Pocket

知らなくていいコト

ドラマ「知らなくていいコト」1話を見た感想や、心に響いたセリフを取り上げていきます。

私は面白いドラマだと思いました。

クライマックスがちょっと・・・でしたが。

でも、みんなの声を聴くと「微妙」「あいまい」「言いたいことが分からない」って方もいて、賛否両論って感じです。

ツイッターやヤフーの感想の声は、いろんな感想を持つ方がいて面白いですよ?

 

>>>Huluで無料視聴するならこちら

知らなくていいこと 1話 感想(ネタバレあり)

あらすじ

一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁ケイト(吉高由里子)は、仕事に恋に充実した日々を送っていたある日、同居する映画翻訳家の母・杏南あんな(秋吉久美子)が倒れたと連絡を受ける。未婚のままケイトを育て上げた杏南は、病床でケイトの父があの“キアヌ・リーブス”だと言い残し、あっさり亡くなってしまう!連載班の後輩で恋人の野中春樹(重岡大毅)に相談するもジョークでは、と取り合われない中、母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて……!

数日後、仕事に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷(佐々木蔵之介)に直談判する。ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。杏南の最期の言葉を聞き「ステキじゃないか」と“父親キアヌ説”を否定しない尾高に元気をもらうケイト。尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!!

引用元:知らなくていいコト公式サイト

ケイト(吉高由里子)のセリフが素敵!お茶の先生とのやりとりが名言!

ケイトは先生が100万円をある男性に振り込んだことに共感!

アイラブユーをお金で買ったことも、ケイトも買えるなら買ってしまいそうといって、ケイトに不信感を持ってた先生の気持ちにスルリと入っていくんです。

 

愛してるという言葉は人をどん底から頂点まで引っ張り上げてくれますから。

これからも 愛の言葉をバンバン買ってください。

ウソと承知で愛を買うならそれもまた人生ですが、

ウソと知らずに買う人は救わなければなりません。

 

これで先生の心をゲットしちゃいます。

しかも、週刊誌に先生のことを書いても良いって言われて、先生をハッピーにして、仕事も上手くいってハッピーになります。

 

これで、1話は終わりかな・・・と思ってたら。

 

最後に最悪な事件が起きるんです。

 

感想:1話から最悪のセリフを聞いた・・・

野中春樹(重岡大毅)は最低キャラ認定!!

最後のセリフは最悪過ぎました!何この人!!

 

「愛してるという言葉は人をどん底から頂点まで引っ張り上げてくれますから。」

素敵なケイトの名言がこれ。

だけど彼氏にやられたのは、これと真逆のこと。

 

「やっぱり結婚は無理かなって思うんだ。子供とかできたときのことを考えると、(殺人犯の娘という)遺伝子どうすんだって思っちゃう自分がいて。・・・・ごめんなさい(結婚できない)」

 

ってことでしょ。

お茶の先生(倍賞美津子)と一緒に愛の話で意気投合していい話で終わるのかなと思ったら、最後にこんな爆弾ぶっこんできた。

 

これなんのドラマなんだ?ミステリー?

「テセウスの船」とかぶってんじゃん・・・

 

いや~マジでケイトには幸せになって欲しいよ。

結局、元カレの尾高由一郎(柄本佑)とくっついちゃいそうだけどね。

 

なんとなく彼氏感

 

でも、野中春樹(重岡大毅)は最低キャラだから、まだまだぶっこんで来るんじゃないのかな。

乃十阿 徹とケイトの関係をみんなにばらしちゃうような気も。

 

そうなったら、本当にふざけんな!って感じになるけどね。

 

気持ち悪くなるくらい最悪なセリフはね、本当に聞かない方がいい。

 

それでも怖いもの見たさで聞きたいならコチラ。

 

ネット上の感想

ツイッターの声

微妙過ぎてよくわからない

はるくん最悪

 

ヤフーの感想

大石静の脚本は面白い

特にファンではないけど、
吉高由里子のドラマは見てしまう。
やっぱ面白い。
吉高由里子の彼氏役、
またジャニーズですね。
どうでもいいけど・・・。
先が楽しみなので、
毎週必ず見ます!

吉高さんはあまり好きではないけれど、興味を惹かれる題材の出演作が多く、初回は必ず見るようにしています。中にはリタイアした作品もあるけれど、今回は単体のエピソードと主人公にまつわる謎の二部構成も程よく、ぐいぐい引き込まれました。
セリフに無駄があまりないなぁと思ったら、大石静さんの脚本ということで納得。
どういう展開になるのか楽しみです。

 

吉高嬢のドラマはいつも一話でリタイアなんだけど最後まで見ちゃった。
脚本が凄い!
と思ったら大石静さん。
この方のドラマ、私の好きな無口なできる女パターンのやつか、私の嫌いなエロチックなやつかと思ったけどどちらでもないサスペンスっぽい練られたやつ!
キアヌリーブスとか、面白い(笑)。
吉高嬢も変なクセが控えめで良かったし、元彼役の柄本さんも同じく変なアクを控えて素敵だった。
イマイチなジャニ彼はビビって別れるみたいだし(笑)。
これから楽しみ。

柄本がイケメンに見える

これは経費で落ちませんを見てなかった方には、彼の魅力はわからないかも?
私も最初、これは経費で~を見た時、重岡くんのことはまったく知らず、この人ジャニーズだって!え~??なんか、正直イケメンでもないし、演技も微妙だなって。でも最終回の頃には、重岡くんめっちゃいいやん!!ってなってたので、この先も出番が続くのなら、終わる頃には、彼の良さがわかるかも??
でも今回は柄本佑さんのほうがメインっぽいから、そうならないかも。
ところで、柄本さんってちょっと顔変わってませんか?なんかイケメンになってるなぁと思って見てました。

高嶺の花に似てる

脚本は違うけど
2018年の夏に放送してた「高嶺の花」に似てる気がする。
推測だけど

主人公の彼氏が合ってない

もっと主人公の相手役にふさわしい若手のイケメン居たでしょ…
何故あんな不細工なジャニに…

なぜジャニーズは重岡くんを押す?
これは経費で落ちませんの時同様、主人公の彼氏ほどの存在力を他の人は皆感じているのだろうか。
ただの同僚くらいならいいんだけど。

山内圭哉のパワハラ上司再来

わたし定時で帰ります、けっこう視聴率も評判も良かったみたいですが、インパクトに欠けボンヤリした印象のお仕事ものでした。
今回のこのドラマの1話を見る限りは、この先全く期待できません。
お仕事ドラマを甘く見過ぎてると思います。
もっと本気の熱量を持って作って欲しいです。
あと、お仕事ドラマに山内圭哉さんをやたらキャスティングするのはやめて欲しいです。なかなか一般企業にああいうキャラはいないと思います。
今回は出版社という設定なので、有りと踏んだのでしょうか…?

見ない・離脱派の声

からのまさかの父親殺人鬼疑惑!
母親が死に際にキアヌと口走った理由にも合点がいく…が…プロの記者なんだから普通、調べないか?裏を取らないか?それでお仕事ドラマって。
同様に倍賞美津子は、茶室でスマホを消音にもせずプロ意識に欠けるし、記事にしたいと申し入れる側も支離滅裂なら、快諾するの側も意味不明。
主題歌やら劇中に流れる音楽もマッチしてないし、なにがしたいのか、なにが描きたいのかサッパリ。知らなくていいこと、って言うより、観なくていいかも。

>>>Huluで無料視聴するならこちら

 

アマゾン・パラビなどで見れない時の無料視聴方法はこちらから