Pocket

iPhoneXSを利用していて、スクリーンショットを撮ろうしていないのに撮れてしまった。

カメラロールをのぞいてみると、何だこの画像は?いつのものだ?

というような画像が出てくるということはありませんか?

それは、スクリーンショットが誤作動していまっているということなんです!

そこで、スクリーンショットを間違えて誤作動させてしまう時の改善方法をお伝えしていきたいと思います。

 

iPhoneXSで間違えてスクリーンショットが誤作動!〉

 

まずは、どうして誤作動を起こしてしまうのか?というところをお話ししていきますね。

 

iPhone8までのものをお使いの人であれば、違いがはっきりとわかると思うのですが・・・

以前までのiPhoneは、電源ボタンとホームボタンを同時に押し、指を離すとスクリーンショットが撮影できていました。

その為、スクリーンショットを撮ろうと思うと、両手で押す方法でしかスクリーンショットを撮ることはできませんでした。

 

しかし!iPhoneXが発売されて以降、ホームボタンがなくなってしまったのです。

iPhoneXiPhoneXSiPhoneXRなどは・・・

iPhoneの側面にあるサイドボタン〈電源ボタン〉とボリュームボタン〈上下どちらか〉を同時に押すことで、スクリーンショットが撮影できるようになっています。

以前までは両手でないと撮影できなかったものが、片手で行えるようになっているので、一見便利になったと感じる人も多いことと思います。

ですが・・・

ディスプレイがONになり、起動させると簡単にスクリーンショットが撮影されてしまうので、便利になった分、いつの間にかスクリーンショットを撮ってしまっていてカメラロールがいっぱいになってしまっている!という状況が起こってしまい、スクリーンショットが誤作動で撮れてしまうというのが現状です。

 

誤作動という言葉を聞くと、iPhone本体に問題があり修理しなければいけないのか?!

と思われる人もあるかもしれません。

そうではなく、iPhoneXSでは、操作が簡単になった分、押したつもりがないボタンに反応してしまい、スマホを手に持っただけでスクリーンショットが撮れてしまうことがある!

と思ってもらった方が良いかもしれませんね。

 

〈スクショを無効にして勝手に撮影しない方法〉

 

上記のような誤作動が起こってしまうと・・・

・朝アラームを消そうとiPhoneを握るとスクリーンショットを撮ってしまった

・いつの間のか、カメラロールがスクリーンショットでいっぱいになってしまった

・鞄からiPhoneを取り出す時にスクリーンショットを撮ってしまった

ということが起こってきます。

こうなると、面倒だし後々かめらろから消去する手間がかかってくるので不便だと感じてしまいますよね。

 

そんなスクリーンショットの誤作動を改善する方法としましては・・・

・設定

・一般

・「Rise to wake

・手前に傾けてスリープ解除

というところをoffにしてもらうと、スクリーンショットの誤作動はしにくくなるようです。

 

なぜなら、iPhoneXSはディスプレイがONの状態になっていると、スクリーンショット機能がアクティブに動くよう、元々設定されているからです。

その為、少しでもiPhoneを傾けたり、鞄から取り出したりすればON状態になってしまうのです。

傾くような持ち方をしてしまった時に、こんな動きだけでもON状態になっている!ということにお気づきの方も多かったと思います。

 

完全にスクリーンショットを無効にする機能というのは、まだ発表されていません。

しかし、先ほどご紹介した手順でoffに設定してもらうことで、ディスプレイがON状態になることは少なくなるので、スクリーンショットが勝手に撮れてしまっているという人は1度設定してみてはいかがでしょうか。