Pocket

J1川崎が元ブラジル代表FWレアンドロダミアン(29)獲得することが判明しました。

元ブラジル代表のストライカーということで、J1川崎の2019年も連覇にかける思いが伝わってきますね。

しかし、ブラジルの高いレベルでサッカーしていたレアンドロダミアンが何故今季は日本へ来ることになったのか不思議ですね。

そこで、レアンドロダミアンがJ1川崎に移籍することになった理由に迫っていきましょう。

そして、年俸や移籍金などもまとめていきます。

レアンドロダミアンって誰?

名前:レアンドロダミアン

生年月日:1989年7月22日

年齢:29歳

身長:187cm

体重:84キロ

出身地:ブラジルのジャルジン・アレグレ生まれ

成績:2012年ロンドン五輪では6得点をとり得点王に

背が187cmとかなり高いので、空中戦もなんなくこなすことのできるタイプ。

オリンピックでも得点王になっていることから、完全にストライカーという印象ですね。

 

戦績や経歴は

レアンドロダミアンは2018年は期限付きでブラジルリーグのインテルナシオナルにレンタル移籍していました。

そこでは、26試合10得点を挙げる快挙。

さすが、得点王になるだけの男です。

こんな男が川崎に入ったら、ますます川崎が強くなってしまいますね。

 

もとはブラジルリーグのサントスにいた選手ですが、すでに川崎に移籍することが決まっています。

川崎の監督を務める鬼木達監督もタイトル取りに強気になりそうですね。

J1の3連覇だけでなく、ACL、ルヴァン杯、天皇杯のタイトルも目指すことになります。

 

川崎へ移籍することになった理由

レアンドロダミアンが何故川崎に移籍することになったのか気になるところですね。

もともと、現在のレンタル移籍先であるインテルナシオナルで契約することになっていたようですが、J1川崎が横から取る形で契約を決めたようです。

なにやら、川崎とインテルナシオナルで密談があったような気もしないことはないですが・・・

 

あっさりと、川崎がレアンドロダミアンの移籍を獲得。

そして、レアンドロダミアンが移籍できた理由は、「川崎から高額のオファーがあった」ということです。

 

得点王になるだけの選手をあっさりとるのだから、相当な移籍金が必要だったと考えられますね。

しかし、ブラジルでの契約は完全に満了していたということで、移籍金はかからない模様。

そのため、高額な移籍金を支払うことなく川崎に来ることになりました。

 

そして気になるのは、年俸ですよね。

現在のところ、年俸は3.6億円と言われています。

年俸3.6億円ってすごいですね。

 

月収3000万円ってことですよね?

年齢29歳で3000万円の月収をもらえるプレイができるレアンドロダミアンは素晴らしいですね。

今後川崎に入って、素晴らしいプレイが期待できるので、ぜひ活躍してほしいですね。