Pocket

 

 

仮面ライダージオウ10話ではオーズ編が完結しました。

本編では今までのジオウに無かった新しいストーリーの見せ方で、オーズファンも納得の脚本でしたね。

ここまでしっかり作ってくれるとうれしいですね。

 

今回のキャストは、火野映児(渡部秀)と比奈ちゃん(高田里穂)がオリジナルから出演してくれましたが、やはりかけているものがありましたね。

 

そう、アンクです。

 

第10話のオリジナルキャストを聞いたときに、アンクが出演しないことで残念に思っていた人が数多くいました。

それほど、無くてはならない人物でしたよね。

 

でも、第10話を見た人からは、「アンク出せよ!」という声は聞こえてきませんでしたね。

それもそのはず、オーズ制作陣が考えに考え抜いて、今回の第9話、第10話を制作していたのです。

 

第10話を見た人はきっとこう感じたはずです。

あの時、アンクはいた!

 

つまり、第10話は完全にアンク回と言っても過言ではないほど、アンクに関係するものばかり登場していましたね。

 

そこで、第10話のあらすじを含め、オーズ編の内容をアンクを絡ませながらまとめておきたいと思います。

 






アンクはいつも火野映児と共に

火野映児がオーズと生きていても、オーズとして生きていなくてもアンクは存在していません。

しかし、アンクはいつも火野映児とともにあったのです。

 

今回の10話では火野映児はオーズとして生きておらず、国会議員として生きていましたね。

本当ならアンクも存在しない世界なので、アンクは一切存在しないはず。

 

でも、あの時、アンクはいたのです。

もし、あなたが火野映児の胸に刺さっていた赤い羽根を覚えているなら、それはアンクがいたと示している合図です。

 

見えない世界から、火野映児を守っている、火野映児の心がいつもアンクと一緒にいるという暗示ですね。

もちろん、火野映児の記憶にはアンクのことは一切ありません。

しかし、心と心でつながっている絆が、火野映児の胸に赤い羽根を刺させたと考えることができます。

 

実際に、オーズ編第9話、第10話を作り上げる時に、ファンのためにアンクの存在を感じさせるような構成にしたいと考えていたようです。

火野映児を国会議員にする役は決まっていましたが、それだけではオーズ編としての特徴が全く出すことができないので、スタッフはアタマを悩ましていました。

 

そんなとき、渡部さんが、「赤い羽根をつけたい」と提案したということです。

さすが仮面ライダーオーズとしてアンクと長い間一緒にやって来たことだけあり、思い入れが違うことが感じられますね。

火野映児という役を演じながらも、渡部さんの心は火野映児と一体化しているんじゃないかと思うくらい、アンクと火野映児の関係を自然に表せられる方でした。

 

そして、国会議員の胸に赤い羽根を指すことが決まったということです。

こんなちょっとした裏話も、オーズファンにとってはキャストがここまで考えて作品を作っているところを聞くと、ちょっと感動を覚えますね。

 

キャストは作品が終わったら、その作品への思いれはかなり薄くなるのかなと思っていましたが、火野映児訳の渡部さんはかなり熱い気持ちをもってらっしゃっいましたね。

素敵な方です。

 

ストーリーの中には仮面ライダーオーズを感じさせるシーンは数多く出てきましたよね。

比奈ちゃんが怪力・宇梶さんのハッピーバースデーをウォズが言う・火野映児の決まり文句「ちょっとのお金と明日のパンツがあればいい」・きよちゃんなどなど。

 

でも、オーズの一番の感動は、映司とアンクの絆だと思っているので、何よりもこのことをオーズ編に含ませてくれたことは、感動を覚えます。

さすが、オーズの制作陣ですね。

 

ロボマジーンにもアンクの息吹が

今回初めてロボマジーンは、ジオウモードからアーマーモード?になりましたね。

そして、オーズロボマジーンになるだけでなく、アンクの息吹の入ったタジャドルコンボロボマジーンに変身!

真っ赤に変身しましたよ!

