Pocket

空の青さを知る人よ 結末ネタバレ
映画「空の青さを知る人よ」のあらすじを結末までネタバレしていきます。
 
 

空の青さを知る人よのあらすじネタバレ(結末ネタバレも)

山に囲まれた田舎町に住む、17歳の高校2年生・相生あおいは、受験勉強もせずに暇さえあればベースを弾く音楽づけの日々で毎日のように「東京行って、バンドやる」という気持ちがありました。

だけど、そんなあおいは姉・あかねと二人きりで暮らしています。13年前に事故で両親を亡してしまったので、姉のあかねが親代わりとなってきました。

事故当時・・・
高校3年生だったあかねは恋人の金室慎之介(しんの)がいました。2人で一緒に上京してミュージシャンになるのが夢だったけど、その夢を断念することになってしまったのです。しんのは愛用のギター『あかねスペシャル』を当時の練習場のお堂に残して一人東京に旅立ちます。
 
あおいは何故上京をやめてしまったのか?それは親代わりとして地元の市役所で働いている姉・あかねにいつも負い目があったからです。幼いころから親代わりとなってもらっていたので、あかねの人生から自由を奪ってしまったのではないかといつも負い目を感じていたのでした。だから、東京に行ってバンドをやると言うあおいには姉を自分から解放してあげたい思いと引目もあったのだ。
 
そんなある日、町で開催される音楽祭に、大物演歌歌手・新渡戸団吉の出演が決定。そのバックミュージシャンには高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通だった慎之介の姿がありました。
 
同時にベースの練習をしていた山中のお堂にはなんと高校生のままの慎之介“しんの”が現れます。
 
ベースを背負って練習場所のお堂に行くと、そこには先客がいた。
「え……?」 しんの、だった。 まず、驚いたのはあおい。
 
あれから13年もたつのに、なぜか、高校生の頃のしんのが、そこにいた。
あおいは「相生、あおい。目玉スター、二号」ってしんのにわかりやすい返答をすると
 
「え?……ええええええ!?」しんのは目の前の成長した高校生のあおいに驚くのだ。
 
 
幼少のあおいにとって慎之介は、音楽の楽しさを教えてくれた憧れの存在でした。
高校生の姿で現れたしんのは、13年前のあかねに東京に行く事を断られた時にタイムスリップして、あおいの前に現れます。どうやら生霊な様な状態であると理解することに。
 
大物演歌歌手のバックミュージシャンの今の慎之介は、東京に行って世の荒波にのまれてやさぐれてしまった様。自分の望む音楽での成功はどうやら夢途中の様子。かと言って、プロのプライドだけはある様な姿になっています。
バックバントのメンバーの事故であおいが共演するハメになるのだが、今のプライドだけが高く付き合いづらい慎之介とは全くうまくいかないのだ。姉のあかねとの再会もぎこちないどころか最悪なのである。大切な再会に無理に関係を持とうとしてしまうのだ。
 
マイナスな気持ちで飲む酒に彼はひどく、悪酔いしてしまい、オマケにホテルの部屋まで送ってくれたあかねに絡んでしまったが、それは酒の勢いののか?
 
「その年でもったいつけんなよ。いいだろ、減るもんじゃないし」
長い歳月の初めての再会での言葉としては最低である言葉をあかねに投げかけるのだった。
 
酒のせいにしても最低だ。
 
「本気で言ってる? それが13年ぶりに再会して言うセリフかね」
あかねの言葉が当たり前だが彼の胸に刺す。
 
 
一方、高校生のまままるで、”生霊”の様なしんのは13年ぶりに再会した慎之介とあかねがうまく関係がゆく事を望み、自分の生霊の様な存在が元通りになる事を望んでいる。しかし、13年たった自分が全く違う自分となっている事に憤慨する。あおいにしてはあねのあかねと慎之介が結ばれる事を望みつつも高校生のままのしんのへの想いが憧れから恋に発展している。4者の思いが交差しながらも物語は進む。
 
そんな時、慎之介としんのの遭遇があります。同じタイミングで姉のあかねが事故にあい音信不通になる。モタモタしていて救助に向かわない慎之介に愛想をつかし今の不思議力を発揮してあかねを救うしんの。 
 
事故の後、あおいは一人で帰宅してしまい。
車の車内では、しんのは寝てしまい、あかねと慎之介が話をする展開になります。
そこで、慎之介は、夢もあかねも諦めないことを宣言。
 
彼が『井の中の蛙大海を知らず されど青空を知る』の意味を知ったのは、上京後だった。
 
蛙は井戸の中を出なくても、そこから見える青空の青さ、美しさ、愛しさをちゃんと知っていたと言うことです。
 
その大切な物はあかねにとってのあおいであり、慎之介にとってのあかねでした。
 
トンネルの中でしんのも同じことを言っていたと明かすあかね。
そして、気が付くと、しんのは消えていました。
 
一方、しんのが消えたことに気が付いたあおいは涙を流し、青い空を見上げます。
自分はこの空の青さを知って、何ができるだろうと。
 
 
四者が一堂に介しての会話でしんのが消えていった。
 
その後、慎之介はあかねと遠距離で交際が始まり、あおいは東京でミュージシャンの道へ

感想

まとめ

 
胸締め付けられる、ふしぎな四角関係が 過去と現在をつなぎ始めて「二度目の初恋」が始まる物語。
 
車で4人 しんの一人寝込んでいる中で おにぎりの会話となります。
あかねがこれまで作ってきたおにぎりは、あおいが好きな昆布の具 ノートにあかねが書き留めたあおいを育てる記録では全てがあおいの攻略内容でした。じつはそれはあおいのためというよりは、お姉さんキャラを演じる自分のためといったほうが正しいかもしれません。
 
そして慎之介に「ツナマヨを作ってあげる」とあかねが言ったとき、過去のしんのは消え去るせつないストーリーになっています。