Pocket

ニッポンノワール 結末考察

碓氷薫が殺され、遊佐清春が記憶を失くしたところから始まっていきましたが、最後はどうなるのか気になってしまいますね。

才門要がかなり怪しいと思うけど、もし本当に黒幕なら清春をすぐに捕まえない理由なんてないですよね。

どこか矛盾を感じるストーリーになっています。

どうしてそうなってしまうのか・・・黒幕は誰なのかについて考察していきます。



ニッポンノワール(NNY)考察まとめ

遊佐清春が記憶を失った理由を予想

物語の始まりから遊佐清春は記憶を失っています。

まずこの時点で理由も何もわからないのですが、

1話のオープニングを見た内容から、

  • コーヒーに薬を入れたものを飲んだ

と考えられます。

そのため、清春は薬によって記憶が亡くなったのではないかと予想できます。

碓氷薫が亡くなった日まで普通に警察としての仕事を行っていたので、事件発覚前後で記憶を失くしている可能性が高いです。

さらに、外的衝撃による記憶障害というものもありますが、目が覚めた後すぐに体の異常なく動くことができていることからも、薬物により記憶を消し去ってしまったのかなと考えています。

碓氷薫が殺された理由を予想

今の流れでは、遊佐清春が碓氷薫を殺害したとしか考えられない状況と、

主人公が殺すはずはないので、真犯人を追っていくという流れになると予想されます。

しかし、個人的な見解としては、

  • 碓氷薫

自ら命を絶ったのではないかと考えます。

その理由は1話のエンディングで「おやすみ…ごめんなさい…さよなら」といったことです。

自分で死ぬと分かっていたような言葉。

生きている中で、なんらかの負い目があり、清算したかったために自殺してしまったのではないでしょうか?

そして、その負い目とは・・・10億円強奪事件と関係があると予想します。

 

十億円強奪事件の黒幕を予想

1話が終了した時点では、遊佐清春自身が犯行を行った可能性が非常に高いと思われます。

なんせ、事件で使用された拳銃が自宅にあったためです。

そして、警察の膿、ガンで、闇世界の人間ともつながりがある。

そうなると、清春を叩けば、真犯人と考えられる証拠が1つや2つ出てきそうだからです。

ですが・・・

個人的には真犯人は別にいると考えます。

警察上層部が事件の真相をもみ消そうとしていることからも、例えば、3年A組に出演していた武智のバックにいた牧原元大臣の政治資金のためなのかもしれません。

そして、そのお金を手に入れるために警察上層部が碓氷薫に指示して手伝わせていたということも考えられないでしょうか?

その為、碓氷薫自身が10億円を持っていた。

そして、自ら捜査担当になり、世間から事件をもみ消すためのフェイク動画やフェイクニュースを公表していた。

その後、警察上層部が事件をこれ以上捜査しないように指示し、事件がもみ消されたという流れになると考えれると面白いですね。

だから、公安部の才門要は清春に「碓氷薫が10億円を手に入れて、どこかに隠した」と言っていたんでしょう。

清春が記憶を失くしたことを利用して、清春に10億円のありかを探し当てさせようとしている。

そのため、半分味方のような立ち位置にいる感じがします。

犯人と考えられる怪しい人物一覧

遊佐清春

ストーリー上、最も怪しい人物と思われるのはこの人。

遊佐清春。

ですが、個人的には清春は清廉潔白と予想しています。

たぶん、清春と薫は相当親しい相手だったんでしょうね。

その理由は、

  • 清春と薫は寝たことがあるという噂(宮城遼一談)
  • 薫に言われて禁煙した

で、こう考えると1話の最後に薫が電話していた相手は遊佐清春と考えると分かりやすいです。

それなのに、山小屋で薫だけ死んでいたってところは疑問ですね。

それは、元々、薫は一人で自殺するつもりだったので、恋人同士だった遊佐に止められないようにボナーロの深見さんに協力してもらい記憶を奪う薬をコーヒーに入れて飲ませる。

しかし、意識がもうろうとしながらも清春は追ってくるが、そこでは既に薫は自殺した後だった。

一緒に来ていた深見が元々薫と話し合っていたように、清春を眠らせたのではないかと考えるためです。

そして、1話のエンディングで薫が「おやすみ…ごめんなさい…さよなら」と言った相手も清春だったのでしょうね。

それに、清春の自宅には10億円事件に使われた拳銃と計画表が残されていた。

ということからも、10億円の行方や黒幕を清春に突き止めて欲しいとのメッセージだったのではないでしょうか?

