Pocket

チュモン

おすすめ動画サイト

「チュモン」が見られる動画サイトはココ!

U-NEXTアマゾンhuludTVビデオマーケット・GYAO!・ネットフリックス

YOUTUBE・パンドラ・デイリーモーション・9TSU・TVer・ツタヤFODビデオパスラビでは見られません。

 

U-NEXTならその他の韓国ドラマが豊富に見ることができます。

無料期間中にポイントが見られるのもうれしいですね。

これから始めるなら無料で登録できるので、一度試してみるのもいいですね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

※2020年6月13日時点の配信作品となります。配信作品が変わっている可能性がありますので、最新状況は公式サイトでご確認ください。

チュモン」の動画配信サイト一覧(2020年6月13日時点)

動画配信サイト名 チュモンの配信状況
パラビ ×
FODプレミアム ×
U-NEXT
dTV
TSUTAYA TV ×
アマゾンプライムビデオ
VideoMarket
hulu
ビデオパス ×
ネットフリックス
TVer(ティーバー) ×
GYAO!(ギャオ)
TBS FREE ×
YOUTUBE ×
パンドラ ×
デイリーモーション ×
9TSU ×

「チュモン」はU-NEXTで見ることができます。

配信されている韓国ドラマも多く、最新作品もいち早くみられます。

そして、無料キャンペーンに登録するとポイントがもらえ、そのポイントでレンタルできます。

無料期間中でも解約できるので、一度は使ってみるといいですね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

あらすじ

 

紀元前108年、漢の侵略により古朝鮮国が滅亡する。国を失った流民たちを率いて漢に抵抗する民族の英雄ヘモスは漢軍との闘いで重傷を負い、河伯(ハベク)族の娘ユファに救われる。やがてふたりは恋に落ち、ユファはヘモスの子を身ごもるが、それを知る間もなくヘモスは漢軍の矢に倒れてしまう。愛する人を失った悲しみの中、ユファはヘモスの親友で扶余(プヨ)の太子クムワに保護されて男児を出産し、チュモンと名付ける。心 ひそかにユファを思うクムワは彼女を側室に迎え、友の忘れ形見チュモンにあきれるが、ソソノはなぜか彼のことが心に残る。その後、兄たちの策略でついに宮中を追放されてしまったチュモンは、実父ヘモスであるとも知らず偶然出会った盲目の男性から武芸を学び、強く生まれ変わっていく。

引用元:ホームドラマチャンネル

感想・見どころ

人影1

私が大学生のころにハマっていたもので、主人公のチュモンはプヨの王と親しかったへモス将軍の子であった。プヨの王が王子の頃、へモス将軍と共に追ってから逃げたが、崖の上で行き止まりとなり、へモス将軍を助けることができなかった。その申し訳なさからか、プヨの王はチュモンを王子として受け入れるが、王やテソ王子との考えの違いから、新たな国を作る決意をし、プヨを去ります。別な国の主張の娘と協力してプヨと戦うところや恋愛ストーリーが溜まりません。韓国ドラマは、ストーリーが好きです。こんどは、イサンや仮面の王イソン、七日の王妃や、ヘチなんでも時代劇でしたら書けますので今後ともよろしくお願い致します。

人影1

チュモンが高句麗を建国するまでのストーリーがダイナミックに描かれ、アクションも多いかったから見ごたえがありました。また、チュモンを演じたソン・イルググの最初は臆病な王子から国を興すほどの英傑になる演技がよかったです。かなり壮大な歴史ドラマです。ダメダメな第三王子が高句麗を作り上げるまでの物語です。それまでにおきる様々な障害を乗り越えて、チュモンは成長していきます。ソソノと結局結ばれなかったことが何より心残りでした。

人影1

登場人物が、かなり多いのですが、1人、1人の登場人物の性格などが細かく描かれていたと思います。人間の強さと弱さがテーマの作品な気がします。主人公のチュモンは、本当に心がとても強い人だったと思います。この作品の魅力は古代の朝鮮半島の小国の王子の一人が高句麗という大国を築き上げるまでの冒険活劇にあります。その一途中にロマンスもあり、仲間との友情もあり、戦いもあり、ハラハラドキドキの内容が盛りだくさんで毎回見るのが楽しみでした。”頼りない男の子が勇敢な男性へと成長していく姿に男性には見ていて共感できるものも多くありました。また、このドラマは費用が桁違いと言われており、どのシーンもリアルで、そして迫力も桁違いの時代劇という感想でした。

人影1

へモスと出会い、自分が他の王子と父親が違うことを知ってから成長のスピードには驚かされます。国を建てると決め、それまでの恨みを捨て去って皆を仲間として抱えていく姿は、王としての器が見えました。ソソノとの2度の別れは、どちらも悲しいものになりましたが、のちの歴史を見ると彼女の判断が正しかったのだと思います。

 

キャスト

  • ソン・イルグク
  • ハン・ヘジン
  • キム・スンス
  • オ・ヨンス
  • チョン・グァンリョル

 

スタッフ

監督:イ・ジュファン

脚本:チェ・ワンギュ、チョン・ヒョンス

製作年:2006年