Pocket

スクリーンショットというと、今ある画面をそのまま写真のように残すことができるので便利ですよね。私も、スクリーンショットはよく使いますので、便利ですし助かっている機能の1つです。

iPhoneは最新のものが次々と出てきているので、使い方が分からない。という人も中にはあると思います。

そこで、今回はiPhoneXSのスクリーンショットできない理由と、撮れない時のスクショの使い方についてご紹介していきたいと思います。

 

iPhoneXSのスクリーンショットができない?

 結論からお話ししますと、iPhoneXSであっても、スクリーンショットはできます。

 

iPhone8までは、ホームボタンがあったので、スクリーンショットがしやすかったり、分かりやすかったと思います。

しかし、iPhoneXXSXRなどにはホームボタンがありません。

その為、ホームボタンを使っていた操作方法が他のボタンを利用するように置き換わっているんです。

スクリーンショットも、その1つとなっています。

最初はやり方が分からず、慣れず戸惑うこともあるかもしれませんが、スクリーンショットは存在していますので、ご安心を・・・♪

 

撮れない時のスクショの使い方は?

 スクリーンショットがあるということが分かれば、使い方です!

方法は以下の3つとなっていますので、それぞれ紹介していきますね。

 

まず1つ目は、同時に押して指を離す方法。

iPhone8までは、ホームボタンと電源ボタンを長押しだったと思います。

iPhoneXSは、電源ボタンと音量ボタンの上側を同時押しにします。

この同時押しですが、ここが少し難しく、同時に長押し続けてしまうと電源オフとなってしまいます。

同時押しが難しいようであれば、電源ボタンを押したままの状態で、後から音量ボタンの上側を押してもスクリーンショットが撮れます。

 

こちらの方法は、基本の操作となっているので撮影手順をマスターしておくと最も簡単にスクリーンショットを行える方法です。

以前までは、ホームボタンを利用していたので片手での撮影は難しかったですが、この方法を利用すれば片手でスクリーンショットを撮影することも可能なので便利です!

 

2つ目は、指一本で撮影する方法。

手順を説明しますと・・・

設定⇒一般⇒AssistiveTouch⇒ダブルタップなし⇒スクリーンショット

以上の手順で設定を済ませて頂き、画面の右下に出てくる仮想ボタンをダブルタップすると、スクリーンショット撮影が可能となります。

1つ目のような、微々たる同時押しや長押しの時間などがうまくいかない場合には、このダブルタップでのスクリーンショットをおすすめします。

※スクリーンショットをした際、仮想ボタンは映らないので心配はいりません。

 

AssistiveTouchは、操作性にも優れていて、撮影方法が分かりやすいので以前よりも使いやすいと感じている人も多いようです。

また、仮想ボタンを利用する際には、親指に近い場所に移動させておくとより便利に使えると思いますよ。

 

3つ目は、Macで撮影する方法です。

この方法は、iPhoneを使い慣れている人やMacを使える人でなければ利用できないので少し難易度が高くなっています。

 

まず、Xcodeというツールを使います。

Xcode」は、appleが提供しているアプリ開発ツールで、MacAppstoreで無料でダウンロードできるので、料金は発生しません。

手順を紹介していきますと・・・

Macデスクトップ上部のメニューバーでWindowsdeviceSimulatoursをクリック

device画面でTakeScreenshotをクリック

上記の手順でスクリーンショットを撮影することは可能です。

 

パソコン上級者の人であれば簡単な操作だと思われるかもしれませんが、初心者の人が作業しようと思えば面倒くさく感じることもあるかと思います。

 

以上の3つがスクリーンショットを撮影する方法となっています。

 

まとめ

Macを使うとなれば、パソコンを出して行わないといけないので不便です。

個人的には、①か②の方法でスクリーンショットの方法を知っておく方が出先でも利用できるのでおすすめですよ。