 

これはマジで興奮しましたね。

オーズロボマジーンに変身しただけで、興奮していたのに真っ赤なタジャドルコンボで空を飛ぶんですよ?

アンク無しじゃありえないこの真っ赤なロボ。

震えましたね!

 

そもそも、今回のオーズ編は火野映児がライドウォッチを渡すところからいつもと違った・・・

 

何故、オーズライドウォッチとタジャドルコンボライドウォッチの2つを同時に渡したのだろうと疑問でした。

今までなら、レジェンドライダーのライドウォッチが1つ。

もしくは、仲間のライドウォッチが1つだった。

ビルドで言うところの仮面ライダークローズ。

 

でも、今回はオーズライドウォッチと変身用のタジャドルコンボライドウォッチまで渡すという伏線が・・・

 

そして、ロボマジーンに乗り込み、オーズロボ⇒タジャドルロボに変身とは・・・恐れ入りました。

ここまでアンクを押してストーリーを作ってくれたおかげで、アンクが今ここにいるんだ!という気持ちにもさせてくれるし、こうやって放送を見た後の余韻を楽しむこともできる。

 

本当に第10回は素敵な回でした。

そして、アンクありがとう!!

 

スポンサードリンク

檀黎斗王は素晴らしい演出

第10話では、キャラが薄くなってしまったなと思っていた檀黎斗王。

でも、この人のおかげで、オーズ編はかなり楽しませてもらえました。

 

第9話の時点から超強いキャラの檀黎斗王。

この人がアナザーオーズになるだけで、話題性抜群でしたね。

 

第10話を見るまでは、オーズ編と言っても火野映児がライドウォッチを渡して、檀黎斗王の強いキャラに翻弄されながら、協力して倒すのかなぁと思っていました。

結局、終わってみたら檀黎斗王しか記憶に残らないんじゃないかと・・・

でも、完全に期待は裏切られました。

しかも、いい意味で!

 

終わってみれば、最後に残ったのはアンクの息吹。

私にはそう感じられました。

 

もちろん火野映児も比奈ちゃんも素敵な演技でしたが、どうしても登場している時間が短かったです。

最後に記憶に残るのは、やはり戦闘シーンが強いですからね。

そこに意味を持たせてくれるキャストがいいですね!

 

だからといって、檀黎斗王がしょぼいといっているわけではなく、本当にいい味を出してくれたと思います。

むしろ、檀黎斗王しか見えなくなっているところを、うまいことオーズ編の醍醐味を味合わせてくれてとてもよかったです。

 

比奈ちゃん演じる高田さんもクランクアップの時には、檀黎斗王を見て、「わたしたちの中には、ああいう方はいませんでした」とおっしゃっていたようです。

あれほど強いキャラは、少しギャグ要素が無いと成り立たないですからね。

 

いや~10話は本当に良かったです。

個人的には今までの仮面ライダージオウのストーリーの中で1番ですね。

 

また、次の放送が始まる前にもう1度見ておきたいですね。

 

ダジャドルコンボウォッチの入手方法

ちなみに、タジャドルコンボウォッチを手に入れたい人は早めにチェックしておいてくださいね。

数量限定でしか販売されません。

 

クリスマスに子供にぷら善と仕様と思っているので、11/23に買いに行ってこようと思っていますよ!

 

購入方法は下記の通り。

  • 映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」の前売りチケットを購入
  • 発売日は11/23(金)
  • チケット種類:ムビチケカード(親子ペア券)+プレミア特典「プレミアセット」
  • チケット購入で「DXオーズタジャドルコンボライドウォッチ」がもらえる

 

映画自体は12/22(土)から放映予定なので、先送りにしていると売り切れてしまいますよ。

プレミアセットを購入したい人は、お近くの映画館に問い合わせてみましょう。

 

スポンサードリンク

仮面ライダージオウ10話のあらすじ

  比奈(高田里穂)の怪力を借りて監禁室から脱出した映司(渡部秀)は、黎斗(岩永徹也)の暴走を止めようと対峙。しかし、ヤミーによって動きを封じられると、黎斗の部下となったソウゴ(奥野壮)が「この人のことは任せて」と映司と比奈を再び拘束し、巧みに二人を庇う。

