合が起きている場合も、faceIDが登録できない原因として挙げられていることが多いですので、その場合はappleで見てもらうことをおすすめします!

顔認証の設定方法

iPhoneXやiPhoneXSが発売されるまでは、faceIDはなくtouchIDというものだったので、2段階で登録を行わなければならないので面倒だと感じたり、難しいと思っていた人も多いことでしょう。

しかし!iPhoneXSのfaceIDの登録方法は、より簡単になっていますので安心してください。

では、iPhoneXSのfaceIDを設定する方法をご紹介していきますね。

①「設定」をクリック
②「faceIDとパスコード」をクリック
③faceIDの設定方法という画面が出るので、画面下の「開始」をクリック
④フロントカメラであなたの顔を撮影します
※この際、コンパスのような白いバーが円形に並んでいるので、画面の指示に従います
⑤認証が終わると、緑色に変化していきます
⑥すべての認証が終われば完了
以上が、faceIDの登録方法となっています。

操作としては、顔の向きを変えながら動かすというところが1番難しいのではないかと思いますが、画面に動作の指示が出るのでそれに従っていると簡単に行えますよ♪

スポンサードリンク

顔認証が認識できないと困ることは?

FaceID=顔認証ができるようになると、便利なことが増えるというお話しをしましたが、どのように便利なのかと言いますと・・・

・ロックの解除ができる
・applepayの認証ができる
・iTunesstoreやAppstoreの認証ができる
・アプリへのサインインができる
・safariのパスワードが自動入力できる

と言った事柄が、顔認証のみで行えるので、パスワードを忘れてしまったとしても、自分の顔があれば解除や認証ができるので、とても便利で安全だということがわかります。

 

しかし!!

それを逆に考えてみると・・・

顔認証が認識できないと、先ほどの事柄がすべてできなくなってしまうというところが顔認証で不便だと感じるところでもあるのです。

私が実際に経験して困ったことは、暗い場所でiPhoneXSを利用した時です。

顔認証がいるということは、顔がはっきりとわかる状態でないといけません。

ですが、子どもが横で寝ている中、スマホをふと開こうとした時、暗闇の為顔認証できなかったんです。

暗闇に対応していないので、その点は困ってしまいましたね・・・

 

また、女性に多いのですが化粧を落とした後の顔、寝起きの顔に反応しにくいという傾向があります。認証時の顔と違っているとiPhoneXSに判断されてしまうのは少し辛いと感じる人は、面倒だけれどパスワードで登録しておいた方がいいかもしれませんね。