Pocket

恋は続くよどこまでも 相関図キャスト一覧

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の1話のネタバレをまとめていきます。

※原作漫画からのネタバレ予想となります。

「恋は続くよどこまでも」1話のネタバレあらすじ

主人公・佐倉七瀬は病院に勤め始めました。そして、天堂浬という呼吸器科の医者に出会ってすぐに告白をします。

あなたに出会った時から好きでした。

しかし、天堂先生は全く覚えておらず、七瀬に頭大丈夫か?と言われてしまい、七瀬は落ち込みます。

その告白現場には多くの看護師もいて、大衆の面前で告白していました。教育が厳しいと言われている天堂先生に告白するという人は今までいなかったので、七瀬の勇気ある行動に対して、七瀬のことを”勇者”と呼ぶようになります。

七瀬は天堂先生の呼吸器科で研修することになりますが、仕事が全然できなくて天堂先生から「もう看護師を辞めろ」と言われるくらい厳しいことを言われてしまします。

病院で疲れ切って家に帰ろうとすると帰る途中に心停止している男性を発見して、心臓マッサージを始めます。そこに天堂先生が現れて救急車をすぐに呼びます。

天堂先生は七瀬の心臓マッサージの方法を褒めてくれ、ちょっと気分が上がる七瀬。そのまま、一緒に帰っていると実は家がお隣さん同士ということが分かります。

そして、天堂先生のところでの研修が終わり、七瀬は天堂先生ともう顔を合わせないことになります。

そんなある日、疲れて家に帰っていると言えの扉の前で倒れてしまいます。そこに、天堂先生の姉の流子が七瀬を助けてくれます。

天堂先生と同じ部屋に住んでいるので、時間がたつと天堂先生も帰ってきます。すると、七瀬が横になっているところにおかゆを持ってきて「食べろ」といって、食事をとらせます。

七瀬が顔色が悪いことに気づいていたようです。病院で毎日誰かが血を出したり、亡くなる現場を経験することで、慣れない環境にストレスを感じていることが分かっていました。

そのため、天堂先生は優しく七瀬を介護してくれます。

最後の研修を小児科で過ごしている七瀬。ここでは、杏里ちゃんという入院している子供のケアを中心に行います。

杏里ちゃんは天堂先生のことが気になっているから、天堂先生に告白してフラれた七瀬に話を聞くのが好きだったので、普段からよく七瀬と杏里ちゃんは一緒にいました。

たまにふらっと現れる天堂先生も、杏里ちゃんのことを気にしているようです。

だけど、杏里ちゃんは突然元気がなくなり、外の空気を吸いに行くことがなくなってしまいます。

同期に仁志くんという小児科にいる男性看護師がいて、あることを教えてもらいます。

もしかすると、杏里ちゃんは検査の結果、入院が無期限になることが決まり、その事を知ってしまったので落ち込んでいるのかもしれないと思うようになります。

そんな時に事件が起きます。

杏里ちゃんが病室から抜け出してしまうのです。病気の杏里ちゃんをすぐにみんなで探し始めます。すると、七瀬が1番に見つけます。

見つけた場所はベランダで、杏里ちゃんは飛び降りようとしているように見えたので、七瀬は急いで止めに行きます。

杏里ちゃんはもう七瀬に手をつかまれているだけで、今にも落ちそうです。七瀬は必死に杏里ちゃんの腕を捕まえます。

杏里ちゃんも死にたくないよといって七瀬の腕をつかみます。だけど、七瀬には杏里ちゃんを引き上げるほどの力がなく、七瀬も掴んでいるだけで弦がいでした。

すると、そこに天堂先生が現れます。そのおかげで、杏里ちゃんを引き上げることができ、みんな助かることになります。

天堂先生は七瀬の行動を褒めます。そして、七瀬は呼吸科に希望を出して、天堂先生と働きたいと言います。

マンガを見るならこちら