Pocket

韓国アクションドラマの最高峰「 IRIS-アイリス- 」シリーズの第2弾。第1弾のヒョンジュン(イ・ビョンホン)の死から3年後の物語が描かれます。そして今作はチャン・ヒョク、イ・ダヘを中心に素晴らしいアクションシーンや恋模様を見ることができます。

そんな「アイリス2」の見れるサイトはこちらです。

おすすめ動画サイト

「アイリス2」が見られる動画サイトはココ!

dTV・アマゾンプライムビデオ・GYAO!・TSUTAYA TV

パラビ・FODプレミアム・U-NEXT・VideoMarket・hulu・ビデオパス・ネットフリックス・TVer・TBS FREE・YOUTUBE・パンドラ・デイリーモーション・9TSUでは見られません。

 

「アイリス2」を無料で見るためには、無料動画配信サイトを利用するor有料動画配信サイトの無料お試し期間を利用する方法があります。

いろいろな動画配信サイトを比較していくと、無料お試し期間が31日間もあり、お手軽料金でりようができるdTVを使う方法がオススメだと判明!

それらの観点にも注目しながら、韓国ドラマ「アイリス2」の情報をまとめてみました!

 

※2020年6月21日時点の配信作品となります。配信作品が変わっている可能性がありますので、最新状況は公式サイトでご確認ください。

「アイリス2」は日本語字幕で動画が無料視聴できる

韓国ドラマ「アイリス2」はdTVなら日本語字幕で動画を無料視聴できます。

 

パンドラやYOUTUBEでは日本語字幕なしでしか見れない動画ばかりですが、dTVなら日本語字幕で、音声もはっきり聞こえます。

「アイリス2」ではアクションシーンが見どころになっているので、キレイな画質を見るならオンデマンド配信がおすすめですね。

もし、無料で動画を見る方法を探しているなら、dTVの無料お試しを利用してみるといいですよ。

 

「アイリス2」の動画配信サイト一覧(2020年6月21日時点)

動画配信サイト名 「アイリス2」の配信状況
パラビ ×
FODプレミアム ×
U-NEXT ×
dTV
TSUTAYA TV
アマゾンプライムビデオ
VideoMarket ×
hulu ×
ビデオパス ×
ネットフリックス ×
TVer(ティーバー) ×
GYAO!(ギャオ)
TBS FREE ×
YOUTUBE ×
パンドラ ×
デイリーモーション ×
9TSU ×

韓国ドラマ「アイリス2」はいくつかのサイトで見ることができますが、この中でも無料で見られて、数多くのアジアドラマの見られるdTVがおすすすめです。

 

あらすじ

 

国家安全局(NSS)要員のヒョンジュン(イ・ビョンホン)を死に至らした秘密組織「アイリス」のスパイ活動で逮捕されたNSS前局長ペク・サン(キム・ヨンチョル)は孤立した島に監禁される。数年後、ヘリ1機が島に着陸要請をし、NSS要員らが降りるが…。特殊監獄に到着するや否や警備隊長を射殺し監獄の中に侵入する要員たち!!まだ終わっていなかった戦い…果たして秘密組織「アイリス」の実体を明らかにすることができるのか。

引用元:DATV

キャスト

チャン・ヒョク(チョン・ユゴン役)


警察出身のNSS TF-Aチーム チーム長。

過去は刑事として活躍したためNSSに抜擢されたが、アイリスが絡んだ事件を担当したときに怪我を負ってしまう。その後の消息は不明に・・・

イ・ダヘ(チ・スヨン役)

この投稿をInstagramで見る

 

노필터와 필터의 차이,,노셀카와 셀카의 차이,, 음…오늘 귀걸이 너로 정했다 I AM in #广州#tous

Leedahey 이다해(@leedahey4eva)がシェアした投稿 –


元・射撃の金メダリストでNSS TF-Aチーム要員。ユゴンは恋人だったが、ユゴンが行方不明になった時に死んだと思っていたが、思わぬ形で再会することになる。

イ・ボムス(ユ・ジュンウォン役)

この投稿をInstagramで見る

 

2010 해밀턴 런칭 & 화보 . #이범수 #leebeomsoo #leebumsoo #イ・ボムス #李凡秀 #해밀턴 #Hamilton

Munk_333(@munk_333)がシェアした投稿 –


前朝鮮民主主義人民共和国・対外情報調査部要員。

北側勢力の中心に立つことになる人物。

ユン・ドゥジュン(ソ・ヒョヌ役)


NSSエリート要員。スヨンのことを思っていたが、ユゴンが帰ってきたことにより複雑な思いをする。

イ・ジュン(ユン・シヒョク役)


NSSメンバーの1人で暗殺者を追跡する第六チームにスカウトされる。

スタッフ

  • 脚本  チョ・ギュウォン
  • 演出  ピョ・ミンス キム・テフン
  • 製作年 2013年