Pocket

韓国ドラマ「タンタラ」が見られる動画サイトをご紹介していきます。

落ち目の敏腕マネージャーと新人バンドが芸能界で這い上がるためおサクセスストーリーが見られる本作品。

無料で動画を見るために動画サイトを調べてみると、Hulu無料視聴することが一番良い方法だということが分かりましたので、今回は調べた内容を詳しくまとめていきます。

▼早速見たい人はこちらから▼

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Hulu公式サイトはこちら

 

※2020年6月20日時点の配信作品となります。配信作品が変わっている可能性がありますので、最新状況は公式サイトでご確認ください。

「タンタラ」の動画配信サイト一覧(2020年6月20日時点)

動画配信サイト名 「タンタラ」の配信状況
パラビ ×
FODプレミアム ×
U-NEXT
dTV
TSUTAYA TV
アマゾンプライムビデオ ×
VideoMarket
hulu
ビデオパス ×
ネットフリックス ×
TVer(ティーバー) ×
GYAO!(ギャオ) ×
TBS FREE ×
YOUTUBE ×
パンドラ ×
デイリーモーション ×
9TSU ×

この中でもおすすめはHuluですね。

dTVやツタヤTVでも「タンタラ」を見られますが、Huluは全作品見放題なのが一番ですのでHuluのサービス内容についてもお伝えしていきます。

 

見放題ですぐに無料視聴可能なHulu

hulu

  • 2週間無料で試しに使える
  • すべての作品が見放題で楽しめる
  • 海外ドラマに強い
  • 国内ドラマが見逃し配信される
  • 高画質でスムーズに再生できる
月額料金 933円
無料期間 2週間
ダウンロード 対応可能
支払い クレジットカード、プリペイドカード、ペイパルなど

2週間の無料キャンペーンを使うこともできるので、気軽に始められます。見放題で視聴できるHulu(フールー)の作品については、公式サイトでご確認ください。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Hulu公式サイトはこちら

オフラインでも見られる

 

あらすじ

 

大手芸能事務所で辣腕を振るうマネージャーのシン・ソクホ(チソン)は、育ててきたアイドルグループのJACKSONとともに独立を進めていた。投資家たちからも援助を受け、独立に向けて順調に見えたが、ある日ソクホは飲酒運転事故を起こし拘置所に収容される。拘置所から出たソクホはJACKSONが事務所と和解し残留することになったという知らせを受ける。それはソクホを蹴落とそうとするイ代表(チョン・ノミン)の策略なのだった。投資家たちから1ヶ月以内に新たなグループを結成するよう迫られたソクホは釜山に住む作曲家に会いに行ったところ偶然、チョ・ハヌル(カン・ミンヒョク)の歌声を耳にする。ハヌルは幼なじみのイ・ジヨン(ユンソ)に暴行の濡れ衣を着せられて前科者となり、心を閉ざしていた。しかしソクホの説得に、やがてハヌルは再び歌うことを決意。はじめは反対していた姉代わりのグリン(ヘリ)もハヌルを支えていこうと心に決める。ソクホはメンバーを集め、バンド“タンタラ”を結成。芸能界での成功を夢見て動きだすが……。

