Pocket

 

 

ドラマ「中学聖日記」で有村架純さんとW主演となった岡田健史さん。

中学生役なのに顔が大人びすぎていて、設定とズレすぎ!

といった評判も見られますね。

設定ありきか、ドラマとして楽しむかによって考え方は色々あると思いますが、岡田健史さんの年齢はだれしも気になってしまいますよね?

そこで、岡田健史が何歳なのかを、ドラマの役柄と比較しながら見ていきたいと思います。

 

★⇒岡田健史主演の中学聖日記の無料動画を見る

 

ドラマ「中学聖日記」の役柄の年齢は?

ドラマは何歳の役?

「中学聖日記」では黒岩晶という中学3年生の役で主演を演じています。

確かに中学3年生と言うともっと童顔で、かわいらしい顔をしている中学生が多いですが、岡田健史さんはどちらかというと、もう大人に見えるような顔つきなので、中学生を演じますと言われると違和感を感じる人が多いこともうなずけます。

 

実際の15歳くらいの男の子と言うと、もっと肌がキレイな印象ですね。

 

洋平俳優16歳

小原唯和俳優16歳

岩城優里モデル16歳

 

2018年でこの子たちが15歳や16歳なので、やっぱり岡田健史さんは見た目がかなり上に見えてしまいます。

 

実際は19才?年齢差は?

次は岡田健史さんの実際が何歳なのかについて、調べていきます。

生年月日は、1999年5月12日生まれ

2018年10月現在は満19歳

 

岡田健史さんが19歳ということから、ドラマの役とは4歳の年齢差があるわけです。

やはり、この4才差というのはかなり大きいですね。

 

先程紹介した実際に15才や16才の俳優たちと比べると、肌や顔の作りが大人びて見えてしまいます。

15歳の子が岡田健史さんと同じ役柄で演技していると思うと・・・

有村架純さんに抱きついたり、キスするのって、かなり現実離れしているなぁという気にはなりますね。

 

ただし、そこは設定の問題であって、ドラマを楽しむという点ではあまり気にならないのかなぁと。

中学生も高校生も見た目は違うけど、学校生活の内容が年齢によってそこまで違うかって言われたら、そこまで変わってこないと思います。

 

もちろん、年齢が高くなるので色々なことを親が許すようになるので、行動範囲が広がるとか、そのような影響はありますが、学校内でできることは限られているので、中学生も高校生も大きな差は無いと考えています。

 

単純にドラマを楽しむ分は気にしなくていいと思いますよ!

 

スカウトされたのは何歳は?

ドラマ「中学聖日記」で新人ながら主演を勝ち取った岡田健史さん。

ドラマの主演に抜擢するのは早すぎるんじゃないの?という心配もありますが、実はスカウトも早かったことをご存知ですか?

初めてスカウトされたのは何歳?

岡田健史さんが初めて現在のスウィートパワーという事務所にスカウトされたのは、

なんと、中学1年生の時だそうです。

何歳かと言えば、13歳の時になるでしょう。

かなり若いというか、まだまだ子供として育てられる時期の子ですね。

 

しかし、小学生から上がって1年も経っていないような岡田健史さんですが、その時から何かきらめくものがあったということですね。

でなければ、芸能界の事務所がスカウトするわけありませんから。

 

芸能界入りを決めたのは何歳?

芸能界入りを決めたのは18歳の時。

高校卒業してから芸能界に入ったようですね。

 

あれ?と気づく方もいると思いますが・・・

スカウトしてから芸能界入りを果たすまでにはかなりの期間が置かれています。

これは何でしょうね?

1回断れたのかな?という気がするかもしれませんね。

 

岡田健史さんは中学1年生でスカウトされた後、すぐに「はい、芸能界に入ります」ということはありませんでした。

このあたりは、両親の教育方針にもよるのかなという気がしますが、中学1年生の頃は全く芸能界に興味がなかったようです。

 

実際に岡田健史さんが芸能界入りを希望する高校卒業時には、両親とかなりもめたそうです。両親からすると、高校卒業後に俳優になる道を選ばせるのはリスクが高いのでやめさせたかったのではないでしょうか?

 

俳優だけでは生活していくことは難しいという考えで教育されていれば、若い頃に俳優になりたいと思うことは少ないはずですからね。

そういうわけで、岡田健史さんが芸能界入りするまでには5年間かかっています。

 

事務所のスウィートパワーも1回断られたから諦めます・・・というわけではなく、何度も説得しに来ていたようですね。

何度も断られたようですが、最終的には初めてスカウトしてから5年後に晴れて芸能界入りを決心してくれて、今に至るようです。

 

中学1年生でスカウト。そして、高校卒業した年が18歳でドラマデビューが19歳ということは、芸能界入りを決めてから、たった1年でドラマデビューというスピードデビューしているわけです。

その為、岡田健史さんの情報は限られたものしかなく、実際のドラマの演技で岡田健史さんの今後がこれから評価されていくことになるでしょう。

 

前評判としては、全くのド新人をドラマデビューさせようとしているのですから、失敗するはずと言われていると思いますよ。私も「中学聖日記」のドラマスタッフだったとすると、絶対にやきもきしたと思いますし、今もドキドキしながら撮影していると思いますよ。

 

まとめ

今回岡田健史さんが何才で、ドラマ「中学聖日記」の役柄は何才なのかについてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

最後は内容をまとめておきたいと思います。

 

  • 岡田健史さんは「中学聖日記」では中学3年生の15才の役柄
  • 実際は19歳で年齢差は4才
  • 初めてスカウトされたのは13歳の時
  • 芸能界入りを決めたのは18歳
  • ドラマ「中学聖日記」の出演が決まったのは19歳
  • 異例の速さでドラマデビューを果たす新人

 

このように年齢だけを見ると、役柄と年齢差があってドラマを見たくないと思う人もいますが、もっとライトに考えるのもアリだと思いますよ。

実際の15才が演じたら、かなり危ない映像になると思いますので・・・

あえて19歳の配役にしていると思います。

 

ただ、岡田健史さんがスカウトされたときが中学生の時なので、気持ちとしては中学生の思いを作ってえやすいのかなと期待しています。

これからドラマのストーリーがどんどん進むにしたがって、話すことも多くなっていくので、どのような演技を見せてくれるのか楽しみにしましょう!