Pocket

 

 

ドラマ花のち晴れ~花男 Next Season~で、主人公の友人役を演じ「茶色のポニーテールの子が可愛い」と話題になった女優”喜多乃愛”さん。読み方は「きたの のあ」ではなく「きた のあ」だそうです。

読み方を結構間違えそうですね。

しかもまだ18歳という若さ!大人びた雰囲気の中に、あどけなさが残っている清純派女優さんです!






プロフィール

喜多乃愛さんのプロフィールを調べてみました!

  • 誕生日:2000年5月18日(18歳)
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:160cm
  • 特技:ダンス 書道 世界史を暗記する
  • 事務所:研音

中学校3年生のときに、友達の影響て、所属事務所研音のオーディションを受け合格。

事務所の先輩には、天野祐希さん、榮倉奈々さん、志田未来、川口春奈さんなど、演技派の女優さんが多く所属しています!

また「広末さんのようなかっこいい女優さんになりたい!」広末涼子さんを目標にしているみたいですよー!

デビュー当時から、清純派女優として、人気が高く、今も変わらず透明感と輝きがありますよね〜!

喜多乃愛さんのこれからが楽しみですね♪

喜多乃愛のCMやドラマの評判

出演作品

出演されている作品は、ドラマ「あなたのことはそれほど」「僕とシッポと神楽坂」「ハラスメントゲーム」

他にも舞台やCMでも活躍されています。

まだ経験が少なくとも注目作品に出演されていますね〜。

ローソンのLチキCMでは、実は喜多乃愛さんが出演されていたらしいですよ!このCMのLチキダンス可愛いですよね(笑)

舞台にも出演

また、舞台「大きな虹のあとで~不動四兄弟~」では、2年間連続で出演!

市川知宏、上杉柊平、入江甚儀、瀬戸利樹らの若手キャストが、戦争中の夢や恋、切なくも暖かい家族をテーマにした作品です。

喜多乃愛さんは女子学生役で出演されています。

カラオケで発声練習?

ドラマより舞台では声を張らないと届かないが、元から通る声ではないので発声練習に励んだそうです。

なので、出演者の女子4人って待ち合わせをして、カラオケに行き思いっきり発声練習をしたんだとか。

一人一曲歌ったそうで喜多乃愛さんは、乃木坂46を歌ったそうです。

イメージ通り!(笑)乃木坂46にいそうなビジュアルですよね。

最後にはエンディング曲の「僕たちの未来」を全員で歌い、舞台に向かっていたそうです。

初めての舞台で達成感

団結力だ大切な舞台は、共演する方達とのコミュニケーションを大切にしていたそうです♡

同じお芝居を1ヶ月間練習していくと、慣れてしまい新鮮さを失わないようにするのが大変だったそうですね。

演技をしてみて、緊張はしたけど、初の舞台やワクワク感いろんな緊張が合わさって、カーテンコールで出たときには、達成感があったそうです♪

演技をしてみて自分の中で変化があったみたいですよ。

公演ごとに成長が

初日は、初めてのことがたくさん起こり、お客さん笑い声があまり聞こえないと思っていましたが、めちゃ笑い声が聞こえて実際のお客さんの反応にビックリしたそうです。

また反応が公演ごとに、お客さんの笑うタイミングが違くて、演じながら楽しんでいたそうですよ!

楽しめる余裕があるなんて、かなり大物な感じですね。

逆に、お客さんが感動をして泣いてくれたのも嬉しく、回数を重ねていくうちに1公演1公演大切に演じ、寂しさも感じたそうです。

千秋楽は、これが最後だと思いながら、全力で演じたそうです。

この作品は喜多乃愛さんにとっては、代表作とも言えるのではないでしょうか。

自分たちの演技でお客さんの感情を動かし、それを生で体感して、また女優としての経験値が増えたことでしょう。

デビューしてまだ2年!まだまだお若いですしこれから、たくさん活躍されるでしょうね!

秋の連続新ドラマ「ハラスメントゲーム」秋津菜摘役で出演しますよー!10月15日よる10時からスタートしますので、注目しましょう!