また、克喜は清春の息子だったというオチも期待してます。

才門要

才門もかなり怪しいですね。

清春の刑事として育てていたため、清春よりも強いです。

しかも、十億円強奪事件の真相を追っていると言っているので、見方にも敵にも見える人になっているわけです。

良い見方をすれば、薫のことを思って、清春が捕まらないようにしてくれています。

しかし、悪い見方をすると、薫と才門は十億円強奪事件の共犯者で薫が十億円を持っていることを知っていた人物なんです。

それにもし清春と薫が親しい中と知っていれば、十億円のありかを清春が知っていると考えている。

でも、清春は記憶喪失なので、アドバイスしながら、十億円のありかが分かるときを虎視眈々と狙っている気もします。

個人的には後者かなと思います。

なんでかって、才門は十億円強奪事件の関係者の1人の可能性が高いですよ!

なんといっても、警察庁公安部のエースで上層部から期待されている人物なので、きなくさい上層部と関係することは間違いありません。

 

エンディングクレジットの表示から

1話のエンドロールで流れたクレジットから、数名の人物だけがおかしな点滅をしていました。

こういったやつです。

しかもおかしな表示になっていたのは6人だけ。

  • 遊佐清春(賀来賢人):賢が点滅
  • 才門要(井浦新):浦が黒く消える
  • 名越時生(工藤阿須加):阿が反転する
  • 貴志正臣(栄信):栄が上下ひっくり返る
  • 江國光成(杉本哲太):太が横になる
  • 深水喜一(笹野高史):野が点滅

これを並べてみると「賢浦阿栄太野」

後ろの方は会えたののように見えますが、あまり意味はないかなと思いました。

それより、文字の表示の仕方に意味があると考えると、こんな感じになります。

  • 才門要:黒幕、もしくは手下
  • 名越時生:味方から敵に変わる
  • 貴志正臣:キャラが真逆になる
  • 江國光成:コケる?殺される?

遊佐清春と深水喜一が同じ点滅・・・ということは仲間。

それ以外の人物は怪しい人物にはならないのかなという気がしますね。

でも、南武修介だけは怪しいんじゃないの?って思ったのですが、もし怪しくないなら、なぜ清春を疑うような言動をしたのでしょうか?

それは、南武修介は碓氷薫が自殺することをわかっていて、清春との仲も知っていた。

そのため、清春におまえがやったんじゃねぇよなと聞いたのだと思われます!



最終回の結末を予想!

最終回には清春の記憶が戻ってくるはずですね。

もし、碓氷薫は自殺で、克喜が息子だったら・・・

清春はこういうでしょう。

「お前の母親は自殺を止められなかった俺が殺したようなものだ」

「母親を殺したやつが許せないって言ったよな」

「許せないっていうなら俺を殺せ!」

そういって克喜に拳銃をわたし、克喜がどうするのかを見届けます。

しかし、克喜は撃たない。

だって、自分の父親だったから。

2度も肉親を亡くすのはイヤだ!

そして、生い立ち最悪の父親と母親を亡くした息子のボロボロのコンビが、これからも頑張って生きていく。

という感じになり、サザンが歌う主題歌「愛はスローにちょっとずつ」が流れて、感動を誘うドラマとして結末を迎えるのではないかと予想します。

これまでの「3年A組」「あなたの番です」から一線を画すように、「ニッポンノワール」の脚本は作られていると思います。

さすがに何度も同じような脚本を書いていたら飽きが来ますからね。

逆境の主人公が冤罪の無実を晴らしていくスカッとするストーリーではなく、感動ストーリーに変わっていくっていう結末になっていってほしいと思います!



まとめ

ニッポンノワールで起きた事件の黒幕や真犯人を考えるときには、

  • 碓氷薫が殺された理由
  • 遊佐清春が記憶を失くした理由
  • 十億円強奪事件の真相

を考えておく必要があります。

そうなると、現時点で限りなく黒幕に近いのは警察上層部、日本国政府と考えられます。

そして、その手先の才門要が十億円強奪事件の関係者。

共犯だった碓氷薫が後ろめたさに耐えきれずに自殺してしまった。

恋人の清春に迷惑をかけたくなかったので記憶を失くした。

このような流れになるような気がしてしょうがありません。

 

ニッポンノワールの見逃し動画を見る方法

ドラマ「ニッポンノワール」1話を見たいと持っている人も、まだまだ大丈夫!

ニッポンノワールHulu(フールー)過去の放送分の動画を見れたり、CMを挟まない快適な映像を楽しめます。

さらに、賀来賢人さんの派手なアクションシーンや犯人が誰なのかを、高画質で見られるから、拡大してもボケずにかっこいい演技そのままを感じることができます。

しかも、2週間の間、ニッポンノワールを無料動画視聴ができるのはうれしいですよね。

手続きも簡単なので、気軽にお試ししてみてください。

ニッポンノワールの無料フル動画!見逃し配信を1話から最終回まで