Pocket

ニッポンノワール 2話 ネタバレ

今週もはじまりましたドラマ「ニッポンノワール」。
第2話になる今回は、容疑者として確定してしまった主人公、清春がチームをつくり【事件の真実】を暴いていく展開になっていました!
今回はそんなドラマ「ニッポンノワール」第2話のあらすじとネタバレや感想、第3話の予想を紹介いたします。

ニッポンノワール2話のネタバレ

碓氷薫(広末涼子)殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来賢人)。
ここ数か月の記憶は綺麗に吹き飛んだように消え去っていた。
殺害された薫が死の直前まで追っていた「十億円強奪事件」の真相。
その犯行には警察関係者が関与していた疑いが浮上していた。

清春の自宅に残されていた「十億円強奪事件」の計画書と犯行に使われた拳銃。
清春は本当に犯人なのか。それとも……。
そしてついに、本城諭(篠井英介)率いるSITが突入する。そのとき清春は……!?
警察の用意周到な包囲網。まだ自らが犯人だという根拠を持てない清春は思う。
『誰かが俺をハメようとしている――』
身内であるはずの警察関係者すべてが怪しく見えてくる。

碓氷班の面々は捜査一課長の南武(北村一輝)から「碓氷薫殺害事件」と「十億円強奪事件」を同時進行での捜査を指示される。
2つの事件の鍵を握るのは薫の一人息子・克喜(田野井健)。
清春は克喜とともに薫が隠した「十億円強奪事件」の証拠を追う。
その捜査の中、本城の娘:芹奈(佐久間由衣)が隠していた「ある秘密」が明らかになる。
そして芹奈は1週間前に今は亡き薫と会っていたという―――。
さらに捜査を進める清春。だがその頃、克喜のもとには“意外な人物”の手が伸びていた……。
清春と克喜を狙う人物の正体は…?
絡み合う2つの事件。入り混じる謎と裏切りに次ぐ裏切り。
登場人物すべてが容疑者のアンストッパブル・ミステリー…謎の連鎖は加速してゆく。

引用元:公式サイト

SITが突入した後の清春は?

清春は夜中に自分の部屋に突入してきたSITから逃亡するかと思いきや・・・なんと捕まえていた名越と「乳首相撲」をしていました。

呆気にとられたSITや本城たちでしたが、情報があった通りに「10億円強奪事件」の計画書と使用された拳銃を押収しようとしましたが・・・先にその書類に気づいた清春がどこかに隠したのでした。

証拠を見つけられなかったSITたちは、仕方なく今回は撤収します。

南武から「碓氷薫殺害事件」と「十億円強奪事件」の同時進行とは?

この事件を同時進行することで、残された碓氷薫班に新しく才門要が参加します。
南武の情報では「10億円強奪事件」には少年犯行グループが関与していた可能性が大きいということでした。
ここで思いあたるのはドラマ「3年A組」の時に出てきたハンコウグループ「ベルムズ」です!

本城の娘、芹那の登場は何故?

容疑者に上がっていた神岡という少年は、ベルムズの一員でした。
そしてその神岡には彼女がいて、その彼女が本城の娘の芹那だったのです。

芹那と薫は何を話していた?

芹那に事情聴取をした清春・
「事情は全部あの女の人にはなしたわ!」
と芹那が言います。

その内容や10億円強奪事件の真相は、あるところに隠してあるのでは?と息子の克喜くんが思い立ちます。

あるDVDを見てみると、やはりそこには情報を録画してあった薫の姿がありました。
そして本当の証拠は「USB」に隠してあると・・・そのUSBがどこにあるかをこれから推理する必要がありそうです。

今回は被害者が出てしまう!

そのUSBのはっきりとした在処をが流れる前に、克喜君が本城に襲われてしまうのです!

薫からの死ぬ前に話を聞いていた才門。

才門は「本城が、10億円強奪事件に使われていたワゴン車を、ジタクガレージで解体していた」という内容でした。

克喜君を追い、本城に事情を聴く清春。

芹那はベルムズと関係があり、あの日突然芹那の家にワゴン車を乗り捨てていった少年たちがいたのです。

仕方なくワゴン車を処分した本城。

そしてその隠ぺいの罪悪感から死を選んだのでした・・・。

ドラマ「ニッポンノワール」第2話を観ての感想は?

第1話の奇想天外な展開から、薫を殺害した!と勝手に怨恨の動機から清春を逮捕しようとした名越。

その名越の計画を、清春は先回りして察知し、名越を捕獲することに成功しました。

1話の最後に、薫の1人息子とバディを組むことを決意した清春。

そして確保した名越も見方につけ、薫殺害の犯人をさがすチームをつくることができました。

この小さな探偵さん=克喜くんが、とってもカワイイ!

お母さんのことを思って、一生懸命謎を解明しようとしている姿に、キュンとなります。

そして克喜くんが知っている薫が殺された謎は

「エンディングで流れていた映像」

と関係があったんです!

1話のエンディングで流れているササンオールスターズの曲。

この曲と共に広末涼子さん演じる薫が、残業中の捜査室で誰かと電話で話をしているんです。

この話し相手が、1人息子の克喜くん。

なぜそう思うの?と思われそうですが、このシーンはサザンオールスターズの曲と被っているので、薫が何を誰と話しているのかわからないんです。

しかし、薫がアップにになったときに

「おやすみ・・・」

と、くちびるを動かしていたんです。

そして薫の優しい表情から、電話の相手は息子の克喜くんだということが、わかります。
その時にDVDのことを克喜くんに教えていたのですね!

そして本城はワゴン車を解体しただけなのに、実行犯の黒幕にされてしまいました。

警察としては、これ以上の不祥事は隠しておきたい・・・という本音だったようですが、これでは事実とあまりにも違っています。

真相を明るみにするために、さらに発奮する清春だったのでした。

まとめ

今回ははやくも話題のドラマ「ニッポンノワール」の第2話のあらすじと感想を紹介しました。

克喜君が危険な目に遭ってしまったのは、ハラハラしましたが、本城は操られていただけで大事に至らなくてホッとしました。

清春の仲間も増えて盛り上がってきた薄い藩ですが、大きな味方である才門が次の容疑者・・・ではないことを祈りたいです!