Pocket

ホームルーム

第一話では山田裕貴のド変態教師の熱演ぶりがネットでも話題になっていました。第二話は桜井をいじめる真犯人を巡って愛田先生がピンチに陥ります。

そして新たなキャラの濃い生徒会長白鳥奈々も登場!真犯人の手がかりはつかめるのでしょうか?

 

今回はサスペンス的要素が強かったように思います。愛田先生が真犯人を捜すために校内のあちこちに隠しカメラを仕掛けます。

そして桜井がトイレで水をかけられる事件が発生します。

ヒロイン桜井のピンチの場面にたっぷりためてヒーロー愛田先生登場からのいきなり生徒会長登場の場面ははしごを外された感じで面白かったです。

 

愛田先生は追い出され、生徒会の現場検証が始まります。

この生徒会の捜索によってトイレの隠しカメラが発見され、回収されてしまいます。

生徒会長の白鳥は高性能電波感知器を取り出し、その場にいた生徒たちから電波が出てないか調べだしました。

当然、愛田先生のところで大きく反応します。

あ、愛田先生ってバレた!と思いましたが、ポケットにワイヤレスイヤホンが入っていたから、とうまく言い逃れをします。

この場はなんとか逃げ切れたものの、カメラは回収できませんでした。

 

このカメラの画像を見られたら愛田先生がバッチリ写っているためカメラを仕掛けたことがバレてしまいます。

まだまだ続く愛田先生のピンチ!カメラを回収できなかったことに腹を立て、ゴミ捨て場で地団駄踏み、いらだちをあらわにする愛田先生にもはや爽やかなイケメン教師の面影はありません。その子どものような姿に可愛ささえ感じます。

そしていよいよ生徒会室で白鳥がこのカメラの動画を確認しようとしたとき、ゆっくりと後ろから何者かが白鳥に近づき、パイプ椅子を白鳥に振り下ろします。

血しぶきが飛ぶシーンはまさにサスペンスドラマ!え?愛田先生、そこまでするの?と思ったら、その次の場面で愛田先生が生徒会室に入り、血を流して倒れている白鳥を発見します。

愛田先生が殴ったのではなかったということは真犯人の仕業ですね。まさかケガまでさせるとは犯人も本気ですね。怖いですね。

そして今回も愛田先生の変態シーンありました!

なんとフローリングワイパーを片手にまたまた素っ裸で熟睡している桜井のそばに登場!もう気持ち悪いというより笑ってしまいました。

鑑識捜査官なみに桜井の髪の毛を集め、見つけた部屋ごとにビニール袋に分けて入れる徹底ぶり!その細かさが異常さを際立たせますね。

今回登場した生徒会長の白鳥は「鉄の女」の別名を持ち、学園の秩序を乱すものは許さないと桜井のいじめの犯人を捜そうとします。しかしドラマの最後、犯人に殴られて負傷した白鳥を愛田先生は抱き寄せ、優しい言葉をかけます。

「こんなにあたふたするなんてかわいいな。」こんな事言われたらきゅんとして好きになってしまいますよね。

白鳥も愛田先生にフォーリンラブです。

もちろん愛田先生はただ白鳥が殴られたときに誰か見なかったか聞きたかっただけです。女子高生の皆さん、甘い言葉には気をつけましょう。

もう一人愛田先生に好意を寄せる保健の椎名先生。今回もわざと愛田先生に前かがみで胸の谷間を強調させながら話しかけ、色仕掛けをします。

しかも椎名先生は積極的で、愛田先生と二人で夜回り当番のときにはホテルの前でわざと転んで、ここで休憩していきませんか?と誘ってくるのです。

しかし愛田先生は時間の無駄!とすごい形相でその場を立ち去ります。愛田先生、桜井に一途でなかなかかっこいいですね。

それから次回以降に絡んできそうな不良グループ。

椎名先生から逃げてきた愛田先生を見つけ、こっそりあとをつけて愛田先生が入っていった団地の写真を撮ります。

不良グループリーダーの竹ノ内は愛田先生がホームルームで、桜井をいじめた犯人のことを「さみしいからだろう?」と言ったことが気に入らないようです。

女子生徒や先生からは人気のある愛田先生ですが、やはりアンチはいるものですね。次回以降、この不良グループが愛田先生を陥れようとするようです。

生徒会はカメラの画像を確認できませんでしたが、そのデータは真犯人が持っていきました。データの行方も気になりますね。