引用元:KNTV

第1話
大手芸能事務所KTOPでマネジャーとして活躍しているシン・ソクホは、所属するアイドルをトップの座につけるためなら、どんな手段を選ばない。
ソクホは苦楽を共にして育てたアイドルJACKSONのメンバーと事務所を独立する計画を進め、最後の活動を準備していた。
そして音楽チャート1位を取るために新人作曲家の曲をJACKSONの作品として発表する。
だが、JACKSONが華やかに活動を再開し、成功を収めるなか、ソクホは予想もしていなかった危機に追い込まれてしまい、最後の希望を抱いて釜山に向かう。
一方、ハヌルは友人への婦女暴行容疑で法廷に立つことになる。
ハヌルの後見人として参加していたグリンは裁判の経過を見ながらイライラするのだが・・・・・・
第2話
ハヌルの声を聞いたソクホはハヌルを捜し出そうと必死になる。
ハヌルのCMソングを持ち帰ったソクホは、JACKSONのために確保しておいた支援金を新人の売り出しに使うと言い出す。話を聞いたソクホの親友ミンジュは契約違反だと大反対。
それでもソクホは諦めず、あちこち探し回った末にハヌルが通う学校に行くのだが、学校を訪ねたソクホは、停学中のハヌルが暴言を浴びる姿を目の当たりにする。
そしてソクホは悲嘆に暮れているハヌルのあとをずっとつけていき、様子をうかがいながらついに手を差し伸べる。
だがハヌルは婦女暴行の前科者だと言い、ソクホの提案を突っぱねる。
ソクホは偶然通りがかったオーディション現場でジュリアード出身のギタリスト、カイルを見つける。
第3話
ハヌルが歌う姿を見たグリンは喜び、よくやったと励ます。
グリンは再びKTOPを訪ねていき、ジヨンという練習生がいるかどうかを確かめる。
グリンが訪ねてきたことを聞かされたジヨンはすぐに先手を打つ。
KTOPから連絡を受けたソクホは不安を抱くのだが……。
ある日突然、ソクホを訪ねたベーシストのナ・ヨンス。ヨンスは以前、ソクホが飲みに行った店でギターを弾いていたのだが、ソクホが独立したことを聞いてギタリスト志望として売り込みに行く。
だがベーシストが足りないバンドだと聞いて、ヨンスはすぐにベーシストとして仲間に入れてほしいと伝える。
だが、練習日に子連れで現れたヨンスを見て、ソクホとハヌル、カイルは驚愕する。
一方、曲作りのためにハヌルの家に訪ねてきたカイルは、偶然、ハヌルに婦女暴行の前科があることを知り、ソクホとぶつかる。
第4話
バンドでだったら歌うと言っていたハヌルは、やはり歌えない、辞めたいと言い出す。
ハヌルが残していったミルクキャラメルとCDを見たソクホはあることを思い出す。
そのまま納骨堂に向かったソクホは涙を流しながらハヌルの兄ソンヒョンにハヌルは弟なのかと問いかける。
バンドでギターを弾いていたソンヒョンとハヌルと一緒に話した過去を思い出すソクホ。
そしてCDの中に入っていた手紙を見つける。
手紙を読んだソクホはハヌルの気持ちを変えるために釜山に向かい、あとから追いかけてきたカイルと一緒にグリンの家で世話になる。
ハヌルの婦女暴行事件の真相と共に、偽証したジヨンがKTOPに所属していることを知ったソクホは、妙な空気を読み取りジュウハンを訪ねて警告する。
一方、ハヌルはカイルの言葉を思い浮かべて複雑な気持ちを抱くのだが・・・・・・。
第5話
ソクホがハヌルとは旧知の仲であったことに気づいたことを知ったハヌルは、懐かしさとうれしさで号泣する。
ソクホが言っていたように手紙を読んだハヌルは、再びバンド活動を行うと心に決めてソウルに上京する。
一方、グリンから話を聞いたソクホはハヌルのぬれ衣を晴らすために調べ続け、KTOPのジュハンから事件の真犯人がいることを聞く。
しかし、その犯人とは長年ソクホが育て上げたJACKSONのリーダージヌだった。
事務所でジヌと対面したソクホは、あまりの驚きで言葉を失ってしまう。
そしてジュハンから事の内幕をすべて聞かされる。ジヌが舞台恐怖症のために1年くらい前から薬を服用していた。
ジヌはある日、薬と酒を一緒に飲んでしまい、ちょうどクラブに居合わせたジヨンに利用されたのだった。
ジヨンはハヌルを婦女暴行犯に仕立て上げ、一方ではジュハンを脅し、新人のガールズグループのメンバーとなってデビューを果たす。ハヌルのぬれ衣を晴らしたい思いと、ジヌを警察に突き出せない思いとで苦しむソクホだが・・・・・・。
第6話
連絡が途絶えてしまったソクホを待ち続けるハヌル。
ある時、信号待ちしているとトラックに乗っているソクホを見かける。トラックの名前を覚えて帰ったハヌルは、しらみつぶしに港を当たっていく。
そしてようやくソクホの名前を知る人と出会い、ついにソクホを探し当てる。
ハヌルが近づいていってもソクホはイヤホンを外さないまま、ハヌルの存在を完全に無視する。
