Pocket

 

下町ロケット第2話 あらすじのネタバレや感想

 

下町ロケット2の第2話が放送されましたね。

無理難題が押し寄せる佃製作所に今回も波乱が!

ギアゴーストとも対立したりとハラハラドキドキでした。

そんな下町ロケット2の第2話のあらすじをネタバレしていきます!

ネット上での感想も是非見ていってください。

 

★1話をおさらいする⇒下町ロケット2の第1話のあらすじ・感想

 







あらすじネタバレ前半

次のヤタガラスには佃製作所のバルブを踏査しできないかもしれないことが分かる。

しかし、帝国重工は小型エンジンの内製化を目指していたがバルブだけはうまいものができなかった。そして、最終的に下した結論が佃製作所に開発してもらうことだ。

だが、ヤタガラスの発射まで時間が迫っている中、開発期間が短いことがネックとなる。帝国重工社長の藤間から強くお願いされることで、一度検討することになる。

 

一方、ギアゴーストのバルブを勝ち取り勢いに乗るかと思われていたが、ヤバい状況に・・・

なんとギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害で15億円の損害賠償請求を受けたことが分かった。

 

メガバンクの伊丹は銀行やメガバンクを回って15億円を融資してもらえないか掛け合うが、とても短期間に集まる額ではなかった。

そのことが分かっている中川京一はほくそ笑む。

 

クロスライセンス契約の調査(ネタバレ)

佃は自社の顧問弁護士である神谷修一に相談すると、クロスライセンス契約が可能か調べるよう提案する。ケーマシナリーにもギアゴーストの特許を侵害する製品があれば、相殺するという契約。

神谷は秘密のうちに調べた方が、タダ同然で企業買収できるビジネス戦略もアドバイス。

ギアゴーストを買収して15億引き受けてから、ケーマシナリーにクロスライセンス契約を持ち出すのだ。

 

そしてある時、佃は島津に会い、雨が降っていたので車に乗せてもらうと。エンジンから変な音が聞こえてくる。ガソリンスタンドにより、ボンネットあけて内部を触り始める。佃が手助けすると、エンジンが良い音を立てて動き始める。

この様子を横で見ていた佃は、島津のことが気になってくる。

 

スポンサードリンク

島津・伊丹は天才だった(ネタバレ)

自宅に帰り帝国重工に努める利菜に、島津と伊丹が帝国重工に在籍していた時のことを聞く。すると、2人とも新しいアイデアを出す人間であり、古くからいる重鎮従業員に煙たがられたようです。その為、嫉妬されて総務部へ左遷されることがあったと聞くことに。

だから、社名がギアゴーストなのかと気づく佃。

 

佃はギアゴーストを売却するというアイデアもあったが、やはり人道に外れていると腹を決め。自社の利益より、島津・伊丹の夢をかなえさせようという気持ちになった。

そこで佃は従業員に対して、

「クロスライセンス契約についてギアゴーストに伝えようと思うけど、どうかな?」

と聞くと、従業員たちから産生の声が上がる。

 

実際にギアゴーストのクロスライセンス契約用の調査を進めることになったが、佃製作所ではロケットバルブの開発も進めている。

佃製作所社内では、2つの案件が同時に進められている為、どちらかを優先してほしいとの声が上がる。

 

佃VSギアゴースト!(ネタバレ)

ロケット・チームの山崎はトランスミッション・チームの立花が欲しい!手が足りないんだと軽部に掛け合うが断られてしまう。

さらに、ケーマシナリーのトランスミッションを調べるために、ギアゴーストとは違うやり方(投影機を利用)で検査すると、ギアゴースト社員が作業手順が違うのでやり直しをする。

それを見た佃陣営が反発し、ギアゴースト社員と対立することに。

 

そこに、島津がやってきて投影機を利用する方法は素晴らしいという。それにより、両社の良いやり方を組み合わせることで時間短縮が狙えると提案し、対立が収まることになった。

一方、ロケットバルブは天才エンジニア島津からのアドバイスにより新素材を手に入れ、開発を進めるとテスト結果が良いところまで来たことが判明。これでうまくいきそうだと佃がほっとする。

 

そして、ケーマシナリーの特許侵害になりそうな部材を見つける。形状が一緒なので高い確率で特許侵害になりそうだと、ついに来たかと気分が上がってくるが・・・

島津が調べたところ材質が異なる為特許侵害にならないということがわかった。

 

スポンサードリンク

あらすじネタバレ後半

佃製作所で佃はみんなを集めてこういう。

「ギアゴーストに15億円を出資したい」

しかし、経理の殿村は猛反対。

 

「無理をしてでも、つかまなきゃならないときがある。ギアゴーストの技術に、あの人達に惚れたんだ。一緒に仕事したいと思った。」

と頭を下げてお願いするのでした。

 

佃はギアゴーストを訪れ、伊丹と島津にギアゴーストを支援することを伝える。

伊丹・島津は佃に感謝を伝える。

 

これで一件落着と思っていると・・・

別の場では既に中川が違う方法でギアゴーストをつぶす方法を考えていた。

「ギアゴーストには確実に死んでもらいます。」

 

 

第2話あらすじがよかったとの感想

スポンサードリンク

裏切者・内通者は誰!?の感想

3話予告動画

3話あらすじ

ギアゴーストの協力のもと、新作バルブシステムの開発も順調に進み、最後の難関である燃焼実験のみとなっていた。 そんなある日、帝国重工の水原(木下ほうか)に呼ばれた佃(阿部寛)は、信用調査を受け入れなければならないと告げられる……。その背景には、ギアゴーストとの買収話が関わっているという。

信用調査の当日、殿村(立川談春)が自宅を出ようとすると、父・正弘(山本學)が倒れてしまい、緊急手術に。殿村不在のなか、帝国重工の審査部信用管理室の安本(古坂大魔王)に詰められる佃製作所メンバーは、指示された覚えのない書類の不備で窮地にたたされる―。
果たして佃製作所はこのピンチをどう乗り切るのか!