ジオウとの戦いに敗れたゲイツ(押田岳)は、やはりソウゴを倒して歴史を変えるしかないと決意を新たに。改めてライダーゲイツに変身、ジオウに戦いを挑むが、ジオウは自分をサポートするヤミーが一般人をも攻撃したことに激怒。ヤミーを粉砕する。そんなジオウを見たゲイツは…。

檀ファウンデーションに戻ったソウゴは、映司と比奈を解放。「たくさんの人と手を繋ぐ」という映司に好感を抱くと、下等な人間が自分の手に触れることも許さないと言い放つ黎斗に嫌悪感を抱く。そんなソウゴらの前で黎斗はアナザーオーズに変身。映司はソウゴに「これも君のだろ?」とオーズライドウォッチとタジャドルコンボライドウォッチを差し出す。

ソウゴはアナザーオーズの前でジオウに変身。オーラ(紺野彩夏)が操るタイムマジーンに苦戦をしいられるが、ゲイツがライダーゲイツゲンムアーマーに変身してサポート。さらにツクヨミ(大幡しえり)がタイムマジーンにジオウを乗せると、ジオウはオーズウォッチ、タジャドルコンボウォッチを使いオーラのタイムマジーンを撃破。2010年の世界へ旅立つ。

2010年、ウール(板垣李光人)によって黎斗はアナザーオーズに。そこへ現れたソウゴはジオウに変身。そしてジオウオーズアーマーに変身し、アナザーオーズを圧倒。ついには必殺技で撃破し、アナザーオーズを倒す。変身を解除した黎斗は、ウォズ(渡邊圭祐)から「お前は偉大なる魔王が生まれるための偉大なる肥やしとなった」とダメを押されてしまう。

檀ファウンデーションをめぐる事件は一件落着。ソウゴとツクヨミが帰宅すると、順一郎(生瀬勝久)からゲイツが荷物をまとめて出て行ったことを知らされる。
「俺はオーマジオウを倒すためにこの時代にきた」
自らに言い聞かせるように一人歩くゲイツ、そんな彼を遠くから見つめるオーラ…。

そして、オレンジを手にする一人の青年(佐野岳)の姿が。

 

第10話のキャスト

常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ:奥野 壮

明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ:押田 岳

ツクヨミ:大幡しえり

ウォズ:渡邊圭祐

ウール:板垣李光人

オーラ:紺野彩夏

スウォルツ:兼崎健太郎

常磐順一郎:生瀬勝久

【*アナザーライダー&レジェンドキャスト*】
「仮面ライダーエグゼイド」より

檀黎斗:岩永徹也

【☆レジェンドキャスト☆】
「仮面ライダーオーズ」より

火野映司:渡部秀

泉比奈:高田里穂

スポンサードリンク

第10話のスタッフ

【原作】石ノ森章太郎

【脚本】下山健人 ほか

【音 楽】佐橋俊彦

【クリーチャーデザイン】出渕 裕 ほか

【チーフプロデューサー】佐々木基(テレビ朝日)

【プロデューサー】井上千尋(テレビ朝日) 白倉伸一郎(東映) 武部直美(東映) 菅野あゆみ

【アクション監督】宮崎 剛(ジャパンアクションエンタープライズ)

【特撮監督】佛田 洋(特撮研究所)

【監 督】田﨑竜太 ほか

【制 作】テレビ朝日 東映 ADK

【主題歌】
Over “Quartzer”

歌:Shuta Sueyoshi feat. ISSA

作詞:Shuta Sueyoshi / 溝口貴紀

作曲:MiNE / Atsushi Shimada

編曲:Atsushi Shimada

 

まとめ

仮面ライダージオウ10話はアンク回でした。

胸の赤い羽根やタジャドルコンボロボマジーンをもう一度見るために、動画を見なおしておきたいと思います。

 

 

もし、アンクって何?という方は是非仮面ライダーオーズ本編を視聴することをおすすめします。