ハヌルはソクホが作った曲で歌いたい、みんな集まって待っているとひと言残して帰ってくる。
ハヌルの言葉に励まされたソクホは、タンタラバンドを始めるために、まずはKTOPのジュハンに会い、どんな妨害にも屈することなく突き進み、ハヌルのぬれ衣を晴らすと宣戦布告する。
そして皆が待っているマンゴーに戻ったソクホ。ソクホが必ず帰ってくると信じ、バンドのメンバーたちを支えていたミンジュは、ソクホの姿を見るなり涙を流す。
バンドのメンバーはソクホからのメールに驚き、食事もそこそこに事務所に集合する。
第7話
生放送の出演依頼を受けたタンタラは大喜びだったが、KTOPの強硬な妨害により出演依頼をキャンセルされる。
放送局にかけあったソクホはプロデューサーに局長に合わせてほしいと頼み込む。
しかしなかなか話は通してもらえず、局長室の前からつまみ出されようとした時、局長に呼ばれたKTOPのイ・ジュンソク社長がジュハンを従えてやってくる。2人の様子を見守るソクホ。
局長は、KTOPはKTOPの意向どおりに事を進めてほしいときっぱり言い切り、放送局としてはタンタラバンドを舞台に立たせるという意志を表明する。そして音楽的な完成度を重視していると伝える。
さらに放送局のほうではKTOPに所属する歌手及びタレントをすべて出演させないことを通達する。
むしろやぶ蛇になり窮地に立たされるイ・ジュンソク。
イ・ジュンソクたちが放送局から去ったあと、すぐにソクホは出演の連絡を受け、奇声を発して喜ぶのだが・・・・・・。
第8話
グリンに突然解雇を言い渡すソクホ。
しかしグリンはなかなか従おうとしない。
グリンは一生懸命に学ぶと言いながらすがるが、ソクホは断じて許さない。
マネージャーの資格がないと言われ悔しがるグリンはずっと泣き続け、ハヌルはそんなグリンを励まし続ける。
部屋に戻ってきたハヌルにカイルは、グリンが実の姉ではなく、養子ではないかと聞く。
ハヌルは、グリンは父親の友人の子で、中学生の頃両親を失い、ハヌルの家に引き取られたことを打ち明ける。
話を聞いたヨンスは、実の姉でもないグリンが、ハヌルの面倒を見て支えてきたことに感心する。
だがハヌルは決して口外しないでほしいと2人に頼む。
ところがバンドのメンバーが全員知っていることを知り、ハヌルは腹を立てる。
そんな時にソクホはトッポッキを差入れする。
おいしいと頬張るジェフンは、友達がおらず、みんなで食事できることを喜んでいると打ち明ける。
第9話
ジヌはラジオ番組に出演した時の投稿が気になり、釜山の事件現場に向かう。
そして同じくそこで待ち伏せしていたハヌルと居合わせることになる。
ジヌは2人とも被害者ではないかとハヌルに言い、その言葉にハヌルは怒り心頭を発する。
ジヌはジヨンの行動で思い出したことがあると言い、そこでハヌルは鍵を見つける。
そしてハヌルは捕まった時、そこにギョンスがいたことを思い出す。
ジヨンの家から出てきたハヌルは事故を起こし、車から降りて苦しむジヌを見つける。
ソクホに電話したハヌルは状況を説明して指示をあおぐが、結局ジヌのそばに行き保険会社を呼ぶことにする。
ジヌをタクシーに乗せてソウルに向かったハヌルは、ソクホに連絡し、マンゴーの前に車を止める。
事態を収拾したあとハヌルの様子を見に行ったソクホは、ジヌが犯人であることをいつ知ったのかとハヌルに聞く。
ハヌルはジヌのタトゥーを見て分かったと打ち明け、グリンには気づかれないようにしてほしいと頼む。
第10話
グリンが描いた傘の絵を見たソクホは、そのままグリンが出張で行った地方の美術館まで行ってしまう。
何とか冷静さを取り戻そうとするソクホ。
ところが担当者が遅れてグリンは出張先でソクホと泊まることになってしまう。
連絡を受けたハヌルは慌てて落ち着きがなくなる。
そんなハヌルを見たヨンスは、ハヌルの気持ちを察し落ち着かせる。
グリンのことを好きなのだろうと言われたハヌルは、初めて自分の気持ちに気づく。
KTOPのイ・ジュンソク社長はタンタラの勢いがおもしろくなく、ハヌルが前科者であることを記事に書かせようともくろむ。
出張から元気な姿で戻ってきたグリンを見て、ハヌルは喜び、運転を習うと言い出す。
知り合いの編集長から連絡を受けたソクホは、ハヌルの前科について聞かれ、また記事を書こうとしている記者がKTOPから情報を得たと知り窮地に立たされる。
第11話
タンタラのメンバーが放送局で仕事を終え外に出ようとすると、そこには報道陣が詰め掛けて道をふさいでいた。
あまりのものものしさに立ちすくむハヌル。
だがそんなハヌルを見るとソクホはすぐさま手を握り笑おうと声をかける。
そしてもう一方の手を握るグリン。2人のおかげで気を取り直したハヌルは、他のメンバーと一緒に外に向かう。
