Pocket

4分間のマリーゴールド 2話ネタバレ感想

4分間のマリーゴールドの2話あらすじをネタバレしていきます。

今回は原作と予告動画からの予想内容となります。

見逃し配信

4分間のマリーゴールドはParavi(パラビ)で動画を配信しています。過去の放送分を見たいときは公式サイトから見られます。

4分間のマリーゴールド 2話 ネタバレ

みことは救急出勤した先で、息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼ぶ老人と出会う。そのおばあちゃんの名前は和江さんという方だった。

救急隊員に会いたいために救急車を呼ぶので、緊急時に本当に助けなくてはいけない人を助けられないので困ると和江さんに伝えているのに何度も仮病を使って救急車を呼んでしまう。

そんなある日、藍と買い物に行っていると、みことは和江とばったり会う。だけど、藍が和江さんに気軽に声をかけていることに驚く。

4分間のマリーゴールド 2話 和江と藍・みことの3人で買い物に行くなぜそんなに親しげなのかというと、藍は和江を慕って料理を教わりに行っていたのです。

そのため、藍の料理は和江さん直伝の料理でした。

藍は過去にふさぎ込むことがよくあり、全部ぶち壊したいと思っていた時期があった。精神状態がボロボロで嫌なことばかりで、自分は世界から必要とされていないのではないかと思っていたのです。

そこに和江さんと話すようになり、料理を習うことになりました。

和江さんもお子さんを亡くして、藍を自分の息子のように感じていたようですね。

4分間のマリーゴールド 2話 和江の家で藍がご飯を食べる

そんなきっかけがあって和江さんと藍は仲良くなり、藍は料理を家族に振る舞うようになったのです。

そして、はじめて料理を家族に振る舞ったときに、家族からおいしかった、また作って欲しいと言われ、藍の中で家族のために食事を作ることが藍の生きる価値となったのです。

そういったことがあったので、藍が絶望の中で苦しんでいたのを少しずつ救うようになっていくのです。

そのため、藍も家族に対しての思いは強いわけです。

そんな中、藍はみことのことを少し変だと感じていた。沙羅になにかあると、みことがすぐに心配するし、横から見ていて心配し過ぎでないかと感じる場面が多々あるため。

そして、みことは沙羅が1年後に死んでしまうことが見えることを伝える。

それを聞いて驚く藍。

家族を亡くすなんてこと信じられないが・・・

そんなとき、和江さんが病院に搬送されたと連絡が入る。

みことは和江さんの手を触れ、命の運命が残りわずかと知っていたため、藍に和江さんの運命のことをいう。

しかし、沙羅のために運命を変えたいみことは、絶対に和江さんを助ける!と意気込むが・・・

今度はうまくいくのか、それともまた失敗してしまうのか・・・

 

4分間のマリーゴールド 2話 原作と違う!

原作では、みことが沙羅の命があと1年しかないことを明かすのはクライマックスに近い時で、その秘密を明かす相手は兄の廉が最初で、藍に話すときはさらっと話すくらいだったのです。

しかし、ドラマではみことの秘密を藍が初めに知ることになります。

しかも、和江さんも病院に運ばれるストーリーはないので、これはドラマオリジナルストーリーになりますね。

それに、2人で話すきっかけを作るところから違って、藍がみことと話すきっかけを作ります。みことの沙羅に対する距離が近すぎることに違和感を湧いて、2人で話し合うわけですね。

でも、原作ではみことが藍にある秘密を伝えるために、学校帰りの藍を無理やり誘って、話し合うんですね。この秘密はストーリーのネタバレになってるので、知りたい人はこちらから読んでみてください。⇒4分間のマリーゴールド3巻のネタバレ

こう考えると、

みことと沙羅の運命の1年間を過ごすのは原作通り

でも、出会った人やイベントについては、結末からさかのぼっているようですね。

  • ドラマ1話:子持ち夫婦と両親の話⇒原作は最後の話
  • ドラマ2話:和江さんの話⇒原作は最後から2番目の話

という感じになっています。

だから、3話以降はみことと藍が相談する場面が多くなりそうだから、横浜流星さんがテレビで映る機会が多くなりそうです!

きっといろいろ料理する場面やかっこいいセリフをいう機会が出てくるんでしょうね。

原作とは違った楽しみ方ができそうなので、もしそうなったら・・・めっちゃうれしいですね。

ピックアップ記事


【4分間のマリーゴールド】の原作ネタバレやキャスト、あらすじなどをこちらにまとめています!

ドラマに乗り遅れないためにもぜひご覧ください!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ドラマ「4分間のマリーゴールド」のまとめ記事