Pocket

イット2 結末ネタバレ

楽しいはずのピエロが全米を、いや、全世界を恐怖に陥れたあのホラー映画「イット」の続編が公開されます!

このポスター、怖すぎませんか!?

タイトルは『 IT/イット THE END“それ”が見えたら、終わり。』。

今回はこの続編についてご紹介させていただきます!

さて、続編はどれだけ怖いのでしょうか?

原作者のスティーブン・キングも絶賛したというこの映画。みなさんもぜひその恐怖を味わってください!

イット2のあらすじ

観客を恐怖に陥れる、「それ」とはイット。人間の弱さに付けこむ、ボサボサ頭で、赤い髪と鼻のピエロの姿をした悪魔です。

ピエロのようですが、全然ピエロではありませんね。名前はペニーワイズ。

ある町に27年周期で現れ、事故や天災に見せかけ、子どもたちを捕食(!)します。

このペニーワイズは大人には見えず、捕食の対象となるのは、子どもと夢を抱く思春期の少年や少女。要するに心が曇ると見えないってわけですね(笑)

前回ペニーワイズが現れてから27年。またあの小さな田舎町デリーで、再び連続児童失踪事件が起こります。

子ども時代にペニーワイズの恐怖から生き延びたいじめられっ子たちのグループ「ルーザーズ・クラブ(負け犬)」は、再びその町に戻ることになります。

戻る理由は、27年前のあの約束を果たすため。その約束はこちらの予告動画でご覧ください。

イットが再び現れたら、必ず戻ってくる、という誓いだったんですね。

今回の続編では、いろいろな謎が解き明かされるようです。

なぜその町で子供が消えるのか?
なぜ事件は27年周期なのか?
それの正体と目的は?

あらゆる疑問の答えが解き明かされそうです。普通ホラー映画って、疑問はあまり追及しないのがマナー(笑)ですが、さすがスティーブン・キング。単なるホラー映画ではありません。

さて、「ルーザーズ・クラブ」は全てを終わらせることができるのでしょうか?

イット2ジエンドのネタバレ

27年周期で現れるペニーワイズ。

前回ペニーワイズを倒してから27年が経った西暦2016年になり奇妙な事件が起き始めます。

遊園地で遊んでいた同性愛カップルはヤンキーに橋の上から落とされると、必死に泳いで助かろうとします。すると、そこにある人物の手が差し伸べられます。

実はこの人物が、ペニーワイズだったのです。

そして助けくれると思っていたら、そのままバクりと食べてしまいます。やはり、ペニーワイズが復活します。

また、ペニーワイズが出現することを恐れていたマイクは地元に残りピエロに関する調査を行っていた。そして、ピエロに食べられた事件を知ると現場へ急行する。

すると、橋の横には「帰った来た」と血文字で書かれていました。これはペニーワイズが帰ってきたと分かったマイクは、ルーザーズクラブのメンバーを呼び出します。

現在のメンバーは、それぞれの生活をおくっています。

ビルはミステリー小説の作家・脚本家として成功して、女優アウラと結婚。エディはリスク評論家として活動。ベンは痩せて超絶美形のイケメンに成長。リーチーはスタンドアップコメディアンになって成功。スタンリーは会計事務所で働き、普通の妻として生活しています。ベバリーは、トム・ローガンという男性と結婚。ベバリーはファッションデザイナーになっています。

しかし、マイクがルーザーズクラブのメンバーに電話をしてもなかなかメンバーが集まってくれなかった。

ベバリーは夫が許さず、暴力を受けながら逃げ出してきたり、スタンリーは来てもくれません。実はペニーワイズのことが怖くて自殺していたのです・・・

ルーザーズクラブのメンバーはレストランに集まって話していると、ペニーワイズの影を感じます。

それからホテルに戻りペニーワイズを倒す作成を立てます。マイクは地元に残ってずっとピエロの歴史を調べており、それはネイティブアメリカンの部族であるチャドの儀式が関係あることが分かったと言います。

また、地元であるデリーに落ちた隕石や3つのデッドライトと呼ばれる光がペニーワイズの正体で、光を操って姿を変えていることもわかります。

そして、ペニーワイズを倒す方法としては、ネイティブアメリカンの部族から盗んだ陶器に光(ペニーワイズ)をいれれば勝てるといいます。

 

しかし、光を封印するには子供の頃の思い出のものを犠牲にするチャドの儀式が行う必要があることが分かります。

 

