Pocket

同期のサクラ 2話 ネタバレ感想

田舎の島から出てきた女の子サクラ。新入社員として大手ゼネコンに入社しますが、空気の読めない性格のため、まわりを慌てさせてしまいます。そんなサクラも2話では入社2年目の社員として頑張ります。そんな姿を「同期のサクラ」2話では楽しむことができますよ。

そこで、あらすじネタバレや感想・視聴率についてもご紹介していきます。



同期のサクラ2話あらすじネタバレ

あらすじ

 眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室。サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫(竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。

2010年5月―。サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。その忖度できない性格は相変わらず。修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。
その日、人事部では「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、部長の黒川(椎名桔平)がすみれ(相武紗季)とサクラに丸投げする。「何故、残業してはいけないのか?」という疑問を黒川にぶつけるサクラだが「社員の健康と環境を守るため」という答えに納得すると早速各部署にメールを打ち始める。面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をハッキリ言うあまりトラブルの種になりかねないサクラに挟まれストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに……。

調子よく仕事をする都市開発部の葵(新田真剣佑)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の百合(橋本愛)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の蓮太郎(岡山天音)、と同期の仲間たちと久々の再会をしたサクラ。それぞれの労働環境を熱心にメモしながら、営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会する。しかし、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。なんと桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男。慌てたすみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持たない。サクラは明るく振る舞う菊夫のことを不安げに見つめ……。

その夜、菊夫は担当する建設現場の工期を1ヶ月早めるよう桑原から無茶振りを受け、高圧的な桑原と悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまう。問題を抱え込む菊夫は1年目にサクラに教えてもらった喫茶店へ。偶然来ていた同期のメンバーたちと顔を合わせ、社内でも有名な嫌な上司・桑原の下についたことに同情される。しかし、サクラだけはなぜか何も言わずにさっさと帰ってしまうのだった……。
1週間後。人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がる。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が営業に行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまい……。
心身ともに追い詰められた菊夫を助けるため、自分の夢を諦めないため、忖度しないサクラが進む道とは……!?

引用元:同期のサクラ公式サイト

ネタバレを簡単に

入社2年目のサクラは人事部に在籍し、会社中に残業ゼロをお願いして回るが、菊夫のいる営業部の部長・桑原にサクラは煙たがられる。菊夫は桑原から無理な要求を下請けにさせようとするパワハラまがいの指示を受け、残業100時間に届く寸前。サクラが何度訴えても桑原は菊夫の残業時間を減らすことに首を縦に振らない、そのうちに菊夫が倒れる。サクラが菊夫を励まし、上司に反抗する。それ以降、営業部の残業が減り、桑原は土木部の担当役員になる。

同期のサクラ2話感想

今回標的になった営業部長の桑原はかなりのパワハラ上司でしたね。あれだけ大声で部下を叱ることって今のご時世ないでしょ・・・なんて思うかもしれませんが、まだまだありますよね。見てるだけで会社にいるみたいで辛くなってしまう話でした。

どんな相手にも忖度することのないサクラが、パワハラ上司のような桑原を上司とする菊夫が倒れてしまうんですね。元応援団として体育会系の性格だったのに、あまりにも執拗なパワハラやサービス残業をしてしまったため、体育会系の菊夫も倒れてしまったんですね。

サクラみたいな仲間がいれば、パワハラ上司にあんなに意思を主張できるのはすごいなぁと思えました。普通言えないですよ。生活が懸かっている仕事をクビにされたらどうしようってネガティブに考える人がほとんどです。2年目のペーペーが自分のやりたい仕事をやりたいなんて言えるのはドラマだなあというところはありましたね。

それにあんなパワハラ上司で数字だけはいいので、結果しか見ない上層部から見たらできる人間。性格の悪い人だからこそ、昇進するっていうのは大手企業らしさが出ていて現実味がありますね。

でも、最後はサクラが嫌味を言い逃げして、スカッとして気持ちよかったですね。

ヤフーのみんなの感想

  • 忖度できないと言うよりはただのコミ障
  • まったく仕事できるようには見えませんが…
    10年前はああいう上司が、結構普通にいたことを思い出しました。大手広告代理店の女性社員が自ら命を絶った悲しい出来事から、確実に世の中は変わってきています。今じゃ、あの部長のやってることは誰が見ても一発アウト。私たちの働く環境は急激に変化していると再確認しました。
  • じいちゃんの名言 大人になるとは 自分の弱さを認めることだ
    じいちゃんから栄養分を貰ってサクラの背筋がスーっと伸びた。
    そしてまた上を向こうとするサクラ。もしかしたらじいちゃんは桜の太陽なのかもしれんのー
  • 高畑さんのロボットみたいな動きやスーーって息吸うのあと「なるほど」の口癖ってアレ?湯川さんの本って黄門様の印籠みたいな決まり文句やクセ使うの好きやね、承知しましたとかすっばらしいとか…普通にやってりゃいいのに面白くもないし邪魔やわ~

引用元:ヤフーテレビ

同期のサクラ2話ゲスト

  • 丸山 智己
  • 生年月日 1975年3月27日
  • 年齢 44歳
  • 身長 185 cm

ラジエーションハウスやコードブルーにも出演されていた方ですね。

今回はパワハラ上司役ってことで怖い役ですが、ラジエーションハウスは無口なタイプの男性で感じのいい人でしたが、きつい男性の役もできるみたいです。

同期のサクラ 2話の見逃し動画

ドラマ「同期のサクラ」2話を見たいと持っている人も、まだまだ大丈夫!

同期のサクラはHuluは過去の放送分の動画を見れたり、CMを挟まない快適な映像を楽しめます。

しかも、1カ月の間、同期のサクラを無料動画視聴ができるのはうれしいですよね。

アマゾンペイで登録するだけで、手続きも簡単なので、気軽にお試ししてみてください。

▼今すぐ「同期のサクラ」を楽しみたい人はこちらから▼