車に乗り込むと一斉に携帯でポータルサイトを確認するメンバーを見て、しばらく携帯を見るのはよそうとソクホが呼びかけ、メンバーもそれに従う。
だがマスコミの攻撃は容赦なくハヌルは性的暴行の前科者として、インターネットで騒がれてしまう。
その状況を見てほくそ笑みハヌルにメールを送るジヨン。
為すすべもなく傷つきながら成り行きを見守るハヌル。
KTOPのやり方に腹を立てたピョン社長はKTOPにじか談判しに行くのだが・・・・・・。
第12話
グリンと一緒にお茶を飲みながら、ソクホはどうやってハヌルと家族になったのかを聞く。
グリンは両親を亡くしたあとハヌルの父親が引き取ってくれたいきさつを打ち明ける。
つらい時は1人で泣いたらすっきりして元気が出ると言うグリンにソクホは、傘にはなってやれないけれど泣きたい時はそばにいてやると話す。
一方、ソクホと出かけたグリンを雨の中でずっと待ち続けていたハヌル。
ずぶ濡れになっているハヌルを見てグリンは驚いて駆け寄る。
ハヌルの記事を書いたパク記者は、トゥインクルのイ・ジヨンのことを嗅ぎつけ、KTOPのジュハンを訪ねる。
ハヌルのことを話す時は饒舌だったジュハンが、イ・ジヨンとジャクソンのことに内容が及ぶと言葉を濁すのを見たパク記者はジュハンにしつこく迫る。
同じ頃、ジュンソクはジヌとジヨンについて弁護士と相談するのだが・・・・・・。
第13話
カイルとジェフン、ハヌルを連れて郊外に出たグリンは、はしゃぐ3人を見て一緒に喜ぶ。
ハヌルはそこでグリンに指輪を渡しながら告白しようとするが、ジェフンがひざ相撲でケガをしたためにタイミングを逃し、がっくりする。
ソクホは警察署からジュンソクに電話をかけ、ハヌルを陥れたKTOPの悪事を暴きに来たと話す。
そしてジヨンがソクホと手を結んだことを知り、腹を立てるジュンソク。
ソクホは事件の成り行きを収めた動画を刑事に見せ、再捜査を依頼する。
ヨンスを訪ねてきたチャニの母親ガウンは、他の男と結婚することをヨンスに打ち明ける。
話を聞いたソクホはそんな話があるかと腹を立てる。
帰ってきたメンバーが皆、ヨンスの話を聞いて一緒に腹を立てると、ヨンスは喜び半分、不思議がる。
再捜査の話を聞いたハヌルとグリンは動画があったと聞いて驚くが、ソクホは無罪を主張する捜査だから怖がらずに出頭しようと勧める。
第14話
古い歌を編曲して若い歌手が歌うという「レジェンド・アゲイン」という番組への出演オファーを受けたソクホ。
チェ・ジュナの歌をタンタラバンドが歌うことになったことを知りうろたえるKTOPのイ・ジュソク。
そしてチェ・ジュナが絶対に表に出られないよう何とか食い止めようともくろむ。
ソクホを呼び出したハヌルは、すぐに運転の練習につきあってもらう。
寮に押しかけてきたジェフンの母親はグリンに食事のメニューとクレジットカードを渡し、きっちり管理してくれと話す。
ジェフンの制止には目もくれずグリンに一方的に話す母親を見てメンバーたちも圧倒される。
だがソクホにこれ以上、ジェフンの写真を送らないでほしいと言いながら、母親なりに認めたことを伝え去って行く。
一方、ヨンスとミンジュがスクープされ、ミンジュがジェオグループの末娘だと知ったソクホはむしろショックを受ける。
第15話
チェ・ジュナの歌をハヌルが歌うことに断固反対するピョン社長から、ソンヒョンの死が心臓マヒではなく自殺だったことを聞いたソクホ。
イ・ジュンソクを絶対に許さないと憤ったソクホは高級クラブに押しかけジュンソクに殴りかかり問いただそうとする。だがジュンソクは逆に、ソクホにそんなことを言う視覚があるのかと笑い飛ばす。
そして歌番組に必ず出演し、ハヌルに必ず歌わせろと言い放つ。
事実を知ったソクホはソンヒョンが眠る納骨堂に行き、それまで気づかなかったことを詫びる。
明け方部屋に戻ったソクホはベッドに倒れ込む。
そしてミーティングの時間になっても現れないソクホと連絡が取れず心配するグリンは家に行ってみようかと提案するが、ミンジュは話せない事情があるのだろうとグリンを止める。
第16話
KTOPのイ・ジュンソクは、タンタラの出演する番組が始まる前に何としてもチェ・ジュナを探し出すようキム・ジュハンに命令する。
ジュハンがいろいろと調べてみたところ、チェ・ジュナはオーストラリアで暮らしていたが韓国に戻ってきているという。ジュハンはその情報をソクホに流す。
ジュハンから話を聞いたソクホはホテルをしらみつぶしに探すが一足早くジュンソクがジュナを韓国から去るよう説得し、ジュナは去ったあとだった。
ソクホはホテルにメモを残し約束の場所で待つのだが、店を出ようとしたところにジュナが現れる。
だがジュナは事実を明らかにすることはできないと言い、立ち去ってしまう。
ソンヒョンの命日だと知ったメンバーたちは一緒におまいりしようと話す。

