Pocket

来世ではちゃんとします

ドラマ「来世ではちゃんとします(来世ちゃん)」の第3話。

どんな内容だったのか、さらっとあらすじを見ていってください。

 

来世はちゃんとします(来世ちゃん) 3話 あらすじネタバレ

1個目

「スタジオデルタ」のチームリーダー・檜山トヲル(飛永翼)は仕事がめちゃめちゃできる。通常業務をさっさと終わらせて、副業のマンガを描いている。マンができれば、SNSに投稿してファンの反応を見るという生活を繰り返し、たくさんをお金を貯めていた。

そして、そのお金の使い道は風俗に行くことだったのです。

お気に入りの「心ちゃん(中川知香)」と会うためにお金を貯めて、何度も通ったり、プレゼントを買ったりして、気を引こうとするのでした。

しかし現実はそんなに甘くない。

「心ちゃん」はお客さんとして接している間は、ニコニコしてるけど、檜山が帰った途端、真顔になって、「うっぜーー!」と言ってしまうリアルな風俗嬢だったんです。そんなことも知らずに、檜山はお金を貢ぐのでした。

2つ目

モモちゃんはみんなの趣味って何?ってことが気になります。

梅ちゃんはアリを見るのが好き、林は筋トレ、檜山は風俗に副業のマンガづくり。でも、モモちゃんには趣味という趣味がない。

普段は何をやってるかというと、誰ともいなければ、ベッドでゴロゴロして不毛な時間を過ごし、男といれば、セックスばかり。

結局、趣味といえるのはセックスしかないことにちょっと落ち込みがちに・・・

「A君、いつまで抱いてくれる?」

そういうと、A君に笑われるのでした。

3つ目

林は毎度のこと、元カノのSNSチェックばかり。松田からマッチングアプリを紹介されて、しぶしぶアプリに登録している人を見ると・・・美女が多くて林も登録することに。

登録して少ししたころ、かわいい女の子とマッチング成立。うれしすぎて松田に自慢しようとすると、

「それってサクラじゃね?かわいすぎるよ」

でも、林はそんなことない!信じないといって松田の言葉を聞かなかったことにします。

だけど、言葉が林の中に残り、疑心暗鬼になる。そこで、マッチングした「凪ちゃん」をデートに誘います。しかし、断られる。林は勇気を出して「凪ちゃんがサクラじゃないかと思ってるんだ」というと・・・

凪「私、男なの」

と衝撃の言葉が返ってきます。もはや、言葉の無い林・・・

一方、彼女を作るためマッチングアプリを始めた林勝(後藤剛範)は栗山凪(ゆうたろう)という美女と仲良くなっていく。しかし凪には衝撃の秘密が…!

来世はちゃんとします(来世ちゃん) 3話 感想

林がマッチングアプリでマッチングできた女性は男性だったんですね。

凪ちゃん!

って言って、ウキウキワクワクしてたのに見事に打ち砕かれちゃいました。

この後どうなってしまうんでしょうね?

 

セカンド童貞の林っていう意味不明な性癖だから、このまま男性でも付き合ってください!

何て言ってしまうのかも。

 

林のあのキャラは本当に面白い!

処女でキレイな女の子しか好きになれないなんて、もう一周回って男性に行ってしまいそうですからね。

 

もともと、それっぽい顔してますよね。

だって、筋トレばっかしてるんですからね・・・

完全にイメージ先行です!!

 

さあ、ここからどうなるのかワクワクしちゃいますが、

次に4話でじっくり確認していきたいと思います。

 

▼見逃してしまったらこちら▼

来世ではちゃんとします(来世ちゃん)の見逃し動画【1話~4話】VODオンデマンド!アマゾン・huluなどを調査