Pocket

以前からiPhoneを使ってた人であっても、iPhoneXSになると、以前までのiPhoneと使い方がガラッと変わっているのでどうやって使えばいいのか、戸惑っている人も多いのではないかと思います。

新しいiPhoneになって嬉しいけど、使い方が分からないとなれば勿体ないです!

そこで、iPhoneXSの電源の入れ方や切り方、再起動の方法をご紹介していきたいと思います。

 

iPhoneXSの電源の入れ方

まずは、iPhoneXSの電源の入れ方からお話ししていきますね。

①本体画面の電源がoffで、真っ黒の状態になっていることを確認する

②本体右側の側面にある「サイドボタン」を長押し

③appleのロゴが出てくることを確認する

 

上記の手順で行ってもらうと電源が入ります。

従来のiPhoneであれば、側面であったり上面であったこともあり、どこにボタンがあるのか?と探される人もあるかもしれませんが、iPhoneXSでは、右側のサイドボタンです!

 

iPhoneXSの電源の切り方

続いて、iPhoneXSの電源の切り方についてお話ししていきます。

電源の入れ方は、1つの方法しかありませんでした。

しかし、電源の切り方になると2つの方法がありますのでご紹介しておきますね。

 

《電源の切り方①》

・iPhoneXSの電源がONになっている状態であるかを確認する

・iPhoneXSの本体右側にある「サイドボタン」と本体左側にある「サウンドボタン」を長

押し

・画面上部に表示される「スライドで電源オフ」を左から右へスライドする

上記の手順で行ってもらうと電源を切ることができます。

 

従来のiPhoneであれば、電源ボタンを長押しするだけで「スライド電源オフ」となっていたので、そこが違っているところとなってくると思います。

 

※「スライドで電源オフ」するところでは、必ず左から右へスライドさせてください。

真ん中から右へスライドしたり、右から左へスライドさせても電源は切れません。

 

《電源の切り方②》

2つ目の方法としましては、設定画面から電源をoffにする方法です。

 

・iPhoneXSの電源がONになっている状態であるかを確認する

・ディスプレイ上のある「設定」アプリを起動

・「一般」をクリック

・「システム終了」をクリック

※「システム終了」は、一番下にあるのでスクロールして下さい

・画面上部に表示される「スライドで電源オフ」を左から右へスライドする

 

以上の手順で電源が切れます。

 

「スライドで電源オフ」のところは、1つ目と同様、左から右へスライドさせることは頭に入れておいて下さいね。

 

以上が電源を切る方法となっています。

以前からiPhoneを利用している人であれば、簡単に覚えることができるかもしれません。

しかし、androidを利用していてiPhoneに変更したという場合であれば、使い方が違っているので、始めは戸惑いを感じるかもしれませんね。

 

〈強制的に再起動する方法〉

最後にお話ししておきたいのが、強制的に再起動する方法です。

この方法は、滅多に使うことがないとは思うのですが・・・

iPhoneXSが急に動かなくなった。反応しなくなった。

最近ではフリーズしている。とも言われていますよね。

そんな状態に陥った時に使う機能となっています。

 

しかし、強制再起動ということはiPhoneXS本体にもダメージが出る可能性ああります。

・パソコンとUSBを接続している場合、データが消滅する危険性

・強制再起動を行うと、ファイルやIOSに損傷が出る危険性

・開いていたファイルの保存やデータの保存ができていない危険性

などが考えられるので、むやみに利用することはやめておいた方が良いでしょう。

 

強制再起動方法は、以下となります。

①本体左側にある音量〈大〉ボタンを押し、すぐ手を離す

②本体左側にある音量〈小〉ボタンを押し、すぐ手を離す

③本体右側にあるサイドボタン〈電源ボタン〉を10秒ほど押し続ける

上記の方法で、強制再起動させることは可能です。

Appleのロゴが表示されれば、強制的に再起動されるので、この方法を利用してください。