第17話
チェ・ジュナは舞台に立ち突然ファンの前から姿を消した理由を話す。
そして自分が歌った曲がソンヒョンの曲であると告白し、映像のソンヒョンとハヌルのデュエットが実現する。
おのおのの思いの中、皆、2人のデュエットを、涙を流しながら聞く。
ジヌはソクホを呼びだし、タンタラとジュナの公演を見て、やはり正直に生きるべきだと「ドンドタッチ」が自分の曲ではないことを告白すると話す。
共犯のソクホは軌道に乗ったタンタラの後任を知人に頼みに行く。
ソクホが自首したと聞いたミンジュは身勝手なソクホに腹を立てるものの、ソクホが刑務所に行くと聞いて保釈金を用意すると息巻く。
そんなミンジュにソクホは罪をきちんと償いたいと言い止める。
第18話
ジヌはSNSを通して、「ドントタッチ」が自分の曲でないことを打ち明け、海外に音楽の勉強をしに行くと告げる。
何も聞いてなかったソクホは驚いてすぐに電話をかけるものの、ジヌはすでに空港におり、ソクホにお礼を言って去ろうとする。
ところが空港には大勢のファンが待ち伏せてジヌに声援を送る。
ファンに勇気を得て海外へと出発するジヌ。
ハヌルはグリンに兄を失ったあと、両親に笑顔が戻ったのはグリンが来てくれたおかげだと話す。
そんなハヌルにグリンは自分が成長できたのはハヌルの家族のおかげだと言う。
一方、イ・ジュンソクのKTOPはキム・ジュハンも出ていき、会社の再建は困難になる。
1年後、タンタラバンドは音楽番組で1位を獲得し、不動の地位を築いていた。

 

キャスト

チ・ソン

ヘリ

カン・ミンヒョク

エル・ジョー

コン・ミョン

イ・テソン

 

スタッフ

  • 脚本  ユ・ヨンア
  • 演出  ホン・ソンチャン イ・グァンヨン
  • 製作年 2016年