必要であり、その儀式の実行の際は子供時代の思い出の品を犠牲にしなければならないそこでルーザーズクラブは、それぞれの思い出の品を集めることにします。

そして、ルーザーズクラブのメンバーたちは思い出に残っていた物を持って集まり、ペニーワイズの住んでいる場所へ行きます。

そこで、儀式を行いますが陶器に光が入りますが、爆発してしまうのです。つまり、失敗です。

すると、ペニーワイズがルーザーズクラブのメンバーに襲い掛かります。

ペニーワイズの幻覚を見せる攻撃は人の体がバラバラになったものなどを見せたりすることをします。メンバーたちはみんな幻覚攻撃を受けて、ペニーワイズにやられっぱなしです。

もうここまでかと思われたときに、ペニーワイズを倒す方法を思いつきます。ペニーワイズは子供の弱い心を付け狙っているため、ペニーワイズより強かったら何もしないという特徴を生かして、攻撃する方がペニーワイズより強いと思えばいいはずと考えます。

そこで、ルーザーズクラブのメンバーはペニーワイズの悪口を言いたい放題。こんなんでペニーワイズに勝てるの?と思っていると、ペニーワイズの体はどんどん小さくなっていくではないですか。

最後には動けない小さな子供のようになり、そのときにペニーワイズの心臓らしきものを取り出してつぶします。すると、ペニーワイズがいなくなり、ルーザーズクラブのメンバーは勝利します。

期待感

公式Twitterの予告動画、かなり煽ってますね~(笑)

ホラー好きに限らず感動も得られる「イット」。それもそのはず原作はあのホラーの巨匠、スティーブン・キング!

この前作「イット」は2017年に公開され、ホラー映画として興収の新記録を打ち立てました。

あの恐怖から2年ー。さらなる恐怖が襲ってきます!

続編というより後編と言った方が正しいかもしれません。というのも、過去と現在が交差してお話が進んでいくからです。

今回は前作から27年経ったという設定で、前作の子どもたちが成長した大人として登場。子供時代と交錯しながらさらなる恐怖に陥れていきます。

なんといっても見どころは、イットの正体!今回はその正体が明かされるとのことです。

特に前作を観た人にとっては必見の後編。

前作を上回るスケール、そしてパワーアップしたイット。

ただ怖いだけではない、ストーリーの面白さにも惹きつけられること間違いありません。

ホラーファン、スティーブン・キングファン、それに「イット」のファンタジー編ともいえる「スタンド・バイ・ミー」のファンにもたまらない作品ではないでしょうか。

ということで、映画「イット」の期待度は、ホラーが苦手な方以外にとってはかなり高い作品となりそうです。

作品情報

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は1986年のスティーブン・キングの長編小説。

前作は全米でホラー映画ナンバーワンの興収を樹立。なんと「シックスセンス」を上回りました!

ブルース・ウィルスも残念がっているかもしれません(笑)

監督は前作と同じアンディ・ムスキエティ。アルゼンチンの映画監督で、この2作品以外にはホラー映画「MAMA 」を監督しています。

この映画「イット」の主役、ペニーワイズを演じているのはティム・カリーという俳優。

1990年のテレビ版からずっとペニーワイズを演じています。でも素顔を見てもわからないと思いますが(笑)

ほかには「チャーリーズ・エンジェル」「ホーム・アローン2」などにも出演されています。

今回のティム・カリーが演じるイットことペニーワイズ、かなり怖いらしいですよ~。笑い声など、いろんなところから恐怖をかもし出しているとか。

予告を見るとちょっと老けた?(笑)ようにも見えましたが、気のせいでしょうか。

そんなイットや、完結編となる今回のストーリーが一番の見どころ!

大きなスクリーンで思う存分恐怖を味わってください!

 

イット1の動画配信サービス

イット2を映画を見るまえに見てみたかった人は、是非チェックしてもらいたいです。

イット1がテレビで放送していなくても、ネット上の動画配信サービスU-NEXTで動画を見ることができます。

登録は簡単にできて、登録するとレンタルするときのポイントをもらうことができます。

イット1もポイントでレンタルできてしまいます。

さらに、U-NEXTは初めて登録した月は無料で利用できるのが良いところです。

手続きも簡単なので、気軽にお試ししてみてください。

u-next

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

まとめ

『 IT/イット THE END“それ”が見えたら、終わり。』は11月1日(金)より公開されます。R15+指定ですので、14歳以下は見ることができません。

見た目に自信がない方は(笑)生年月日がわかるものをお持ちください。

2017年の前作から2年。ストーリーでは27年後が描かれ、再びあのイットが甦ります。さらにパワーアップして!

そして27年前の約束どおり、また終結したルーザーズ・クラブ。

全ての謎が解けるという今回の『 IT/イット THE END“それ”が見えたら、終わり。』。

もし前作を観ていない方は、一度前作を観てから映画館に足を運んだ方がより楽しめそうです。

わたしも記憶が薄らいでいるので(笑)もう一度見てから映画館に行こうと思います!